海の向こうで孤独にピアノに励む日常

ピアノ再開! ピアノが大好きな主婦のピアノ日記

ピアノは心のオアシス、、ですね  


みなさまこんにちわ。

最近 生活が慌ただしくて 更新がとだえております〜

なぜ慌ただしいかというと

 * 引っ越しするので家を探している。 いろいろ見に行ったり 情報集めたりしている。

 * 日本からの来客がありうちに滞在してもらったので 街を案内したり

   お買い物に連れて行ったりと忙しかった

 * 九州の地震のことがまだ心配。 

   九州にすんでる両親は怪我もなく家も 大丈夫で

   ほっとしたのですが、まだ余震が続いてるようですね。

   ニュースをみると 避難所で 過酷な状況で暮らしている方々をみると
   
   心が痛みます。

   何もできないので ”私だけこんなピアノ弾いてていいんだろうか”なんて

   ちょっと 思うっちゃうんですよね。


こんな感じでピアノに向かう時間やブログ訪問も滞ってました。

でも今週のレッスンには 行って来ました(^-^)/ 


練習不足でレッスンに行く足どりは重かったのですが

“行ってよかった〜” と思えるレッスンでした。

慌ただしい毎日の中

『ピアノって私の心のオアシスだわ〜』

(レッスンも!)

と再確認させられました。


レッスン記録 後日アップしますね〜


Posted on 2016/04/28 Thu. 17:59 [edit]

category: 日常/練習

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 2

最近凝ってるフォ〜〜  



きょうはピアノ練習に必要な? お腹を満たしてくれる記事です。


近所にベトナム料理のお店があって そこの PHO (ふぉー)にはまってる。

アメリカでは美味しいラーメンもなく、味は違うけど このフォーはpほ



私の ラーメン 願望をみたしてくれるありがたいものなのです。
(ね、美味しそうでしょ)

それでうちで 日本版 ふぉーを作ってみたら、これが我ながらに美味しい!

それ以来もう何回も作ってます。

麺は そうめんで代用。

そしてスープは これを使ってます。

campbells_chicken_broth.jpg
(日本にはあるかな〜?)

濃縮スープで水を加えるのですが、

いろいろ使ってみたけどこれが一番美味しい!

作り方:

ー とりもも肉 を ゆでておき、適当に切る。
ー スープは缶をあけ、水を同量加え加熱する。
ー そうめんはかためにゆでる。

ボールに 麺とスープをいれ、ゆでたチキンをのせ、 お好みで 細切りネギ
シリアトロ(コリアンダー)をのせる。
 
私はシリアんトロ大好きなので大量にのせます。



チキンの代わりに エビなどのシーフードでも美味しいはず!

ちょっと日本風だけど、エスニックな香りもし
結構いけますよ〜



Posted on 2016/04/21 Thu. 17:05 [edit]

category: アメリカ生活

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 12

レッスン 4/18  インベンションは”川の流れのように〜♪”  



前回の記事では スランプ中の私に みなさまからいろいろ暖か〜いお言葉をいただきまして

ありがとうございました。 

やはり練習する気が起きないときは ピアノを弾かないのが一番!!

他のことをして 気分転換!  ですね〜〜。

やっと春らしくなって、週末はワンコを連れて ハイキングに行ったり、

美術館で絵を鑑賞したりと

ピアノを弾かないでのんびり過ごしました。


しばらく弾かないでいたら、ムクムクと弾きたい〜というピアノ病がでてきました。

やっぱり私って ピアノなしでは生きられないのねっ!! ←大げさ

と痛感したのでした。

そして、きょうはレッスンでした。

練習不足のため、レッスン前に 目を血走らせながら 必死で練習。

あ、そういえば 前回のレッスン記を書いてなかったので、

思い出したら、前回の分も含めて書きます。


まずは インベンション11番。 まだ一生懸命 ’弾いてるだけ”の

棒弾きだったからか 弾き終わると 

先生が 『川の水は 川の 道/角度 にあわせて流れているでしょ。

川が 右に曲がるところでは 水も右に流れていくし、左にまがれば左に流れていく。

このインベンションも 音符が川だと思って、水が流れているように弾いてください』


確かに川が流れているような曲ですね。  それを意識して、もう一回弾いてみてと

弾いている横で 先生が 手を合わせて 川が流れるように 手をくねくねさせるので、

おかしくて途中で吹き出してしまいました。 先生ってほんと面白い!


他に注意されたことは、テーマが左に出てくるとき、 ”なんとなく” 弾いているので

ちゃんとテーマとわかるように弾くこと。

後半になると 休みなく 左にテーマがでてくるんですよね〜。

弾いていると 『今、左のテーマ聞こえましたか』

と何カ所も止められました。


自分はちゃんと弾いているつもりでも ちゃんと聞いてみると

テーマが全然歌えてないんですね。


先生に 『わかってはいるんですけど、両手で弾くと どちらかに 意識が集中して、

両方を聞くのが難しいです』

というと 練習方法を教えて頂きました。

1) 片手練習するのですが、弾いてない方のメロデーを頭の中で想像しながら
   弾く

2) 右手を いちオクターブ上に弾く。そうすると両方の声部がはっきりして聞きやすい。


モツソナ K330 きょうは 一楽章と2楽章を弾きました。

テンポは ALLEGRO MODERATO となってそんなに速くはないのですが、 

32分音符と64分音符が出てきて、指がもつれそうです。💦

32分音符があるパッセージのところ、『速くても一音一音はっきり聞こえないといけません』

そして、先生お得意の たとえが出てきます。



『雨粒が太陽に照らされて きらきら輝いているように』
             (52小節目からのパッセージ)

とか

『真珠のネックレスが切れて、真珠の玉が床にバラバラと落ちるおるような感じ』


とか

『 p でも一音一音がダイアモンドのように輝いて』

などなど。


12、 16、 81、82小節は

p なのに右手の32音符の一音めが休符なので弾きにくいところ。


私は 右手を曖昧に弾いていて、面白さが出てないとのこと。

左の上音でメロディラインを出して、 

右手は 32音符の真ん中の音にアクセントをつけて、


おどけてる様子を出す。

というような注意をうけました。


後は 軽快な一楽章と ゆっくりしたアリアのような二楽章では 同じ スタッカートでも

弾き方を変える。



そして、練習しないで行った 肝心のツエルニー40番


ちょっと長くなるのでこのことは後日書きます。







Posted on 2016/04/18 Mon. 23:47 [edit]

category: レッスン

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 12

スランプに突入!?  



ここしばらくピアノの練習に熱が入らないんです。

いろいろ考えることがあって、それで集中できないっていうのもありますが( ̄^ ̄)ゞ


”私って、ぜんぜん 上手くなってていよな〜”って最近感じるんです。

今 インベンション11番に入ったんですが、 難しい!

ユーチュブで グレン グールド氏と シフ氏のを聴いたのですが、

は 、 や、 い!

あのスピードの1/2 以下でも弾けない〜 ショックです。

指潜りが多くって弾きにくい音型なんです。  

ゆっくり練習とかもしてるけど 速く弾くとすぐ崩れるし。

手にしっくりこないというか、、、、



そして ツエルニー大先生の15番。半音階の練習曲です。

1ページ分の右手はさらいましたが、2ページめは左が主です。

もう先週からもらってるのに さらってません。

なぜかって、、、 弾きたくないから〜  

私的には面白くない曲で(ツエル先生、ごめんなさい〜!!!)

 やる気が起きない〜



みなさんこういう時どうしてらっしゃるかな〜

しばらく弾かないで他のことしたらいいのかな〜

レッスンがあるのでずっと放っておく訳にもいかないし。



インベンションとかツエルニーは、 一曲練習して、

ある程度弾けるようになって、

‘少しはテクニック上達したかな” と期待するのですが、

新曲に進むと まだまだ難しく感じて、

そんなとき ’上達してないのかな’って疑問を持つんですよね。



それにモツソナ。 1楽章 2楽章 譜読みも速く終わって、快調!と思ったら

細かい段階に入ると、ダウン 

弾いてて、”自分って下手くそ〜”って 思っちゃいます。

私の弾きたいイメージに私が弾く音がついていってない。

イメージ通りに弾けないので弾いてて楽しくない。

モツソナっていつもそうなんですけど、最初の 音符通りに弾くこと段階までは

いいのですが、

そこから掘り下げるのが難しいです。 

先生からは ”3楽章も見てきて” 

言われて ちゃんと弾けてないのに どんどん進んでいいのかな

という疑問もあるわけで。 人前で弾く想定でレッスンしてないので

先生としては ”いろんな曲を弾いてもらいたい” というのがあるんだと

思います。 

いろいろ考えてしまう今日この頃です。。。。ため息💦

Posted on 2016/04/11 Mon. 13:47 [edit]

category: 日常/練習

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 16

フジコさんの演奏  



あの『奇跡のピアニスト』 フジコヘミングさんのニューヨークリサイタルに

行ってきました!(4/4/16)


フジコヘミングさんの演奏については賛否両論があります。

ネットで見る限り 彼女への批評ははっきり言って ’賛” より 

圧倒的に ”否” のほうが多いように感じます。


私も 十数年前 カーネーギーホールの初ny リサイタルを聞いたときは

期待していただけに ???って思ったのが 本音です。



今回は 小さいホールであり、 チケットも関係者である

友人がくれたため、予定はしてなかったのですが、

急遽 行ってきました。



結論から言うと、大変 魅了されました。

細かいところで?というところはありましたが、

なぜか 彼女の演奏に引き込まれてしまいました。


プログラムがこれ





fujikopro.jpg


一曲目は 私の好きな シューベルトの即興曲第三番。

少しミスタッチがあったり、”あ、このフレーズはぶいた?!”っていうの

はありました。 が、 

彼女の演奏ってなんていうんでしょう、胸に ’ぐっ” ときたんです。

心に響きました。 美しいと思いました。



彼女の演奏の特徴って、メロディラインがはっきりしていて、

歌うのが上手いって思いました。音もすごく響くのです。



私の席からは はっきりと彼女の弾いてる手がみえたのですが

アクセントをつけたい音やメロディで響かせたい音など

手首をぐっと下にさげるようにして弾いてらした。



モーツアルトソナタ は 一般の弾き方とは違う
(私の先生から注意されそうな)

弾き方をされてる所もありましたが、全体的なまとまりで

それはそれで美しいのです。

とくに トルコ行進曲は勇ましく、エネルギッシュで 

弾き終われたあと

”わあ〜よかった” ”私も彼女のように 弾きたい” と思えました。 



彼女の18番である ラ カンパネラ は ネットで ”テンポが遅い” 

などという 酷評を目にしましたが、

彼女の歌い方は美しく それはそれで感動しました。


たぶん 若くて、全盛期のころはもっと速く弾かれてたのでしょう。

でも いくら速く完璧に弾いても 心に響かなかったら、 

生演奏を聞きにいく意味がないんじゃない?と思いました。


ショパンの革命も盛り上げ方がよくて、結構 好きでした。



アンコールは ドビッシーの 月の光。

一緒に行った隣に座っている友人が 演奏中 タオルを出して、

目頭を押さえてました。 

演奏のあと 彼女に “泣いたの”って聞いたら

 ”演奏を聞いてたら、いろいろ人生のことを思い出して” 

涙がとまらなかったそう。


私も思いました。 もっと若い頃に 彼女の演奏を聞いていたら、

私もネットで書いてあるような 批判的な意見をもったかもしれません。

でも、年を重ねて、家族をもち、なかなか思い通りにはいかない

子育てや、いろいろなことを経験した今、

(一般的にいうプロのお手本的な演奏ではないかもしれないけど)

彼女のピアノの良さがわかったような気がします。

というか、彼女の その曲に対する思いが ピアノを通して

伝わってくるように思えました。

〜 な〜んて今日はちょっとシリアスムードになってしまいましたね〜(#^.^#)




彼女の演奏スタイルというと ちょっとうつむきかげんで 

全く体を動かすことなく 同じ姿勢で ひたむきに弾く。 


まあるい背中も人生の厚みを感じさせます。

ほとんど目を閉じて弾いたと言うことは、音符と鍵盤が

ぜんぶ頭に入ってるのでしょうね。



あとで知ったのですが、彼女って、84歳なんですって。

それを聞いてまたびっくり。 その年で このプログラムをこなすとは

それだけですごい。 ”プロなんだから” といえば 当たり前のことかも

しれません。  でも一人の人間として、身体、頭も衰える 高齢で

一人ステージにたって、長いプログラムをこなしたフジコさんあっぱれです。




帰宅後 彼女の演奏の余韻に浸りながら思いました。 


私が84歳のとき 果たして、ああやって、ピアノが弾けてるでしょうか?


もちろん 今からどうがんばっても 彼女が弾いたような曲は弾けないでしょうが、


指も動くかな?  暗譜で弾ける曲が一曲でもあるかな?


ピアノを弾けるような健康状態かな? それより、まだこの世にいるかしら?


いろいろ自分の将来のことを少し考えさせられたリサイタルでした。



IMG_2967.jpg

観客の拍手に手を振って答えるフジコさん。かわいい!



最後に ゆうチュブで見つけた 彼女の演奏をシェアします。

イラストなどを書くことでも知られてるフジコさんの絵は

ピアノの演奏と同じく心温まるものばかりです。



エリーゼのために


Posted on 2016/04/07 Thu. 21:19 [edit]

category: コンサート

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 10

Profile

Latest journals

ブログ村

Latest comments

カテゴリー

カウンター

フリーエリア

Monthly archive

全記事表示リンク

リンク

友達申請

Display RSS link.

Search form

メールフォーム


▲Page top