海の向こうで孤独にピアノに励む日常

ピアノ再開! ピアノが大好きな主婦のピアノ日記

グレングールドのこんな本 「テンポから外れた? 人生」  

最近 まんねり〜な日常を 送ってますが、
先日は こんな素敵な出会いがありました。

それは これっ! ↓

20171001063857e4a.jpg


図書館で 料理の本を探してて 偶然 出会ったこの本。

グールド氏の顔が 大アップ!!! よく見ると 写真では なく、イラストです。

タイトルは 

Glenn Gould - A Life Off Tempo

(テンポから外れた人生・生涯!?)

”変なタイトルだな” と思いながら

パラパラ とページをめくると グールド氏が ピアノに
向かっている姿とか、鍵盤を弾いている 手のアップとかが
漫画のコマでページいっぱいに展開されてる。


子供時代から 1982年に50歳で亡くなるまでの グールドの生涯の
出来事を漫画のコマで 描かれているこの本は
まるで 映像を見ている感覚で すぐに読み終わりました。

往年 「エキセントリック」との代名詞で表現された
「変わり者」のグールドは 幼少から 変わった子だったようです。

近所の同年齢の子供たちは いつも 元気に 外で 走り回って
いるのに、家に閉じこもって ピアノばかり弾いている
グレンのことが お母さんは心配だったそう。

「あら、まだ ここにいるの? 天気がいいから 外に出て
遊びなさい!」

「あと10分したら 出るよ。」

「ダメよ。1時間前にも あと10分って言ったでしょ」

「ごめんなさい。でも まだ平均律のブック1のプレリュードと
フーガを 全部 弾き終えてないから」

「だめです。 今すぐ 外に出ないのなら、
一週間 ピアノを弾くのを禁止します! さあ 早く出なさい!」

と 引っ張って で外に出していたというエピソードも。

そしてちょっと成長して トロント交響楽団とのデビュー共演の出来事。

(本には 詳細は 書いてなかったが ウキペディアで調べたら
多分 14歳の時 で ベートーベンのピアノコンチェルト
を弾いた時のことかな~?)

ピアノのパートが休みの所で オーケストラのみの 演奏の間、
自分の 黒い燕尾服の ズボンに 毛が沢山付いているのに気づく。

(家を出る前に 愛犬ニッキーが じゃれついてきたからだ・・・)

(次のピアノの出番までは 少し時間がある・・・・)


始めは、座ったまま手で愛犬の毛を払ってたのが、
なかなか取れないため だんだん中腰 になり
しまいには 椅子から 立って毛をはらい始める始末。

もちろん オーケストラはまだ演奏の途中。
指揮者、オーケストラのメンバーは
「一体彼は何をしている⁉️⁉️ 」

観客もざわざわし始め、我に返ったグレンが慌てて座って
ピアノに向かったのはいいものの、オーケストラがどこを
弾いてるかわからなくなり・・・・
指揮者が グレンの方を見て合図して、
どの tuttiかわかららなかったけど
一か八かの賭けでピアノ弾き始めた・・・・・

↓ そのシーン
20171001063855d9d.jpg


家に帰ってから 「オーケストラの演奏はじっとしてちゃんと聴くものです!」
と 両親の 叱りを受けたのは言うまでもありません・・


ピアノを弾く姿勢についても、姿勢が悪いと お母さんによく注意を
受けていたようですが、

「自分は あの姿勢でないと 弾けない。
それが観客に受けいられないなら仕方がない。」
と言ってたそうです。

グールドのバイオグラフィーを書いた 本は
何冊か読みましたが
この本は 子供時代のグールドを 母親としての目線から
書いてある所が 面白いなと思いました。

一冊通じて イラストもアーティステイックで素敵な本。


一番最後のページには こう書いてありました。

   『 僕は ずっと みんなが 自分と同じで どんよりした

       曇り空 を好む ものだと 思ってた。

     だから 晴れた空の方を 好む人がいると言うことが

        わかった時は ショックを受けた。』


         ~ グレン グールド





バッハ キーボードコンチェルト 1番 D minor
グールドの演奏の中でも 一番好きな曲の一つ。
グールドの 表情のアップもあり、指もアップもありで見応えあります!

Posted on 2017/10/01 Sun. 07:11 [edit]

category: 日常/練習

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 10

心機一転!?  



最後の更新からまた随分経ってしまいました。
やっと 子供の新学期が 始まったかと思ったら
家の修理とかあったりして、忙しい日々を過ごしてました。
先日 先生に やっと 予約のメールを入れたら、
"I'm so glad to hear from you" (連絡してくれて嬉しいです!)
きっとあまりにも 長い間レッスンに来なかったので、
自然消滅で辞めたと思われてたのかな~なんて思ってしまいました。

夏の間 真剣にピアノに向かうことのなかった私。
レッスンに何を持って行こう・?


スケール

全く弾いてない‼︎ だいたい どの調をやってたっけ~
レッスンノートでチェックしなければ・・・・

ショパン ノクターン 1番

なかなか上達しません。左のアルペジオが難しい!
もういい加減練習するのも嫌になってきました。
でも 自分で選んだ曲なので あと1 ~2回は見てもらうか・・・

ショパン エチュード 25ー2

これは暗譜済みなので 気ままにタラタラ弾いてました。
もちょっとテンポを速く弾けるように 頑張って 持っていきます。

そして(勝手に)新曲

シンフォニアの4番が終わって 次は 6番に進もうかなと思ってましたが、
夏のデレ~っとした頭で 譜読みがなかなか進みませんでした。
シンフォニアやってると なんか数学の問題を解いてるような
気分なってしまうので これはしんみりした冬にやろう!


それで シンフォニアの代わりに 前からやってみたかった
フランス組曲にしました。
同じバッハでもフランス組曲って 取りかかりやすい気がします。
選んだのは 第2番のアルマンド
また短調で 哀愁が漂って 秋にぴったり!




そしてさらに もう一曲は、バッハのイタリアンコンチェルト
もう 無性に この曲が弾きたくなってしまいました。


グールドもいいけど、ミケランジェリ様の ちょっと繊細な弾き方が好きです

フランス組曲のアルマンドとうってかわって、
冒頭の パワーがたまりません~ 元気がでる曲!
でもむずかしいですよね。
長いし まだ譜読みも始めたばかりなので、
来週のレッスンに持って行けるかわかりませんが。
一楽章だけでもできたらいいなと。


・・・・という風に 「心機一転」して頑張リます。



Posted on 2017/09/17 Sun. 02:50 [edit]

category: 日常/練習

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 6

またこの季節がやって来た~  


最近のピアノ近況・・

レッスン → 最後のレッスンから3週間たつのにまだ予約してない・・

スケール → 新 スケールなのに 一回も 弾いてない

シンフォニア4番

☆ 両手合わせ。だいぶ形にはなって来たもの
声部の輪郭があやふやなところは声部ごと練習

ショパンノクターン 1番

☆ 後半の左のアルペシオをスムースに弾けるように
弾き方を 工夫中

中間の右のオクターブ ソプラノを響かせるのが
まだうまく行かない

ショパン 25ー2

前よりテンポアップ ・・・とは言っても
指定のテンポからはほど遠いですが
まだ 弾きにくい箇所あり
テンポが上がるにつれ荒げずりな演奏になりがち。
速くても詩情を持って弾けるようになるのが課題。

*****

この季節がやって来た・・・・

「 この季節 」って
子供が夏休みで大学から帰って来てうちにいる季節。
夫婦 プラス 娘 一人で平穏に暮らしている毎日が
急に 人数が増えて慌ただしい日々に。

5月初めから始まる 夏休み
全く アメリカの大学って・・・
授業料は高いくせに 休みが多すぎる。
いろんな休みを合わせると 正味七ヶ月ぐらいしか
ない計算になる。

一言で言うと・・・dreadful
いや、子供が嫌いってわけではないですよ〜〜もちろん。
だけど 私のスケジュールが崩される~(*'ω'*)
常時キッチンは汚される。
子供は アルバイトはあるのですが こちらは車 社会なので
車がないと仕事も行けない
車を取られると私が困るので
私が送り迎え。
その時間の隙間に私の用事を済ませる。
と急に忙しくなる季節。
そしてこれが 8月いっぱい続きます。

去年は引っ越しも重なり 三ヶ月ほど ピアノ練習を
放棄してしまいましたが、今年はそう言うことに
ならないように 合間を見つけて 練習せねば・・

写真はベートーベン。私もこんなイメージでこの夏を乗り切るか・・・
それにしても ルートヴィヒ!!  楽譜がピアノから落ちそう・・
楽譜は閉じてから 重ねればいいのに〜
201705272348242ab.png




Posted on 2017/05/28 Sun. 06:55 [edit]

category: 日常/練習

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 4

Profile

Latest journals

Latest comments

ブログ村

カウンター

フリーエリア

リンク

カテゴリー

Monthly archive

全記事表示リンク

友達申請

Display RSS link.

Search form

メールフォーム


▲Page top