FC2ブログ

最近のレッスンまとめ 幻想即興曲編


また更新があいてしまいました
zoomレッスンは ほぼ2週間おきに受けています。
まだ こちらは コロナのせいで 家族全部が在宅状態。
レッスンを思い出しながら しみじみと 記事に書くという
モードになれないので 書かないまま 次のレッスンが来てしまうという理由です。
やはり一人になれる 時間は必要だわ。
もう 5ヶ月近くも一人になれてない....
この心境 例えは悪いですが よく 日陰などで顔の周りに小さい虫が
振り払っても振り払っても ブンブンずっとまとわりついてくる、、、って感じ ( ̄∀ ̄)

「みんな 健康で 暮らしていけてるのに こんな事言ったら バチ当たるぞ〜」、、
ですが。

レッスン中に殴り書きしたメモと 遠のいて行く 記憶を頼りに書いてみます。


幻想即興曲

「もー これ いい加減に辞めたい〜」と 先生に 泣き言を言ってしまいましたが、

「大丈夫。ちゃんと上達してるよ。もうちょっと頑張って」

先生はいつも ポジティブで励ましてくれるのは嬉しい。
でも 自分では全く上達してるように感じられない。

確かに左のアルペジオは弾きやすくなった感じ。

先生の 「nothing special, no big movements (特別な事じゃないよ。 動きも少しだけ)」
と 「2番目のメロディとして弾く 」 と言うアドバイスに気をつけて練習している。

右の 16分音符も少し速いテンポで弾いても 前より 崩れなくなった。

でも私の目指してるものとは 程遠い。
特にコーダが大崩れ。

「ここは 曲の一番テンポを上げるところ。左手は 前半では抑えて 弾かないといけないけど
ここでは バスを響かせて フルボリュームで弾け」
と 先生。

私の場合 テクニック的に 前半よりもテンポが遅くなってしまう所。
その上に フォルテで弾き通さないといけないなんて
また先が真っ暗闇になってしまった。

「全体的には フレーズ感も良くなった。このまま 今度は 速い弾く練習して」と先生。

そういえば 最近 YouTube で この曲の先生のコンサートでの
ライヴの 音源を見つけたので それに合わせて弾こうと試みましたが
全くついていけなかった。

「先生の演奏に合わせ 弾こうとしたけど 速すぎて 無理でした。
どうやったらあんなに速く弾けるのですか 」 とヤボな質問したら
「んふふ〜 僕の演奏があったか〜」と流されてしまった。
あとで先生に合わせて弾こうとしたと言ったことを後悔。
そんな事 100年早いよ!と自己自答。

前回のレッスンの時 「もう暗譜した?」と言われて 「中間の叙情部以外は」と言ったのに
先生は 「楽譜は閉じて弾こう!」
なんとかごまかしながらだけど暗譜で弾いた。
中間部は 記憶があやふやでかなりゆっくりの 演奏になってしまいましたが。

年とって 暗譜が大の苦手になって来た私ですが 毎回 先生には 「もう暗譜した?」 と聞かれる。
暗譜して 曲に集中して 弾けたらどんなにいいだろうと思う。
でも前は暗譜しようとも思わなかったけど 毎回の先生の質問で
「暗譜しょなきゃ」と言う意識をしながら 練習するとようになったのは
一歩前進です。

中間部の叙情的な所は
「さらっと。 テンポ速めに 流れを大事にして」と言う先生のアドバイス。
4回も 同じ フレーズが繰り返される 。
「私にはちょっと退屈です」という暴言を吐く私に 優しくアドバイスをくださる。

先生のアドバイスは

1回目 : さらっと軽く。 mpぐらいで

2回目 3回目 : 盛り上がる。ルバートもつけて

4回目 : エコーがかかったような 遠くから聞こえてくるイメージ。 pで。
左のボイシングも変化させて。最後は消えてなくなる感じ。


メトロノームを使っての練習について質問した。

「メトロノームに合わせての練習は 勧めない。演奏が機械的になるからね。
音楽は伸びたり 縮んだり 息をしてるんだよ。 使うとしたら 最初の数小節だけ」

と言われた。
そういえば先生のピアノの周りには メトロノームはないし
一回も 「メトロノーム」と言う単語さえも出て来た事ない。
前の先生の時もそうだったなあ。

------


いつになったらこの曲も チャイコフスキーのノクターンも終わるのだろう。
いや終わると言う事はないけど 先生から 「もういいよ」 と言われるのだろう。
そういえば モツソナも ショパンワルツ64-2も 「もういいよ」
とは言われてないので 忘れないように 一週間に2回ぐらいは弾いてる。

先生とのレッスンのジレンマ は だいたい一回のレッスンで一曲 で時間がオーバー。
よくて 2曲 みてもらえると言う状態なので モツソナ とワルツを見てもらう機会が
やってこない。そして 2週間おきのペースでレッスン受けるとしても2曲を ローテーションで
みてもらうとすると 1曲が 四週間おきの
ペースになってしまう。 これじゃなかなか終わりそうもないです。


ノクターンの レッスン記録は次回に書きます。


テーマ: ピアノ | ジャンル: 音楽