海の向こうで孤独にピアノに励む日常

ピアノ再開! ピアノが大好きな主婦のピアノ日記

過去の練習録音ーモーツアルトk545  



事情があって、 まだ契約期間は終わってないのですが 携帯の会社を乗り換えました。
お店に行って、切り替えにかかった時間 なんと3時間半。
ずーっとお店で待ってたので疲れました。5人分の携帯だったのですが、
なんでこんなに時間がかかるのかが不思議です。
でもみんな新しい携帯になんて、ごきげん。
私もiPhone6ゲットしました〜

新しいiPhoneに変える際に、”使用中の電話のデータをバックアップしてきてください”
とのことでした。

iPhoneには ヴォイスメモと言って、録音できる機能があるのですが、
それを使って、録音していた過去の練習記録をみつけました。

そういえば練習を録音してたんだ〜 でも多分一回きいたぐらいで
ほっておいたので忘れてました。←録音が役に立ってない!

ヴォイスメモをどうやって、YouTubeにアップするかわからなくて苦戦。
結局はiMovieを使ってやる方法が一番簡単そうだったので、ヴォイスメモ音源と、
iPhotoからの写真を画像に使用。全行程に2時間費やした〜ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

晴れの第一弾!は モーツアルトソナタ 545 
なぜか2楽章だけです。(一楽章は難しすぎて、手に負えなかったんだと記憶します(;_;))
日付は 2013年の12月となってたので、独学でやってた時期ですね〜(#^.^#)。

楽譜をみただけでは一見簡単なこの2楽章。
でも、左のアルベルティバスを目立たせないように、かつバスを響かせ、
それに右の旋律をのせて歌わないといけません。 右は単旋律なのでただ弾いただけでは
大変つまらない、機械的な演奏になってしまいます。
ppで奏でる左手のコントロールが難しかったです。
ペダルは使わないで、フィンガーペダルでバス音もメロデイになるように気をつけました。
アーテキュレーションは内田光子さんの演奏を参考にさせていただきました。

練習なのでつっかえたりして、お耳汚しかもしれませんが💦 よかったら聞いてください。







にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

Posted on 2016/01/31 Sun. 15:30 [edit]

category: 練習動画

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 12

レッスン 1/28 先生のタイプ  



みなさんの先生は、レッスンで課題の曲を弾いてるとき、

1) だまって、じっくり演奏を聞いて、弾き終わったら、アドバイス。
   (弾きやすいようにちょっと離れて座ってる。

2) 演奏している最中に アーテキュレーションなどの指示がはいる。
   メロデイに合わせて歌ったりもする。

どちらのタイプですか?

さて、私の先生は
どっちかというと1)です。

でも〜、

静かに聞いてらっしゃるようにみえるのですが
ジェスチャーがすごいんです。

盛り上がるところなど手を上にやるよなポーズとか
何か言いたそうなのに、声を殺すかのように
”ウっ”みたいな息づかいとか、
息をためてるようすとかが、伝わってくるのです。
”ここぞ”という場所では身をのりだしたり、、、

しかも、ぴったり横に座らてるので、圧迫感があるし、
気迫が ビシビシと伝わってくるのです。

手もじ〜っと観察されてます。

だからインベンションのような 非常に集中力を要する曲だと
先生の無言の指示の方に意識が行ってしまったら最後、
集中力がとぎれて、だだ〜っと崩れてしまいます。
楽譜を追うのが必死で練習不足というのもありますが・゚・(つД`)・゚・。

先週のレッスンでインベンション2番が大崩壊したのは
このせいもあるのかな〜なんて自分で分析していたところです。

きょうは一週間半ぶりのレッスンに行ってきました。


*******

まずはホ短調のスケールから。
先生のスケールのやり方はちょっと変わってるんです。
2オクターブ両手で(ユニゾン)上がったあと、
コントラリーモーション(日本語でなんといいますか?)で2オクターブ
このセットを2回。休み無く続けて弾くのです。
旋律性短調の場合、コントラリーモーションだと のぼりの時は
ど#れ#とシャープを弾いてるとき、下りを弾いてる手は
ナチュラル (ど、れ)になるので、
速く弾くと間違ってます。

先生は、”左と右の弾いてる音をよく聞くこと”

と ”弾かないで頭の中で弾いてる鍵盤をイメージして。
  ほかの人か弾いてるのをみているような感じ”

とアドバイスをくれました。

コードは ミソシ、ソシミ、シミソなので
3拍子のように3オクターブを弾いたのですが、
両手で4オクターブを4拍子で弾くようにとのこと。
あ、そうでしたね〜 アルペジオもそうでしたから。。。


ツエルニーは8番から9番になりました。

これも スケールですが、8番は主に右のスケールとアルペジオ。
9番は左のスケールも入ってきます。
苦手なアルペジオがないところはちょっと楽かな。

どれみふぁそふぁみれ 🎶どれみふぁそふぁみれ〜〜〜〜♫ と永遠に続く
ハ長調のスケールからはじまるのですが、
どれみふぁそふぁみれ〜♪を弾くのってなんでこんなに難しいの〜

私の場合、打鍵が均一でない。音抜けたり、どーんとぶつけたり、転んだり。

また4ページもある長〜い曲です。でも速く弾けたら
乗れて楽しめそうな曲。

先生からの指示は、

1)塊で弾いて (いつも言われます〜💦)
2)小指でアクセントをつけるときは、指だけでしようとすると
  固くなるので、手首の力を借りて、向こうにつくような感じ

インベンション2番

先週の教訓で、直前に練習しないで 脳を休めていきました。
そして、先生の無言の指示にも気をそらさないようにして弾きました。

大崩壊はしませんでしたが、もうミスタッチ多し〜
何で私こんなにちゃんと弾けないんだろう〜

先生 “曲想はこれでいいです。 でも何カ所かマシンみたいに弾いてるところがありますね”

バーでいうと、18小節、21小節など
盛り上げようと弾いてるところです。
フォルテで弾こうとして、力が入りすぎてたみたいです。

“フォルテでもちゃんと音をきいて、いつも音楽になってないといけません”

ちゃんと弾こうとすると弾いてる音に意識がまわらない。
まだまだ修行が足りません。

右、左と音を聞き分けて、別々に表現しないといけないインベンション。
やっぱり難しいですね。

先生のアドバイスを念頭に入れて、もう一回弾きました。
“マシンのようだ”と言われたところは特に注意して
音を聞くようにして。
おまけの合格です。
”次は何番でもいいですよ。”
何番にしようかな〜? 

ラフマニノフ 鐘


譜読みが終わった大爆発の手前 (45小節)までひととおり
弾きました。

まだペダルなしでたどたどしく弾いてる状態ですが、

”この曲はペダルがないと曲想がでないので ペダルを入れて弾きましょう”

ということでベダルを見てもらう事になりました。

最初の4小節を弾いたところで早くもストップがかかります。


”踏み替えがちゃんとなってないので音が濁ってる”

”踏み替えるときちゃんと離してからまた踏んで”

私ペダル苦手なんです。今までペダルの踏み方なんて
ちゃんと教わってないし、ペダルを踏むような曲もあんまりやってないし。

両手で弾くだけでも大変なのに、足にも神経をまわすなんて〜

とりあえずは左のバスのところだけ弾いて、ペダルを踏む練習。

冒頭の出だし

 ♫ ら (踏む) そ (踏む) ど~ (踏む)

私はせっかちに、打鍵して、0.2秒後ぐらいに
踏んでたのを、1秒ぐらい待って!
ちゃんと音がつながっているのを聞いてから、踏み替えてということです。

ペダルってだいたい、“打鍵のすぐあと”というのが頭にあって、
打鍵して直後に踏んでたのですが、
あせって、すぐ踏まなくていいんですね。
ようは、音がつながってるかどうか、濁ってないかどうか
よく聞く事ですね〜

また実りの多いレッスンでした〜





にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

Posted on 2016/01/28 Thu. 17:30 [edit]

category: レッスン

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 4

ジャンプは狙いを定めて!視線が大事  



先週はスケール強化週間と称してでスケールとツエルニーに時間をかけてしまって

あまり曲をやらなかった 💦  レッスンというのに曲が進んでない〜

で、朝から頑張ってやりました。

一夜漬けじゃなく、一朝漬け!


バッハも ラフマも、集中してやりましたよ〜

3時間ぐらいはピアノの前に座ってたと思います。


ここからレッスンでのことです。

スケールのあと、 インヴェンション弾きました。

結果は、あら、あら、あら〜〜〜〜〜〜???

出だしはよかったのですが、一カ所間違えたとたん

ドミノ倒しのよううに、どどど〜っと崩れて行って 収拾のつかない状態に、、、、

弾いた後、先生 無言、、、(´・_・`) 沈黙。。、

  ”先週は弾けてたのにね〜 (。-_-。)”


家ではちゃんと弾けたのにな〜

理由は分かってます。なんだか集中力が持続しなかったんです。

どうやらレッスン前に練習しすぎて、体力も

集中力も消耗してしまったらしい。

目もかすんで、音符もよくみえにくかったしな〜

ラフマで 長時間 楽譜をがん見したからでしょう。

 
 教訓:レッスン前の練習は程々に!体力、集中力温存しませう!


スケールをがんばったせいか ツエルニーさんは 先生にだいぶ良くなったといわれ、

でも、まだ音をひとかたまりに弾いてない。

言われると、はっと気がつく。

まだ楽譜を追ってる状態で弾くのに一生懸命で

塊で弾く事 忘れるんです。

アルペジオの部分は  手を広げたままにしないで、高音を弾いたら捨てて、

次のポジションに手をすぐ移動。

これもいつも注意されることですが、速く弾こうとして

逆に指を広げたまま弾いてました、、、

この二つを頭に置いて、もう一回弾いて終わり。

一応 合格です (* ´ ▽ ` *)


スケール

最低音、最高音が がマグネットと思ってそれに向かって弾く。

コードは目をつぶってでも弾けるように。


ラフマニノフ 鐘


36節からの コードが右、 左と交互に高音から低音へ 

が〜っと降りて行く箇所。

最後の一番盛り上がる、大爆発 パートへの

序章です。もうこれ以上悲観的になれないくらい悲観的なパッセージ。

ここの練習方法は 右左 交互に弾かないで、一緒に 同時に弾いて、音の流れを覚える。

音を覚えたら楽譜通りに弾く。

***

第一部のの鐘の音を弾いて、コードを弾く繰り返しの箇所

ここでまだ、手が迷子になります。

なんせ、低音で鐘の音を弾いたあと、すぐ2オクターブぐらい移動して、

コードを弾き、また低音の鐘の音を弾き 手を大移動して コードを弾くという繰り返し。


移動した瞬間にガチッとコードの音をつかんでないといけないのに
指がまだそのコードを探してるって感じです。


先生は 私の視線の問題にあると指摘されました

低音の鐘の音を弾いた後 私はその弾いた音にずっと視線を置いてると。

弾いた音からすぐ視線をはずして 次にうつるコードの位置に視線を置くようにとのことです。

狙いを定めておいて、ジャンプ!

なるほど〜! なんでこんなこと気付かなかったんだろ。


コードの部分、左右の手が交差するところも難しい。

右、左、どっち〜が上?みたいな。 

左右の手がお互い邪魔にならないようなポジションで弾かないと
ぶつかりあいます。


それで、 片手だと鐘とコードのジャンプちゃんと出来るんですが、

両手だと両手だとこんがらがってしまいます。まずまだなれるまでは

これも鐘の音は弾かないで コードだけ弾いて、進行を覚える!

はあ〜っと溜め息をつく私に 

先生は 『これは難しいから、時間をかけてやりましょうね〜』

やっぱ、ラフマは難しいですね〜


日本は大雪で大荒れのようですが、みなさまは大丈夫でしょうか?

こちらは、今年は雪もなく、暖冬と思ってましたが、

今週は通常の寒さに戻りました。 最高気温でも マイナス 5度C。

寒いです〜

みなさまもどうぞお気をつけください。


にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

Posted on 2016/01/19 Tue. 17:15 [edit]

category: レッスン

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 10

左手スケール強化週間!と正しいゆっくり練習のやり方  


今週一週間は『左手スケール強化期間』と決めて
左手のホ短調のスケールまじめに練習しました〜

私って子供の頃ピアノを習ったと言っても バイエルを2年ぐらいやったぐらいで
スケールなどの基礎練習をせずに育ちました。あはっ
ですので基礎がなってないのです。
それはいつも痛感することでした。

スケールって両手で弾くとなんとなく弾けてる気がするのですが、
片手で弾いてみると自分の下手さがわかるんですよね。
音抜けしたり、どーんと親指で叩きつけたり、
均一に弾けてない!
特に左が顕著なのでこれは基礎から見直さないとと。

それでゆっくり自分の手を見ながらゆっくり練習する事にしました。

ホ短調だと 5で ミ を弾いた後、 4でふぁ#です。
そこがすごく弾きにくいと思って、右手をお手本にして
よくみたら、動きが違う事がわかりました。

左手のくせ

ー 小指が寝てる 

  ホ短調の場合小指を立てないと次のふぁ#のときよっこらしょと
  4指が黒鍵までのぼらないといけません

ー 手首が下がってる 
  速いスケールを弾くには手首の高さを一定にしたほうが
  粒がそろいますよね。私の場合手首が弾くすぎてちゃんと指で鍵盤を支えてませんでした。


ー 黒鍵を弾くスケール (ふぁ# ど# れ#)なのに手前で弾きすぎて、
  黒鍵を弾くため余計な動きをしないといけない


この悪い癖を矯正するかのごとく、ゆっくり手を見ながらの
練習に時間を費やしました。

おかげでだいぶ弾きやくなったと感じます。

ちょうど 課題のチェルニー 8番はスケール練習です。
調は違いますが、
手の動き、ポジション、手首の位置を
がん見しながら 応用して、ゆっくり練習したら、
だいぶ滑らかに弾けるようになりました。

長い間の癖なのですぐには直らないし、
意識しないと前の変な癖で弾いてしまいます。

でも私にとってはちょっとブレークスルーな出来事♡でした。

苦手なアルペジオもこの方法でやってみるぞ〜!。


あ、そうそう、みなさんはご存知かもしれないですけど、

ゆっくり練習で発見した事があります。

ゆっくり練習の重要性は揺るぎない事実ではありますが、

ゆっくり練習してるのに、いっこうに速く弾けるようにならない
という事はないですか?

私はだいたいいつもそうです。

或る程度 速く弾けるようになっても スピードの壁にぶつかって、

それ以上の速さで弾けなくて、中途半端なテンポで終わってしまう。

先生によると、これはゆっくり練習のやり方が悪いからだそうです。

あるパッセージを弾くとき、速く弾くときと ゆっくり弾くときでは
手のポジションや動きが違うのです!!

ゆっくり弾く動きで練習してても、それはゆっくり弾くための動き
なので、速くは弾けないわけです。

それでゆっくり練習でも、速く弾くときの動きをするのが
速く弾けるようになるための鍵だということです。

ま、私のような初心者は、理屈で考えて、やっても
やはり速く弾こうとすると手首や、体が固くなったりして、
まだまだですけどね。

きょうはレッスンで レッスン記録を書こうと思ったのですが、
今週の出来事をみなさんにお伝えしたくて。

レッスン記録は明日また書きますね〜


ラフマニノフの 鐘 手が迷子になって困ってます〜。

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

Posted on 2016/01/18 Mon. 19:15 [edit]

category: 日常/練習

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 6

レッスン 1/11 ラフマでくじけそう〜!  



今年に入って2回目のレッスン。

練習したわりには 成果がでなくて〜(T_T)

ちょっと足取りも重〜く行ったレッスンでした。


今週のメユーは

* ホ短調のスケール/アルペジオ、
* インヴェンション2番
* ツエルニー 40−8
* ラフマ 鐘


今週から新しいスケール ホ短調。
左手の 543 のところが弾きにくい!
(み からはじまって、4の指でふぁ#で手が硬直!)

なかなか弾けないときは 上手な方の手をお手本にしてやるといいとの
ことなので 右手で同じような 鍵盤の配列で弾いてみると
無理無く弾ける。
よく観察したら柔軟な手首で弾いてるんですね。
左はガチガチの手首。
なるほど弾きにくいわけです。

インベンションは両手で最後まで合わせましたが、
まだ、音を確認しながらゆっくりの状態。

レッスンまで持って行けるレベルではなかった ( ノД`)
先生が右を弾いて私が左を弾いて
さらっと終わりました。

右を一オクターブ 上に弾く練習を
してきてのこと。 (テーマがはっきりする)



ツエルニー

アクセントは指を上下してつけるというより 手首を下げることで。

最後のページの上昇アルペジオの高音から一オクターブ下に素早く移動のコツは

最高音までいったら 捨てて!! 
目的の鍵盤をめざして、半円を描くように親指で着地!
ここもハ長調のアルペジオなので基礎ができてれば 苦労はしないのですが
私の場合、このアルペジオをはずさないで弾くことに
一生懸命でこの着地に失敗してしまいます。
自己嫌悪〜!

最後の右の分散和音は手首を使って
手首て指が弾きやすいように持って行く

指をばたばた動かすのではなく 手の中で動かす感じ

だそうです。“手の中で”ていう表現が面白いですよね。




これは譜読みに苦労してます〜

何回練習しても和音をはずす、はずす〜 

鐘の音を弾かないといけないので、手の移動が多い。

楽譜を見てたら弾けそうもないので

これは暗譜するしかないかな〜

ちょっとくじけそう〜 (;_;)

ハ短調で始まるのですが、6小節めで急にホ長調になるので
ここでカラーを変える。

15小節からのアジタートの弾き方

旋律の中の 3レンプにすることによって
もっと緊迫感を与えてる。

3レンプは 水が沸騰してぶくぶくの泡が立ってるような
イメージで

この曲を弾くとど〜っと脳が疲れます〜。

でも聞く度にどんどん好きになって行く曲です。

youtube でいろいろ見てみましたが、この子の弾く鐘が気に入りました。




2曲弾いてますが、一曲目が鐘です。こんな風に弾けたら気持ちいいだろうな〜


これはロシアの生徒のためのコンクールなのでしょうか。
審査員の表情とか映っていて面白いです。


にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

Posted on 2016/01/12 Tue. 16:25 [edit]

category: レッスン

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 4

新年初レッスンでエンジンかかった! 1/4  



4日は 会社勤めのひとは仕事初め、学校は新年初登校日。

(大学はまだあと2週間程休みでだらだら組が二人程いますが、、、)

私にとっては新年の初レッスンです。


さあ〜 あまり練習できなかったけど、気を引き締めて行ってきます〜


****

いつもにこやかにお迎えしてくださる先生。

”A Happy New Year" と挨拶をかわすと、

先生 ” 日本食は作る? 私寿司が大好きで三食お寿司でも大丈夫よ”

アメリカ人て、日本人はいつもお寿司を食べてると思ってる人が多いんですよね。

ま、ここは軽くかわして、レッスンに進みます。


スケール/コード/アルペジオ

ト長調合格!

”次は ト長調の平行調の短調ね。  さて何調でしょう?”

”ん〜 ♯が一つの短調って言ったらホ短調。最初にやったノクターンが確か♯一つでホ短調だった!”

と思い出し 小声で “E minor?”

”そうですね。 長調から6度あがったところが平行の短調です”

知りませんでした。また一つ賢くなった! 

(ていうか 今頃こんな事も知らないなんて情けない(=∀=)ともいう)


インヴェンション 5番

おまけの合格を頂きました。

いや〜このインベンションには苦労させられました。

インベンションは、1番、8番 9番 10番 15番とやりましたが
今までやった中で一番難しかった。

運指を決めるのに時間かかり、決めてからも変更あり、

カタカタと休み無く続く音型。 

♭三つなので黒鍵と白鍵の間を弾くところが多いし、


テーマが右と左とよく変わって、テーマを出してるつもりでも、

反対の方を強く弾いてたり。

随分集中力がいる曲です。

装飾音符にも苦労しました。

少しは良くなったけど、まだまだです。

次は2番。5番に比べると弾きやすいかな。


ツエルニー 40−8

この曲つまらない〜 といいながら練習してる

練習曲なのに4ページもあるし。

弾きにくい箇所が何カ所かあります。

弾きにくい音型をさりげなく入れるツエルニー先生。

まだテンポも遅く弾いてる私への先生からのアドバイスは

速く弾くには1拍を一塊として弾く。
もっと速く弾くには2拍を一塊。


こうする事で脳が速く弾こうとするそうです。


でも指がまだついていかないので 来週にもちこし。

まだまだ基礎連が必要です。


ラフマニノフ プレリュード "鐘’


やっと2ページ目の半分まで譜読み終わった状態。

なにせ 1 ページ がずっとコードで成り立ってる曲。


冒頭の ff で 始まる鐘の音のあと、急に ppp です。

6音もある和音をppp で弾きそれも上の音を響かせるのが難しいです。

和音は ppp ですが 和音の間にでてくる テーマの鐘の音は

大きく響かせる。ずっと鐘がバックグラウンドで鳴っているイメージです。

7小節から 続くコードの旋律の運指は 

真ん中の音を 2 と 3

左は 4 と 3で交互に弾くといいですと先生。


そうしてみたら、スムーズに次の和音に移動できる。


2ページ目の レントから アジタートに移る

分散和音は 和音で練習してから分散。

緊迫した感じが素敵です。

******

レッスンから帰っておまけ合格した トロイメライを久しぶりに弾いたら

あれ、弾けなくなってる〜! ミスタッチ多し。

ちょっと弾かないと弾けなくなるのはどうしたらいいんでしょう。溜め息 ふ〜

音源アップめざして、ちょっと復習します。w( ̄o ̄)w




にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

Posted on 2016/01/05 Tue. 09:15 [edit]

category: レッスン

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 8

今年の抱負と昨年を振り返って  


ブロ友の皆様 明けましておめでとうございます。

昨年年末から慌ただしくて ブログ更新が少なくなってしまって
申し訳ありませんでした。


昨年は 9月から新しい先生になって学ぶ事が多い半年でした。

今年の目標は ただ だらだら練習するのではなく 練習の仕方を考えて

短時間で有効な練習に取り組みたいと思います。

そのためには 音楽理論 特にハーモニーを勉強して

取り組む曲への理解も深めたい。

また もっと自分の演奏の動画もアップしたいと思っております。


昨年は思うように上達しなくて 後退してると感じることも度々で

落ち込むこともありました。

今年もそういうことはあると思いますが

前向きに長い目で見て 夢の曲を弾ける日に

小さい 一歩でも近ずいていると自分に言い聞かせながら

精進したいと思います。


去年4月から始めたブログ。

ブロ友さんから頂くコメントや、皆様の頑張って練習してらっしゃる姿が

ずいぶん励みになりました。


今年もどうぞよろしくお願いします。


A happy new year!


にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村



Posted on 2016/01/01 Fri. 10:06 [edit]

category: 日常/練習

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 12

Profile

Latest journals

Latest comments

ブログ村

カウンター

フリーエリア

リンク

カテゴリー

Monthly archive

全記事表示リンク

友達申請

Display RSS link.

Search form

メールフォーム


▲Page top