FC2ブログ

海の向こうで孤独にピアノに励む日常

ピアノ再開! ピアノが大好きな主婦のピアノ日記

ピアノでこういう風に弾けたらなあ  


こういう方達がいるんですね。 名前は 「グラスハープデユオ」

ワイングラスの縁を指で撫でるようにして音を出し

いろんな曲を演奏されてる二人組。

最初の動画はショパンのプレリュードの演奏ですが


なんと繊細で叙情的な演奏なんでしょう。

こんな風にピアノで弾けたらな。

お手本にして弾いてみたくなった。





そしてこちらが バッハのトッカータ。これもすごくいい。





Posted on 2017/03/31 Fri. 09:14 [edit]

category: ショパン

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 2

ショパン25ー2のペダル問題  


一大事 発生・・・・!

な〜んて 大げさですが、今朝、思い切って 冷蔵庫の中の大掃除をしていて
右の人差し指の指先を切ってしまいました。

どうやって切れたかは 疑問。シャープな縁があるわけでも無いし・・・
シャープに切れて無いだけに 余計に痛い〜\(//∇//)
バンドエイドを巻きましたが 果たして ピアノが 弾けるだろか・・・

冷蔵庫の掃除って 大変ですよね〜
いっぱい物が詰まってて、それ全部出さないといけないし。
そして大抵、得体のしれないようなものが 奥から出てきたりして。(怖~〜)

話はそれてしまいましたが、今 練習中の ショパン25−2
片手づつだと だいぶ スムーズに弾けるようになりました。
とは言っても ゆうちゅうぶに出てくるような速度からはほど遠いのですが。

両手で合わせると、右手 左手のリズムに気をつけながら弾くので
もっとゆっくりです。
でも 一応 最後まで通して 気持ちよく 弾けるようになったので、
ペダルをつけてみようと思って、楽譜のペダル指示をみてみたら、

   『あれっ 

パデレフスキー版を使っているのですが、やけにベダル記号が少ない!!

たとえば 小節数だと、最初は全然ペダル指示がなく、5小節目で初めてでてくる。

その後は、
7、11、13 で
16、17、18 は半小節。 
そのあとも 同じような感じです。

ゆうちゅうぶとか聞いていて、ペダルは全体的に付けるイメージがあったので、
これは意外でした。

このペダル指示に忠実に 弾いてみました。
冒頭に 'molto legato' とあるように 非常〜にレガートに弾くようにと
ショパン先生は指示されてるわけですが、
私が ペダル指示どおりに弾くと ノンレガートみたいになってしまう。
特に 左の3連符は 音が離れているので 指だけでレガートにするのは困難!

ショパンの弟子から集めた ショパンの教えを記録した本には、

ショパンは どんな離れた音でも 指だけで レガートに弾くことができた」

     とか 

ペダリングには非常に厳しくて、弟子が濁った音を弾こうものなら、
   怒って鉛筆が飛んで来たりした」


などと書いてあったのを思い出しました。

私の先生は ペダリングに関しては、「自分の耳で踏んで」と
手取り足取り指示してくれるわけではないので、これはどうしたものか〜
困っているところです。


豆知識

小節数の数え方。
バデレフスキー版には 数えやすいように 小節数が打ってあるのですが、
’不完全小節’ というのかな?
この25−2だと 冒頭の2拍目から始まる小節。
これって、小節数に数えないんですね!
知りませんでした
いくつになっても、知らない事は知らないのですね。
勉強になりました。





Posted on 2017/02/20 Mon. 15:53 [edit]

category: ショパン

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 8

Profile

Latest journals

Latest comments

ブログ村

カウンター

フリーエリア

リンク

カテゴリー

Monthly archive

全記事表示リンク

友達申請

Display RSS link.

Search form

メールフォーム


▲Page top