海の向こうで孤独にピアノに励む日常

ピアノ再開! ピアノが大好きな主婦のピアノ日記

レッスン記(2/1)塊としての音の大きさで弾く  


2月初めに行った3週間ぶりのレッスンの記録…忘れないうちに。


バッハ イタリア協奏曲 2楽章

一回目のレッスン。
一楽章ばかり練習してたので ほとんど譜読み状態で行ってしまいました。

左は ほとんどが3度の和音と 「ボン、ボン」というベースの音。
一楽章に比べるとずいぶんシンプルですが、
和音の上の音のメロディをきれいに奏でるのが難しい。

最後まで弾くと 先生の待ってました!とばかりの注意がはいります。

今回もいつも注意される事で注意されました。

それは 小さな音価を大きい音価と同じ音量で弾いてしまうこと。


7小節めの所で右の32音符のところで

「ここはふくらませたい所」

とクレッシェンドで弾いたのですが、

そのいつもの注意がでてしまいました。

「この32音符を 16分音符と 同じような強さで弾くと

すごく大きく聞こえてしまいます」

16音符で同じ音量で弾くのと 32音符で同じ音量で弾くのとでは

32音符の方が塊としての音量が大きくなるから

音が飛び出して聞こえるそうです。


あ〜 そういえば 先日聴講したシフ大先生のマスタークラスでも

「音符は 民主主義に弾かなくてもいい」


と 生徒に 何回も 言ってらっしゃったなと思い出しました。

先生: 「ピアノは 耳で弾かないといけません」

自分ではしっかり聞いてるつもりでも 弾きながらだと
どうしてこう主観的にしか 聞こえないんでしょう〜。
客観的に聞けるようになるにはまだ修行が必要ですね。

あとは タイでつながれた 二音の二音目は小さく、
タイの最後の音の次の音が 飛び出ないようになど
基本的な事でした。


チャイコフスキー 10月


この曲も練習不足で 前回から進歩なし。
同じところでつっかえてしました。

◉ まずは 最初の 右の 「ふぁー みー♪」という出だしの

「ふぁ」

音の出し方が違うと 注意される。

「こういう弾き方よ」と私の 手の甲の上で弾いてみせてくれました。

◉ 同じようなフレーズが2回出てくるところは
同じよう弾かないで 弾き方を変えて。

◉ 2音で インターバールが大きいところはそれを意識して弾く

など。。。

私が 弾きにくいと感じるところは 右は 17小節から21小節のフレーズ。

2声になっていて、声部をきれいにだすのが難しい。

左は 22小節から29小節までの 音楽が盛り上がるところ。

ここも2声になっていて離れた装飾音符に素早く移動して和音を
弾くところができません。


イタリア協奏曲の1楽章とはまた違った難しさに直面させられてます。


スケールアルペシオ コードはCマイナーでしたが前回より上手く弾けなくて

また次回に持ち越し。

これに時間を取られて イタリア協奏曲の1楽章は時間切れで

一回通して弾いただけでレッスン終了しました。


次は二週間後をめざして、練習に励みま〜す。






Posted on 2018/02/12 Mon. 07:15 [edit]

category: レッスン

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 2

バッハイタリア協奏曲 新しい練習法  





イタリア協奏曲一楽章練習にのめり込み中です。

毎日の練習をこの曲から始めてしまうので
チャイコフスキーの秋の歌(10月)も
先生に『みといてね』と言われてる2楽章も時間切れで
練習できてない状況

でも バッハの練習てどうしてこう楽しいのでしょう〜?
他の曲だと ある程度の期間 練習したら、あきてきてしまう
のですが、バッハの曲は 練習すればするほど 
楽しくて のめりこんでしまう。


なぜこんなにバッハの練習は面白いのか考えてみました。

まず バッハの音楽は規則正しい →

練習していて、弾き方でひとつの法則を 習得すると
ほかのたくさんの箇所で応用しやすく 練習しがいがある

練習すれは するほど 楽譜に 新しい発見がでてくる
パズルみたいに 解析していくのが面白い

、、、とまだまだありますがこれくらいにして。。。


最近の練習形態はと言うと;

ウオームアップなしに ピアノのベンチに座るや否や
いきなりバ〜ンと弾き通します。

それも 自分にはちょっと背伸びかなと
思うテンポでバ〜ンと弾きます。

最初のほうは 音符もすくなくて、「結構いけるじゃん〜」
と思うのですが、だんだん音楽が進むにつれて、
音楽も込み入ってきて、指ももつれて
余裕のない弾き方になってしまう。

弾き終わったら 弾きにくいところ、弾けてないところを
取り出して、ゆっくり部分練習します。

この練習方だと どこが一番練習が必要なのかすぐわかって
一番最初から ゆっくり練習するより時間が省けます。

きのう弾きにくかったところが弾きやすくなってたりすると
嬉しくなります。

逆に きのう出来てたことが またできなくなったりすると
がっかり。

(その対策として、弾き方メモを楽譜に書き込むことにしました。
下記参照 

☆「ウオームアップなし」
☆ 「速いテンポで通す」
☆ 「出来ないところをゆっくり部分練習」

の練習法は 自分の弱点が わかりやすくて、上達の手応えも感じられるので

のやり方結構 気に入ってやってます。



今のところ 四分音符78(四分音符を1クリックで78)だと
なんとか音を外さずに弾ける状態です。
とは言ってもまだ楽に弾ける状態ではないです。

目標は 90 〜 96ぐらい (高望み〜)
いつになるかはわかりませんが。
YouTube でみると私の好きなプロの人の演奏は 
96〜100ぐらいで 弾かれてます。

ゆっくり練習では 弾き方を研究しながら、考えながら
弾くので 自分の弾きたいような 音や フレーズ感で弾けるのですが
速くなるとと、考える暇もなく、惰性で弾いてしまいます。
速く弾く時も 自然に 考えなくても その弾き方ができるように
ならなくてはいけませんよね。


20180208061751c03.jpeg

↑ 上手くいく弾き方を 忘れないように 色々書き込んでいます。
これは自分用のメモ楽譜でレッスン用の楽譜は別にあります。+.(*'v`*)+
先生に「なにこれ~」と言われそうなので


なぜテンポにこだわっているかというと、
この曲って軽快さが命だと思うんですよね。

テクニック的に速いテンポで弾くのは 
私にとってすごく難しいのですが、
私の弾けるテンポだと 遅いので だらっとした
面白みのな〜い曲になってしまいます。

なので 出来る限りの 速いテンポで
演奏できるように がんばりたりと思っているところです。



このイタリア協奏曲の一楽章 
バッハにしては とってもコミカルで、遊び心が満載の曲だと思います。
イメージとして浮かぶのは 結婚式の入場;退場
の時に流れる音楽。幸福感に溢れて みんなが笑っている。

新郎新婦が 自分の家族と離れて、これから新しい人生の一歩を
踏み出すための 輝かしい、 晴々しい1ページを飾るにふさわしい
華やかで 幸福感にみちあふれた曲だと思うんです。


新しい二人の旅立ち。でも楽しい事ばかりじゃない。
途中 辛い事もあるだろうし、けんかもするだろう。
荒波にものまれそうになることもあるだろう。
でも前を向いて、笑っていこうよ!
というメッセージをバッハ様が伝えてるような気がします。

「え〜 全然 違うよ〜」と思う方 コメントで教えてくださいね〜


この音楽のように 人生 茶目っ気も必要だと思うんですよね。
対人関係 特に夫婦や親子の関係って茶目っ気 ユーモアを取り入れた方が
上手く行くような気がします、、、自分の経験からですが。)

。。。なんか話がそれてしまいましたが、


楽器は 鍵盤演奏というより、 管楽器の演奏がイメージしやすい。
ホルンとか トロンボーン、トランペット プルートなど
風にのってさら〜っと流れる感じ。

教会の 天井の上のほうから ふわ〜っと 聞こえてくるイメージです。
そういうイメージをしなが練習してます。


引き続き テンポ向上だけでなく、
クリアで はっきりとした音、
大きい音ではなく、ホール内を満たして
響くような音を目指して
練習をしていきたいと思います。



 

Posted on 2018/02/08 Thu. 07:30 [edit]

category: バッハ

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 4

Profile

Latest journals

Latest comments

ブログ村

カウンター

フリーエリア

リンク

カテゴリー

Monthly archive

全記事表示リンク

友達申請

Display RSS link.

Search form

メールフォーム


▲Page top