海の向こうで孤独にピアノに励む日常

ピアノ再開! ピアノが大好きな主婦のピアノ日記

ショパン大洋の折り返し地点の弾き方  


先週レッスンに行ってきました。また3週間ぶりのレッスンです。
3週間もあいてたのに進み具合が全然でしたが、
とりあえず行ってきました。


A♭メジャースケールなどの基本テクニックは全〜く練習できなくて、
今回は 『先生 練習してないので今回はパスさせてください」

と言って、まずショパンの大洋から始めました。

先生に言われた通り、アルペジオを全部和音で弾きました。
これは アルペジオを弾く指と手の感覚をつかむというのも
ありますが 先生は私に ハーモニーを理解して、
ハーモーニーの移り変わりを感じて欲しかったようです。

私はこういうタイプの譜読みが超苦手。
家で練習してるとき、「あれ、あれ〜?」って
よく自分が迷子になってなかなか進みませんでした。

そのあと、楽譜のとおりばらして弾けと。
私は ど近眼でコンタクトレンズを着用してるのですが、
レッスン直前まで譜読みをしてたので、
この時点で 目がしょぼしょぼして、よく楽譜が見えない!
だらだら間違えながら のろのろ迷子になりながら
弾いたので これですでに40分ぐらいたってしまいました。

先生もこんな状態ではあんまり教える事ないだろうな〜と
思ってたら、
アルペジオの折り返し地点の頂点の音の弾き方が
『違う!」と注意される。

私は 頂点にアクセントをつけたかったので、手首を下げるような
動作で頂点の音を弾いてたら、

「そんな弾き方では速度を速くしたときに弾けなくなります」

「ここは 下げて弾くのではなく、つくような感じ。

ほら、ボールが天井について弾みをつけて
かえってくような感じ。
右に壁があると思ってもいいですね。 
もうそれ以上右にいけないのだから
手全体も 右に行かない。
そして、その音を弾いたと当時に力を全部リリース
(脱力)するんですよ」

上昇して下降するところですが、その最高音の前から下降する
準備をしなさいとも。

手首を下げて弾く弾き方だと モーションが2モーションになって
しまうので遅くなるとそうです。


そこで先生の弾き方を見ながら 何回か練習しましたが、
間違ったやり方でずっと練習してきたので
意識しないとなかなか出来ない!
変な癖をつけると大変です。

そのあとは急いで バッハのイタリア協奏曲。
その時点て結構体力消耗してて、疲れて集中力もダウン〜
時間がなさそうなので3楽章から始める。
最初は調子良く弾いてたももの、最後にいくにつれて、
ヨタヨタ〜 

先生も私の間違えだらけの演奏を
ただ 聞いているだけ〜という感じでしたが、
前に受けた注意をまた受けました。

(最初のほうの右で2声を弾くところ)

自分では2声に弾いたつもりでしたが、
『2声にきこえません』とまた言われ、、、

先生と一緒に声部を分けて弾いてなんとなくわかったような
わからないような、、、

あとは 左の4分音符をレガートに弾いているところや
右で のばすところを短く切ってたりと、
自分では 聞きながら弾いているつもりでも
全然聞いてなんだなと反省。
弾くのに一生懸命のときはなかなか自分の音って
聞いてないんですね〜

次の生徒がきて、タイムアウト。
ショパンの大洋とイタリア協奏曲の3楽章のヨタヨタ弾きで
どうしてこんなに体力消耗するかな〜?!?!?!
そして、もっとある程度弾けるようになってから行かないと
レッスン代がもったいない〜!
と思ったレッスンでした。

Posted on 2018/06/12 Tue. 07:36 [edit]

category: レッスン

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 0

バッハレッスン♪そして新曲が決まる!  


きのうは 3週間ぶりのレッスンに行って来ました。

レッスンのメニューは バッハのイタリア協奏曲
1、2 3楽章
と  新しいスケール・アルペシオ・コードは
A♭メイジャー


A♭メイジャーは 今回が初回でしたが、
いつものごとく、レッスンの前に急いで弾いただけなので
全然弾けてない〜

♭4つで 右が2の指、左が3の指で始まるので
逆行スケールの時にてこずった。

ゆっくりでもいいので、鍵盤を見ないで、
頭の中で鍵盤をイメージして、自然に指が正しい
鍵盤に行くようになるまでスピードは出さないように


と先生。

先生には スケール等の基礎練習は いつも鍵盤を見ないで
弾くように言われるのですが、楽譜も目の前にないし、
ついつい鍵盤を見てしまう。

「プロのピアニストで鍵盤みて弾いてる人いないでしょ〜」

特に3音コードで4オクターブを上行下降するのは、見ないと
音を外しまくりなのですが、

「外してもいいので なるだけ見ないで指に感覚を覚えこませるように!」

ですって。

次回からは4音のコードも練習する課題が出されました。


さて、メインのイタリア協奏曲



20180519043542ea2.jpeg
↑使いすぎて どんどんぼろぼろになっていってるイタリア協奏曲の楽譜


前回、時間切れで3楽章を
見てもらえなかったので 3楽章から始める。

難しくて、譜読は最後から2ページ半までしか終わってない。
譜読みしてるところも、最初はなんとかスムーズに
弾きだしますが、進むにつれて、だんだんあやしくなって
スローダウン

5小節めからの 右が 2 声になるところ、2 声に聞こえるように
音量を変えて気をつけて 弾いたつもりなのですが、

先生 ;「ここは何声になってますか?」

私:「3声です」

先生 :「そういう風には聞こえませんでした」が〜ん


  「では、右手のパッセージを両手で、弾いてみてください」

と言われ、弾いたのですが、

「ん〜 そうじゃないんです」

と言われ、先生が弾いてくれた お手本は、音量だけでなく

出したいメロディーの音が ちゃんと 主張した音でした。

「オクターブ上で声部を離して弾くと いいです。

声部が違う楽器で演奏してるつもりでね!」

あとの注意点は スタッカートで弾いてたところ
とくに 左でよく出てくる 四分音符。


スタッカートではなく、レガートでもなく、
ノンレガートの方がいいです。
チェンバロで弦をはじくような弾き方です



3楽章は 全楽章の中で 一番難しく感じますが
バッハらしくて、いろんな声部がからまりあって、出てきて
練習してて、とても楽しい! \(^o^)/


1楽章


一小節弾いただけで止められる。

「 右の最初の第1音 F が 弱すぎます。もっと元気に主張して!

グランドオープニングですからね」

他の注意は 4小節目のところ 2音目を小さくなど、etc。

20180519043543835.jpeg


次回は [リズミカル ペダル」← (初めて聞いた単語!)
を入れて来てくださいとの課題がでました。

速い曲なので、長い音の時もすぐ指を離さないといけませんが、

そういうところにペダルを入れてとのことです。


2楽章


前回 「ショパンのように弾かないで」 コントロールされた
「白」のイメージで弾くように!と注意されたのですが、
今回は さらっと弾きすぎた。
もっと主張する音などは
響かせて 時間かけて弾いてもいいと言う事です。

特に 2音の間のインターバルが大きい所、コードで弾いてみて、
ハーモニーが緊張してる所などは
「さらっと弾かない」と言われました。

先週は もっとさらっと 言われたのでさらっと
弾いたのにな〜と心の中で思う。

たとえば 41節のところ。シ♭からド#に下がるところ。

201805190435425fe.jpeg



先生が 楽譜通りに 機械的に2音を弾くのと、

インターバルを意識して、弾いたのを聞かせてくれました。

意識して弾くと全然違う! ただ2音だけなのに
意味を持った演奏になります。

「こういうところは さらっと弾いたら面白味ないです。
ゴムを引っ張るようなエネルギーを感じて弾くといいです」

いつも 「耳で弾いて」と言われるように、
耳を研ぎ澄まして 練習しないといけませんね。


新曲〜!!

チャイコフスキーの10月がおわったので、
ずっと新曲を選んでと言われてたのですが、
バッハだけで大変だったので 選んでなかったのですが、

先生
「ショパンのエチュードはどうですか?
op 25ー12の 大洋はどうですか?」

実はずっと前からこの大洋は「やったらどうですか」と
勧められていた曲なのですが、アルペジオ苦手だし、
譜読みが大変そうと思って避けてました。
それに、この曲はある程度 速く弾かないと
荒れ狂う、広大な ”大洋”ではなく、
よどんだ、日がささない「ぽっちゃん池」みたいになりそうで・・・

「でも難しそうなので、あんまりやりたくないんです」

という私に、

「そんなに難しくないですよ。特に他のエチュードに比べたら・・・
それに、この曲は手首を柔軟にしないと弾けないので
あなたには いい練習になると思いますよ」

という先生の反逆にあう!(笑


・・・・・ということで 新曲は大洋になりました。
次回までに 曲を通してコードで弾いてくることという
課題が出ました。(一音一音弾かないでと)

これからは、イタリア協奏曲1〜3楽章ショパンエチュード大洋
2本立て! 

私にできるかしら〜?
練習時間あるかしら〜?

[大洋」 途中で 投げ出すかもしれませんが、ちょっと頑張ってみます。


Posted on 2018/05/19 Sat. 06:41 [edit]

category: レッスン

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 10

レッスン(3/26) 記録 イタリア協奏曲 アルデンテの箇所の弾き方  



先週レッスンのはずでしたが、先生の都合で行けなく、今週の始めに3週間+ぶりの
レッスンに行ってきました。



バッハ イタリア協奏曲


一楽章を弾き始める前にテンポを上げると、どうしても弾けない
2ページ目の 「アルデンテのパスタをモゴモゴ食べている」(シフ語録!)
パッセージの弾き方を教えてもらう。

アルデンテの説明 → シフさんマスタークラス


ゆっくりだと弾けるけど テンポを上げると 指がアルデンテではなく
茹ですぎた ねっとりしたパスタのようにからまって 
どうしてもクリアに弾けない(;_;)

この部分

20171113075623aa1.jpg


私の弾き方をみて、先生から 運指と手の動きに問題があるとの指摘。
運指を変えて ちょっと練習したあと、一楽章を弾き始める。

速度は 目標とするテンポの 75%ぐらいで弾き始めた。家ではずっと
暗譜で弾いてるけど、楽譜を目の前におくと、ついついみてしまいます。

途中危ういところが あったけど、なんとか止まらずに 最後のコードの 
「じゃ〜ん」を決めて 弾き終えたところ、

「だいぶよくなりましたが、ちゃんと音が聞こえてないところが
何カ所かありました」

と先生。やはりこのテンポだと、まだ無理して弾いてるので ちゃんと
弾けてないところがあるのは自分でも自覚してましたが。

「バッハは全部の音が クリアに聞こえないといけません」

指摘された箇所は 1ページの 13小節からの 32分音符を交えながら
降りていくところ。もう一回弾いてみると 音が転んでる。

そして それに続く 右手の 分散和音の パッセージも 
「弾く 指のところに手首をもっていって」と。

もちろん、アルデンテのところも弾けなくて、
もう一度 先生がお手本を弾いてみせてくれますが、
同じように弾けない!

「はっきり スタッカート気味に弾きますが、手の動きは1モーションで弾くんです。」
(3音づつのかたまりで)
と私の手をとって、自分の手の甲の上にのせて、弾いてみせてくれる。

この方法、手の動きや手首の使い方とか教えたい
ときに、先生がよくやる方法です。

前に ロシアで コンクールで たくさん 生徒を受賞させてる
有名なピアノの先生の レッスン風景を YouTubeでみたのですが、
その先生も 自分の手の甲の上に 子供の手ののせて
弾いてみせてたので ロシアでは よくやる教え方なのかな。

次は2楽章。「これは ほんとに美しい曲よね」という
先生のため息のもと 弾き始める。

弾いてる横で 先生の 何か言いたそうなそぶりをひしひし
と感じましたが、弾き続けてるとやはり 4小節ぐらいでとめられる。

左の 3度の和音のところを ぶつ切りで弾いていたので
「もっとレガート気味におとをつなげて」とのこと。

あとは、

○ インターバルが大きいところは意識して

○ スラーのあとの 次の音を ぶつけない

○ 同じように弾いても 低い音だと大きく聞こえるので
  弾く強さを調節する。

 「耳で弾いてね〜」

など いつも同じことを注意される。

トリルももっとスムーズに弾けるように 要練習です。



チャイコフスキー 10月/秋の歌



「だいぶまとまってきましたね。」

この曲 ゆっくりですが 結構 弾きにくい曲だなと実感してます。

手を広げる和音が多いので どうやったら、なるだけ 脱力した状態で
メロディを響かせる 和音が弾けるか 思索中です。

問題の 中間の左で移動が多いところ、ゆっくりした曲なので
あんまり急いで 弾かなくてもいいですとのことですが
また家で要練習です。


スケール/アルペジオ/コード

はCマイナー。

メロデックスケールがまだスムーズに弾けないので 要練習。
アルペジオの 手の動きも注意されて 要練習。

コードもまだ 音を外すので要練習

要練習ばかりで、 

いくらあっても 時間が足りませ〜ん。






 

Posted on 2018/03/01 Thu. 10:18 [edit]

category: レッスン

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 2

Profile

Latest journals

Latest comments

ブログ村

カウンター

フリーエリア

リンク

カテゴリー

Monthly archive

全記事表示リンク

友達申請

Display RSS link.

Search form

メールフォーム


▲Page top