海の向こうで孤独にピアノに励む日常

ピアノ再開! ピアノが大好きな主婦のピアノ日記

シフさんレッスン ~ イタリア協奏曲編   


ジュリアード学院での アンドラス シフ氏のマスタークラス。
時間が経ってしまって覚えてるだけですが 書いてみます☆

マスタークラスの 大まかな内容と曲目は 前の記事を
ご覧くださいね。

これ→ シフさんマスタークラス 10/19

私の勝手なシフさんの印象は すごく真面目そうで、優しくて、
教え方も そういう感じなのかなと思ってました。
ところがどっこい。
私が思ってた印象とは ちょっと違う方でした。

まず、しょっぱなから、
「イタリアから来た生徒がイタリア協奏曲を弾くんだから
ぴったりですね〜」
なんて コメントを出して、緊張気味の会場を わっと笑わせた
シフさん。

それで ここに 「シフ語録」( ← 私が 勝手につけました) を
集めてみました。

♪ 以下 【 】は シフ語録<です。

曲目は バッハのイタリア協奏曲
レッスンは一楽章はサラッと流して
二楽章から始まる。

【アンダンテは歩く速さで】

二楽章で指定されてるテンポは アンダンテ。
「アンダンテとは "歩くテンポ "です。 あなたのテンポは歩く速さでしたか?」
生徒が答えを躊躇してると、

「ちょっと歩いてみて」

と 実際に生徒を 椅子から立たせて ピアノの横の空いたスペースで歩かせる。
しばらく歩かせた後、

【 遅いですね ・・・・】とシフさん。(会場爆笑)

【 もちょっと 速く歩いたほうがいいですね

椅子に座り直して 弾き始めた生徒を またすぐ ストップ。

【 左手の ドンドンは 心臓の音】ですね。

左のソロが 3小節間続く所。

20171113075621b7b.jpg


次は 右手のメロディーが入って3音目った所で ストップ。

【 I have a very bad reputation that I kill people who use
pedal in Bach. 私は バッハにペダルを使う人を
殺すと言う
悪い評判を持ってます】
怖っ~

また爆笑。

英語の Kill ~ 直訳だと 「殺す」ですが 英語では 「やっつけるよ」
みたいな感覚で よく 使われるので、
本当に殺されるとは思いませんが 、シフさんの前で
バッハを弾くことがあったら気をつけておいた方が
良さそうですね。(笑

弾き直す生徒。
すると4小節目の 右のメロディーが入る所でまたストップ。

【 ベルカント~! 】 ← (ちょっと叫ぎ気味)

この時の シフさんの顔。 (あちゃ~)というような
しかめっ面でした。

【 そこは そうじゃなくて ’らたら~♪'でしょ 】
と歌ってみせるシフさん。
何回か弾かせて 「違う」といい、

【 じゃ 歌ってみて。会場のお客さんのために歌って下さい 】

数小節だけかと思ったら と結構長い間 歌わせられた生徒さん。

その後は シフさんが左のパートを弾いて、生徒が右を弾く。
次に 生徒に左を弾かせて、シフさんが右を弾くというのが
あったのですが、シフさんがメロディーを ルバート気味に
弾く所があって、生徒が 左を合わせようとすると、

【 Don't wait for me, please! 私を待たないで! 】

右はルバートをかけても 左は テンポを崩すなってことですね。

後は Second note is softer (タイでつながっている) 2音目は小さく】

【 Listen to long notes 長い音符の音をよく聴いて 】

【 don't play short notes loud 短い音符の音は小さく 】

などなど。

3楽章の スケールのパッセージでは、

チェル二ーみたいに弾かないで下さい〜!! 】
この セリフ 他の場面でも何回も出てきました。

あと、何回も出てきたセリフは 並んでる音を
同じ強さで弾くなという事。

【 We live in a democratic county、but in music some notes are
more important than others. 私達は 民主主義の社会に
住んでますが、音楽では みんな同じにしなくていいのですよ。
ある音符は 他の音符より大事なのです。】


ここも会場は大爆笑。 今のアメリカでは センシテイブな話題ですから・・・

1楽章の ある パッセージでは、

【ここは アルデンテのパスタを食べてる所。
パスタを口一杯に ほうばって モゴモゴ 喋ってる感じ 】


20171113075623aa1.jpg
↑私もなかなかスムーズに弾けない所

そして 生徒がそこを弾く時 横で 口をモゴモゴさせるシフさんでした。
イタリア協奏曲なので 弾き方を パスタにたとえる所が
お茶目ですよね。それも アルデンテ (笑


それにしても 生徒が弾いてる時 シフさん 横にぴったりついて
上から見下ろすような感じで 立ってらっしゃるので 弾く人は
かなり圧迫感があると思います。
そして メロディーを ピアノに合わせて、歌ってらして、
手は 楽器を弾くようなジェスチャー。

例えを使うとか、横にビッタリついてじっと見つめる所とか、
私の先生と似ていて 生徒さんの気持ちが わかった気がしました。

そして シフさんのアドバイスも 私がよく先生にレッスンで
注意されてる事ばかりだったので、高野豆腐のダシ汁のように
身にしみたのでした~


また時間があれば 他の2曲のレッスン記も書きたいのですが、
随分忘れて来てる(≧∇≦)

老化現象 って嫌ですね〜〜

Posted on 2017/11/13 Mon. 08:29 [edit]

category: レッスン

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 6

夢のフランス組曲♪ 練習音源  


フランス組曲2番アルマンド。 今週初めに行ったレッスンで、

「 ま、いろいろ言うことはありますけどね。大分 良くなったので
これで終わりにしますか? あとは自分で練習するといいわね。」

と言うことで 一応 終了になりました。

よく 「自分の演奏を録音して聞くのが上達の近道」
なんて事を 聞きますけど この曲は この録音が初めて。

というのもこの曲を練習してると 永遠~・・に弾いてしまうのです。
それに この美しいメロディーが あまりにも 心地よくて
せっかく 気持ちよ〜く弾いてるのに 録音の自分の演奏を聞いて
幻覚とのギャップを思い知らされたくなかったというのもある。

でも一応 終了という事で 記録として残したくて 録音しました。

で なんだかな〜〜
録音聞いてみると テンポは一定してない、
伸ばしたい音が思ったほど 伸びてない、
32分音符でまごついてるし 〜〜
と色々直したいところはありますが、これが現実・・・・・
やっぱりピアノって本当に難しいわ〜。

いつもの事で 音抜け ミスありですがよかったらどぞ〜。







Posted on 2017/10/28 Sat. 11:26 [edit]

category: 練習動画

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 10

Profile

Latest journals

Latest comments

ブログ村

カウンター

フリーエリア

リンク

カテゴリー

Monthly archive

全記事表示リンク

友達申請

Display RSS link.

Search form

メールフォーム


▲Page top