海の向こうで孤独にピアノに励む日常

ピアノ再開! ピアノが大好きな主婦のピアノ日記

"p" でも輝く音で! レッスン 3/28/16)  



このレッスンでは た〜くさんモツソナの弾き方の注意がありました。

自己流でやってたら、わからなかった目👀から鱗のことばかりでした! 


モーツアルトソナタ K330−1


『そ、そ〜〜』(最初のソはスタッカート、そして二音めはスラー)と軽快なリズムではじまるこのソナタ。

私は『元気よくね!』と思って、2音とも突くようなタッチで弾いていたら、

『にわとりが えさをつついてるみたい』と言われました。(爆、、確かに〜)

そうではなくて、最初のスタッカートはバウンスするように軽いタッチで

手首をふわっとあげ(脱力重要!) 次のソは手首を下げてということです。

方向で示すと ⬆⬇ って感じです。 

わたしはツーモーションで弾いてるけど、ワンモーションで弾くのよ とのこと。

あ〜知らなかった。というかよく考えればわかることですが、

何も考えずに ”にわとりえさつつき” タッチでずっと練習していた私。

矯正するのに時間がかかりそうヽ( ´_`)丿


そしてこの曲はフォルテ と ピアノ が 短いフレーズでめまぐるしくころころ変わるんです。

それに最新の注意をはらって、練習したので 『ダイナミックスはいいわね』

やった! 『でも P の弾き方が違う!』 ガクッ!


このソナタは遊び心たっぷりの曲なので p でもグレーな色にならないように。

音が小さくても輝いていないといけない。

私が 小さく〜と思って弾いていた、ぼやっとした音はバツ

モーツアルトの幻想曲のときは、”綿菓子のようなタッチ” 過去レッスン記事

と言われたな〜。同じモーツアルトでも曲によって、弾き方を変えないといけないのですね。


全体的に

 指の先に針がついてるイメージをして弾くといいわ』

〜 ガッテン!! きらびやかな音を出すコツでしょうかね〜。


🔴  26節からの 左が三連符になって、リズムが合わないところが苦手〜

fのところは弾きやすいけど、p のところが小さく弾こうとするのが難しい。

ここもぼやっと弾かないで、 鈴 が小さく鳴ってるような音で弾く。

あちこちに出てくるスタッカートは 重くなく、鋭くなく、"Bouncing"(はねるような感じ)


🔴 18節の 右手 同じ音型が二回出てくるところ。

『ここでどうしてモーツアルトが違いを出したのかを考えて弾いてね』

一回目は ど♯が装飾になっていて、二回目は 16音符になってるので

対比させて、二回目の ど♯にアクセントおく。



🔴  31節 の ど〜し とスラーのところは 『し』 が 手首が下がって

    重〜くなってた (どっこいしょ) してたのですが、そこで 

『息をはいて、ふわっとなるように』

、、、、私 そこで息を吸ってたんです。 はいて弾いてみたら ちゃんと小さく弾けました。

私の呼吸までみてらしたなんて、’先生って、もう、、すごいんだから〜Σ(゚□゚(゚□゚*)” と感心。

(⬆って、感心してるばやいではない!)


🔴 54〜58の f p が交互に出てくるところ 

対話してるように 強弱だけではなく 色もかえて


来週は2楽章も見てくることになりました。


インベンション7番


まだミスタッチはありますが、合格

なんかいろいろ注意されましたが、忘れてしまいました。すみません!

次は11番です。


憎っきアルペジオ (ツエルニー12番)

結局 為せばならなかった。音を外すのは減りましたが、
スピードまだまだおそくて、早くするとたちまちミスだらけ!

でもおまけ合格。
前回よりだい〜ぶよくなったからということです。
⬆ どういう基準でしょう〜

次は15番に進むことになりました。
半音階の練習曲です。
これは 古典でもロマン期でもでてくる音階ですね。

🔴 モツソナ 2楽章
  インベン 11番
  ツエルニー 15番


一週間後のレッスンまで3曲も新曲!!
譜読みもまったくしてないのに 大変だ〜


スケール/コード/アルペシオ

ロ短調。 スケールのコンとラリーモーションが難しい。

脳がついていけません。

先生は 鍵盤を頭の中でイメージして弾くと 弾きやすいとのことです。

鍵盤をみないで弾いてきてね〜 

先生、課題が多すぎます〜


でも楽しいレッスンでした。

Posted on 2016/03/31 Thu. 13:09 [edit]

category: レッスン

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 14

モーツアルトソナタK283−1(動画)  



前の先生の時に レッスンで弾いた モツソナ k283 一楽章の録音を見つけたので
恥ずかしながらアップです。

相変わらず ミス多しの演奏ですがよかったら聞いてやってください。 o(≧▽≦)o .。.:*☆




iPhoneで録音したのですが、なぜかぶちぶち雑音が入ってます。
音源だけだと マックの iMovie で画像を取り入れてから 編集して、
ゆちゅぶにアップロードするのですが、そのときに入ったのかな〜

お聞き苦しくてすみません( ‘o’)



Posted on 2016/03/28 Mon. 18:05 [edit]

category: 練習動画

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 12

はまってしまった? ブログ一周年!  



なんと、きのう 3月26日は ブログを始めてちょうど一周年でした。

『え〜もう一周年か〜』 早いような、遅いような一年だったかな〜


ということでこの一年を振り返ってみたいと思います。

*****

記念すべき(←大げさ〜)第一号の記事を読んでみました。

それが、これです → ブログ第一号


、、、、、 ただレッスンの内容を箇条書きにしただけのもの。 つまらない〜(´・Д・)」

もともとブログを始めた理由というのが、忘れっぽい自分のためにピアノレッスンでの先生のアドバイス
や 練習記録を残すためで、そのつもりで書いたんだったな〜

『きっとだれも読んでくれないよな〜』と思って始めたその 味気な〜い記事に
なんと、拍手をしてくれた方がいたんです!!!

そのときの衝撃 (←また大げさ)は忘れません!

こんな記事でも見てくれて、拍手してくれる人がいるなんて、と
ちょっとがんばる気になりました。

そして、栄えある コメント&お友達 第一号は amy さんでした。

amy さん ありがとう〜〜


ということでちょっと一年のまとめです。

ブログ前: 2014年11月 先生見つけてレッスン始める。
               * モツソナ k283 全楽章
                 ショパンのプレリュード
を数曲弾く。
                 レッスンは2〜3週間に一回

2015年3月26日 ブログ開始!

4月:最初の発表会でショパンノクターン19番を弾く

   → 上がって、悲惨な演奏に終わる。 

6月ー9月 ピアノ夏休み ←長すぎないかい〜? その間 ピアノ弾かないで遊びまくる!
                日本にも3週間 帰省

9月 : レッスン費が高すぎるので、
       今の先生に乗り移る。
     レッスンは 基本的に週1 たまに2〜3週間ごと。

、、、と現在に至る。。。



レッスンで弾いた曲:

* ツェルニー40番 3、5、6、9、11 12 (まともに弾けてないのに進んでます)

* インヴェンション 2、5、6、7、8、9、10、15 (シンフォニア到達はまだまだか〜)

* ショパン ノク 19番

* モーツアルト k283 全楽章

* モーツアルト k310 1楽章 (凍結中)

* モーツアルト ファンタジア ニ短調

* シューマン トロイメライ (短いけど 難しい!)

途中で投げ出した曲達; *ベトベン ソナタ4番 一楽章 (単に難しくて、体力いる! 続けるのに疲れました)
            *エオリアンハープ 
            (最後まで弾くが、いつまでたっても上達の見込みなくやめる。 だいたいなぜ
             この難曲を課題にされたかが疑問)

            * ラフマさんの鐘 (最後の両手で4段もいっしょに弾くところの譜読みを拒否     
                       でもいつかリベンジを企てている)
            
            

そして、恐れ多くも \(//∇//)\ 動画もアップもしてます

 * ショパンノクターン19番 & 2番
 * イルマ の 曲
 * インヴェンション 9番、 10番、 7番 (←消そうかどうか迷っている)
 * モーツアルト 幻想曲 & ソナタ k545 2楽章

 
ミスだらけの演奏をそのままアップ! 聞いてくださった方、恐縮です。\(//∇//)\


この無精で めんどくさいことがきらいな私が、ここまでブログを続けられたのは

ひとえに 暖かいコメントをくださったり、拍手を下さる、みなさまのおかげだと思っています。

感謝!です。 一年間、ありがとうごさいました。p(*^-^*)q



さあ、あしたは、2週間ぶりのレッスンです。

あるペシオどうなることやら〜


****

モツソナ283 と えおりあんはーぷのこと忘れていたのであとで追加しました。



Posted on 2016/03/28 Mon. 00:34 [edit]

category: つぶやき

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 14

ツエルニーもやった!ショパンコン3位のケイト・リウ の弾くバッハの美しさに涙する  

『ツエルニーもやりました!』


前回のショパンコンクール で 見事3 位を獲得した ケイト リウちゃんのリサイタルが
あったので行ってきました。(3月13日)

会場は、マンハッタンの、5番街にある とある教会。
セントラルパークを臨んでたたずむ、この重厚な美しい造りの建物の中には
小さいながら音楽ホールがあって、 ステージにはスタインウエイの
フルコンが常設されてます。


ヤングアーテイストシリーズの一環で、若い有望なピアニストに演奏する機会を与える
無料のコンサート。 9月にこのシリーズの予定が組まれた時は、まだショパンコンクールの
前で、彼女も無名のピアニスト。

ショパンコンクールはウエブキャストでちょくちょく見てました。彼女のことは 最初のほうは
あまり気にもとめなかったのですが、確か、第三ラウンドぐらいで スケルツォか ソナタ3番を
弾いたときにその音楽性とエネルギーに圧倒されたことを覚えています。

だから、3位の発表以来、この日をとっても楽しみにして臨んだコンサートでした。


会場に到着して 鍵盤もペダルも見える席を確保。

プログラムは これ↓

Kateliu.jpg

前半は、モーツアルトソナタ k283、それに続いて、ブラームスのバラード4曲。
インターミッションをはさんで、後半は、 ショパンノクターン op62-1
ソナタ3番!



ウエブキャストでみるより、実際はずっと細身のケイトちゃんでしたが、

細い腕と上体から奏でられる音はとってもパワフル。モーツアルトはとっても繊細な音でした。

どれも素晴らしかったのですが、一番心に残ったのは

アンコールに弾いてくれた バッハの プレリュード ロ短調。

単純な旋律なんですが、この上ない美しさでした。

コンクール3位の賞の他、マズルカ賞も獲得した彼女ですが、

マズルカはプログラムには入ってなかったのはちょっと残念。



演奏が終わったあと、司会者と一緒に出て来て、質疑応答がありました。

質問の一つに、ショパンコンクールで3位で彼女の名前が呼ばれたときに、

”え、だれ?”みたいなびっくりした表情をしたのはなぜ?という質問に、


『多分 第一ラウンドで落ちると思ってたし、
ファイナルに残るなんて夢にも思ってませんでした。

だから 両親にも  ”来なくて、いいから。 もし、万が一 ファイナルに進んだら、

           飛行機のチケットとって、ドレスも一緒に持ってきてね” 』

と言ってあったそうです。 なんか可愛いですね。

IMG_2875.jpg


出てくる観客に 挨拶するため、ホールの出口でたたずんでいたケイトちゃんに

サインをもらい、そして、質問もしました。

『テクニックをつけるためには、どんな教材を使ったらいいでしょう?』

と聞くと、ちょっと戸惑ったような顔。

『そうですね〜 ショパンのエチュードかな〜? 私はとっても苦労しました』

『ショパンは難しいですよね。 ショパンの前は?』 

『モシュコフスキーの練習曲もやりましたね』

、、まだ食い下がる私。

『その前は? ツエルニーとかやりましたか?』

はい、ツエルニーもやりました

やった! と心の中で 喜ぶ。 

やはりショパンコン3位をとるようなケイトちゃんでも

ツエルニーから始めたんだ! と 

彼女のような才能のある人と比べるのも非現実的ですが、

今 ツエルニーに苦しめられている私の気休めにはなったかな〜


ショパンコンクールでのケイトちゃんの演奏 ソナタ第三番



アンコールのバッハプレリュード 
ケイトちゃんの演奏は見つからなかったので他の人の演奏ですが
ぜひ、聞いてください美しくて涙がでました!
(生のケイトちゃんの演奏は もっと美しかった)



Posted on 2016/03/22 Tue. 00:47 [edit]

category: コンサート

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 10

執念の、アルペジオお〜〜  


寝ても覚めてもアルペジオの練習をしてます。
(時間の許す限り〜ですが)

対戦相手は、魔の ツエルニー40の12番

前回のレッスンで、がたがた、外しまくりの惨めな結果になった12番。(;д;)


レッスンが終わって この4日間、インベンションツソナにも目もくれず、

このツエルニーさんしか練習してません。(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)

全部、難しいのですが、一番 手こずってるのがここ ↓

IMG_2890.jpg

もう何回やっても上手くいきません 😭 特に左は 手も痛くなるし。


夕食を作っているときも5分ぐらいの合間を見つけたら、ピアノに向かい、

 ”♫ タラらら、らららら、らららら、たららら〜 ♫
と弾いてるものですから、ついに 高校生の娘まで 
鼻歌で このメロディを歌いだす始末。

練習してる時 「あ、もう違う!」

   「なんで同じとまた間違える〜」 なんてのたうちまわりながら練習してるので

さぞ、家族は迷惑を被っていると思います。平謝り 🙇

この練習曲に取り組み始めた時の私の見解は:

* こんな音型 どうやって速く弾けっていうの?
* こんなのマジで弾いたら手が壊れるよね。


私の弾き方が間違ってるからなんですよね。
手首が硬いとか、コードを把握してないとか、etc、、

練習に費やしてる 割合は 右手:10%
             左:90%

で やってたら、右手が弾けなくなってる! 

、、、というか最初から出来てなかったんだ。

あまりにも左がひどいので、右手ができる気になってた〜 ため息(*´_ゝ`)

ゆーちゅーぶで見てみると素人でもそれなりのスピードで
外すことなく弾いている人もがなりいる訳で。。。。

そこである格言を思い出しました。

“為せば成る、為さねば成らぬ何事も。成らぬは人の為さぬなりけり”

(米沢藩(山形県)の上杉鷹山という人が家臣に示した歌だそうです。)

もうここまできたら、意地でも弾けるようになりたい!

でも、どうしてこんなに執着してしまってるかというと

(自分の実力を棚に上げて)

いつかは、アルペジオで埋め尽くされたあの憧れの曲を弾いてみたい!

とういう願望が湧き出てきて。


ショパンエチュード 10ー1


ショパンエチュード 25ー12 (28:55 より)



そのためにはツエルニーさんごときで! (ツエルニー様 ごときなんて言ってすみません) つまづいてられない!

今まで悩みに悩まされてきたアルペジオ。

私にとって、 一番苦手なテクニックと言えるでしょう。

でも アルペジオはピアノの基本中の基本だし、これが綺麗に弾けるか弾けないかで

これからの私のピアノ人生が大きく左右されるんです!

↑ たかが趣味でしょ~ っつうのは無しよ〜❌


ショパンさん意外にも 

ベトベンさんの 月光3楽章とか (若かりし頃のキーさま♡)



同じくベトベン様の 「なくした小銭への怒り」とか (←変な名前!)




図々しくも こんな曲を弾いてみたい!と思ってしまう訳で。


どこまで成果が上がるかは、、、、あまり期待はしないでくださいね。

ピアノって頑張ったからって、すぐできるものでもありませんし、、、

ただ 自己満足のためにやってるんです。

落ち込むことになったら みなさん慰めてくださいね〜

、、、といっても明日から小旅行するので3日間はピアノ弾けないんだった〜

Posted on 2016/03/17 Thu. 22:34 [edit]

category: ツエルニー

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 10

たとえ満載のレッスン  


モーツアルトって、スラーでつながった二音の音型があちこちに出てきますよね。


二音目は軽く 小さく弾かないといけないと頭ではわかっていても、反対の手の方がクレッシェンドだと
つられて大きくなってしまう。

そこで出てきた、先生のお言葉です。

”そこは、ほら なでる感じ。 アイスクリームを舌でぺろんとなめるような感じよ。”



も〜 先生って 面白すぎ〜 ──ヽ(o´・ω・`o)ノ──!!!



モーツアルトソナタ k330 一楽章


前回のレッスンは一回目ということもあり、先生のつっこみもなくさらっと行きましたが、

きょうのはいろいろつっこみはいりました。

最初におっしゃったことは、モーツアルトはピアノ曲でもオーケストラをイメージして
弾くといいということ。 バイオリン、チェロ、トランペット、フルート などなど、
このパーツはどの楽器かななんてあてはめてみる。

♪♪♪♪

* 5&6小節の スタッカートでのアルペジオ。(ここ、おどけた感じで可愛いんですよね) 

先生 ”男の子が ”一緒に遊ぼうよ〜”って言ってるところ。

その後に続く 9&10の変奏型も 軽く 楽しそうに! 

最後の  は空に舞い上がる感じで弾いて。

***


”最初のテーマが 元気な男の子だとしたら、19からの 第二テーマは ちょっとおしゃまな女の子” 

対比させて弾いてねと。

* 42、43の そらそ そらそ そみど 、そ、ってところは
回る遊具に乗ってるところ。太字の音を少し強調して。

* 54 〜 56 f と p が交互に出てくるところ。

  の f(真面目) p(スマイル) f(真面目) p(スマイル) 。


* 展開部の 最初の音は丁寧に。右の音を響かせて。

* 71〜 イ短調に移調する 最初の  は 大切に弾きましょう。


インベンション7番 もたとえ満載でした。


弾き終わると、 ”まってました〜”とばかり 注意する準備満タンの先生。


* 8分音符のところはノンレガートで。

”ここは オーケストラの指揮者が、奏者に指差して一音一音指示してるところ。
ノンレガートでも、ちゃんと音楽がどこに続いてるのかを考えてフレーズになるように弾きましょう。”


そういえば、オーケストラの指揮者がそういう指示をするときもあるな〜っと納得。


* まだ装飾♪が重い!
* 左の旋律が聞こえてないところあり。

と持ち越しになりました。

次回のレッスンまで二週間あくので 今回で合格したかったのですが、

考えが甘かった。💦


♪♪♪

ツエルニー 40−12 両手アルペジオの恐怖


拍の頭を強調して、”かたまり” を意識して弾きました。
まだまだ、スローテンポで音を外しながら、弾けない。。。
<ため息>

”この曲って ちょっとショパンの練習曲ににてるわね〜”

といいながら、先生、ショパンのエチュード ”大洋”を

いかにも簡単そうにお弾きになる。

”か、かっこいい〜” と思わず言ってしまう私。

“この曲も練習曲だけど、機械的に弾いたらつまらないでしょ。

このアルペジオは 海の波の感じでしょ。

最高音のところで、波が高なって、岩にあたり、

海しぶきをあげながら波が引くイメージよ”

最高音 右手5の指は 手首を使って、ちょっと突くようなかんじで

アクセントとつけると力もいらないですよとのこと。


二ページ目の最初の 盛り上がるパーツが 終わった後


ヘ長調に戻るところは ”ホーム”(うちに帰る)ところ。

波がぐるぐる渦巻いている感じですねと。


スケール/コード/アルペジオロ短調

指が場所を覚えて、考えないでも弾けるようになるまでは、まずはゆっくり練習です。

未だに コードのとき 運指があやふやで直されてしまいます。

先生お願いだから、楽譜ください〜

♪♪♪

きょうは 先生のたとえ表現に笑わされたレッスンでした。


今週、来週と 大学から子供たちが帰ってきてるので、

次回のレッスンは 二週間後です。





Posted on 2016/03/14 Mon. 23:18 [edit]

category: レッスン

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 8

インヴェンション7番です。  



来週のレッスンに向けて練習中のインベンション7番。

ちょっとどういう風に弾いてるかみてみたくて録画してみました。

やっぱり録画するとなると緊張するな〜 (´・Д・)」

相変わらず間違えてます。まったく〜 ( ̄^ ̄)ゞ


間違えないで弾けるのは 私にとって不可能かもっっっx






こうやって、動画を客観的にみてみると、、、

* 手がむだな動きしてるな〜 (手をぴょんとはねてる所あり)
* 結構 手首低くしてひいてるね〜
* トリルのところで動揺してるね〜
* まだ鍵盤を探しながら弾いてるところあり!(いい加減覚えろ〜)
* 左の旋律が聞こえないところあり〜
* ちゃんと休符とってないところあり!
* もっとテンポあげた方が、いいよね〜


まだまだ反省点たくさんありのバッハさんです。

全体的には もっと滑らかに、スムーズに弾きたかったな。

聞いてるだけで、肩がこりそうな演奏で、すみませんでした 

なかなか思い通りに弾けないバッハさんです  (。>ω<。)ノ


にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

Posted on 2016/03/12 Sat. 18:34 [edit]

category: 練習動画

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 6

つっかえひっかえはコードをわかってないから  


今日のレッスンってなんか疲れたな。
(この記事はきのうのレッスンのあと書きました)


ツエルニー40番 ー12

つっかえガタガタ演奏。先生の前で弾いた演奏は

はっきり言って 先週より後退してる

気のせいかなとおもったけど、先生、一言


「どのコードかわかって弾くとそんなに難しくないですよ。」


それで先週の続きを ここはドミナントの何とか^

と説明してもらいましたが

ちんぷんかんぷん。

一体、”○調に移るドミナント” のコードって何なんですか?


と助けを求めると、 ”ほにゃらら、、、(この部分がわかりませんでした) 

   そしてそれはだいたいトニックのコードに行くんですよ。”  との説明


       トニック? お酒〜 ? (笑 )

どれも聞いたことある用語ですが

よく理解できないまま、ハイハイ と聞き流す。

ついに「コード分析してきて」という赤札 が出されました。

どなたか助けてください~

昨日左手ゆっくり地味練を一時間もしたのに全く役に立ってない。


♪♪♪

私の寵愛するラフマニノフさまは テクニック以上に

ハーモニーの習得の重要さを語ってたらしです。

実際、自分で発案した、全調のスケール、コード、アルペジオのエクササイズの
メソッドをやらせてたようです。

”どのハーモーニーなのか考えないでの演奏は意味がない”

やはり理論わからないで弾いてる素人の演奏って、

専門家からしたすぐわかるのでしょうかね〜( ; ; )

♪♪♪


インベンション7番


ツエルニーで動揺した私。インベンションもあやふやなところでミス多発。

これも先週より後退してる?

宿題は 声部が聞こえやすいように、右手を1オクターブ上で練習してくること。



モーツァルト k330 一楽章

第一回目のレッスン。☺️

ゆっくり最後まで弾いたところで 先生からの質問。


「このはどんなイメージの曲ですか?」


「happy, light, fun (ハッピー、軽快、陽気)

と答えたら、


playful ( 遊び好きな、おどけた、はしゃいだ、ふざけた )」と先生が4付け加えられます。

確かに モーツアルトのお茶目なところがあちこちに出てきますよね。


モーツアルトって 楽譜の アーティキュレーションを忠実に

弾かないと モーツアルトの音楽に聞こえなくなってしまいます。

スタッカート、レガート、ノンレガート、スラーでつながってる音、ダイナミックス、

などを気をつけて練習してくるのが宿題です。



スケールアルペジオコード

ニ長調やっと合格しました。

 ”次に進みましょう。 ニ長調の平行短調は何ですか?”

わからないでモゴモゴしてたら、”6th上がったところですよ。”

答えは ロ短調でした。

ハーモニック は 上昇, 下降とも ど、ふぁ、らにシャープ

メロデイック は 上昇に ど ふぁ そ ら にシャープ、下降は、ど、ふぁにシャープ。


左手は4指からです。
楽譜を見ないで自分で考えて弾かないといけないのは難しいです、、、


次のレッスンは一週間後です。






にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

Posted on 2016/03/08 Tue. 16:17 [edit]

category: レッスン

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 6

ツエルニーさんのアルペジオをさらっと弾けるようになりたい!  



ツエルニー40の12番はまたアルペジオです。

弾けそうで、なかなか手強いアルペジオ。

3番で苦労したアルペジオ。

12番は両手のアルペジオ。なかなか弾けなくて 

3番に戻って弾いてみた。  ←片手のアルペジオなので、簡単でしょ!

でも、弾けないかった〜  合格したはずなのに何ということ!
(かなりショック 😰 )

やっぱり、アルペジオは 一筋縄ではいかないと悟る。


きのうのピアノグループで ( 記事はこちら http://cocomuffin.blog.fc2.com/blog-entry-108.html

坂本龍一氏の ミスターローレンスを

すごい迫力で弾き通した青年。ほかにも 難しそうなポピュラー曲を

さらっと弾いてたので、

 ”クラッシック は弾かないの”

と聞いたら、 ”クラシック弾いてほしい?”と 言って

弾いてくれたのが、 ショパンの黒鍵。

冒頭だけでしたが、すごいテンポで弾き通す。

すごいな〜 私もいつかあんなに弾ける日がくるのだろうか?


と、モチベーションも上がったところで、

明日はレッスンなので今朝は本腰?を入れて、地味連しました。

***

きょうの練習方法。

 左手だけ 一時間練習。

ポイント:

* 無理に手を開かない
* 弾いた指は弾いた鍵盤においたままにしない
* 手首で指を次の音に持っていく
* 拍のはじめは手首を使って鍵盤をおろす
* 拍のブロックで弾くためには 拍のはじめで 
  手首をぐっとさげて、その余韻で残りの音を弾く

一時間もやってたらなんかコツがつかめたような気がします。
(でも実際それが速いテンポでできるかは疑問)

手首が固いと絶対弾けないアルペジオ。

アルペジオの練習って、要は 手首を柔らかくする練習でもあるのですね。


*******
おまけ: ”内田光子巨匠に 大胆にもアドバイスを求めている” の図

IMG_2867b.jpg

この間の記事 オペラを聴きなさい の追加です。内田さんちょっと笑みを含まれてるように見えるのは私だけ?


にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

Posted on 2016/03/06 Sun. 10:56 [edit]

category: ツエルニー

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 4

ピアノグループでインヴェン弾く!  


NYでは変わった人をたくさん見かけます。

今 マンハッタンからの帰りの電車の中でこれを書いてますが、

目の前に座ってる一見、普通に見える20歳前半ぐらいの兄さん。

通路におもむろに立ち上がったかと思うと 屈伸したり 腕伸ばしたり、
と運動し始めました。

長距離の国際線の飛行機じゃないんですけど〜 っっx

それに、電車が 出発してまだ5分。

そんなに柔軟体操するほどではないんじゃないかい👀?

私の横に座ってる 自転車 持って乗ってる男性。

まだ寒いのに バイクショーツと半袖姿。

おっきいバイクもちょとと邪魔なんですけど、、、

☆☆

でも誰も気にしないところがNYのいいとこ。

私だって、だらしない格好しようが、派手な格好しようが ノーメークでいようが

だーれも見ないし気にしない。

アメリカって個性?を尊重する国だからかな。


今日 マンハッタンまで出かけたのは ピアノグループのミートアップに参加するため。

弾きあい会とでもいうのでしょうか。

ここもいろんな人が来ます。

参加者はほとんどが独身の若い方々で

それも男性が80%を占めてるという (*゚Q゚*)

主催者は若いアメリカ人の女性。彼女は ピアノを習い始めて、

弾く機会や、ピアノ好きな仲間と知り合いたくて 3年前に始めたそう。


私は今まで3回ぐらい参加してます。

会の雰囲気は気楽で クラッシック弾く人もいれば ポピューラー弾く人もいる。

ド初心者もいれば ショパンのエチュードやリストをバリバリも弾きこなす

バーチュオソもいて いろいろ。

自分の作曲した曲を披露する人も。

この会のいいところは、下手くそでも、 間違っても、 簡単な曲でも

みんな あたかい笑顔で拍手をくれること。

みんなが それぞれの演奏を楽しんでるって感じです。

練習途中の曲でも 途中まででもなんでもオッケー 👌

今日私が弾いたのは インヴェンションの7番。

練習し始めたばかりで一回レッスンを受けただけなので

人前で弾ける状態ではなかったのですが。

通常の私は、人前で弾くのは超苦手。 

いつも 超 緊張してしまって 悲惨な状態になってしまうのですが、

こんな雰囲気なので 今日は そんなに緊張しないで弾けました。

一応 まだ練習途中ですので ”ゆっくりですが〜”と警告して。

今日の参加者は 15名ぐらいでした。

曲目は、

バッハ 私を入れて3名、モーツアルトソナタ、 ドビッシーの組曲、 

シューベルトの即興曲、

グラナドスのスペイン組曲、ショパンの幻想即興曲、

スクリャービン、

ポピュラー部門では 坂本龍一、 ユリマなどなど、、、(あとは思い出せない(//>ω<)

2名の方が自作の作品を演奏なさった。(一人はすばらしい作品で演奏もうまかった)

みなさん、結構なお手前です。

弾きあい会の後は近くのバーに立ち寄って おしゃべりタイム。

私は遅くなりたくないのでいつも 早くおいとましますが

シングルの若い衆は、結構長くいて盛り上がってるみたいです。

きょう 私がちょっとおしゃべりしたのは 背が190cm はありそうな

スリムなスーツに身を包んだ一見モデル風のイケメン👀 男子。

何回かご一緒して顔見知り。

最近結婚したばかりという彼に

「私は結婚してもう25年です」と言ったら 驚いた顔の彼。

どうしてって、「僕の年齢と一緒です!」だって。☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

息子と言ってもおかしくないではないですか ((((;゚Д゚)))))))

でも、たまには若〜い人達と交わるのも新鮮で楽しいかな。

一応、ピアノという共通の話題があるので 話は出来るし。(*´∀`人 ♪



月2回行われるこの会。

毎回は参加は無理ですが 、2か月に一回ぐらいは 参加できたらな。


にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

Posted on 2016/03/05 Sat. 23:50 [edit]

category: 日常/練習

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 6

Profile

Latest journals

ブログ村

Latest comments

カテゴリー

カウンター

フリーエリア

Monthly archive

全記事表示リンク

リンク

友達申請

Display RSS link.

Search form

メールフォーム


▲Page top