海の向こうで孤独にピアノに励む日常

ピアノ再開! ピアノが大好きな主婦のピアノ日記

脳がパンクしそうなシンフォニア3番の練習  


シンフォニア 3番に時間を取られています。

いろんな方法で練習してるのですが,
2ページ目が未だに弾けない~


何が難しいかって、テーマが 休みなく 出てくる。

次から次へと目まぐるしく声部を変えて。


ソプラノとバスは 普通に弾けばいいから まだいいのですが

アルトは右手か左手で協力して弾くわけで・・・


 『ああ こんな時 手が 3 本あったらな~ 』 

なんてバカなこと思ってしまう・・・


難しいのは、 2 ページ目の半分あたりから。

アルトをの声部を 8 分音符や 16分音符ごとに

右で弾いたり 左で弾いたり ・・・・


両方の親指を使い分けながら駆使して弾かないといけない。

先の先を見てないと出遅れます。

ぼーっと弾くところだけ 見てたら弾けない。

アルトが弾きやすように手の位置を

前もって弾きやすい位置に 持って行かないと弾けない。


その上に、他の声部にあるテーマが浮き立つようにして・・・


あ〜 脳がパンクしそう〜


そして、苦手なのは 保持音なのに 

他の声部の旋律にもその音が紛れてて

一瞬離して また保持しないといけないところ。


  「保持音なんだから保持させてよ〜〜」


・・・・・とバッハ様にお願いしたいです。


バッハ様もちょっといぢわる・・・

なんかツエルニーさんに負けないいぢわるさ・・・・を感じてしまう。



久しぶりの 練習に疲れてしまったので

普段はあまり出さない 『ピアノコレクション』といういろんな曲が入ってる

分厚〜い本2冊を本棚からからだしてきて


一ページ目から 順番に弾いた。

調子に乗って弾いた時間 述べ三時間。

バッハのプレリュード、ショパンプレリュードやワルツ、
ベトベン月光、モーツアルトソナタ、
ドビッシーの夢、チャイコフスキーの四季、シューベルト などなど、、、、

クリスマスソングも出して来て弾いた。


やっぱ楽しいな〜 練習じゃないのは。


勝手に気ままに 弾きたいように、

想いに任せて弾くのって楽しい ♪ 

自分がフリーなった気分


****

気づいたのは 今まで 弾きにくいと思っていた曲が 楽に弾けるようになってたこと。

もちろん ゆっくりですが、、、

あと、前より、小指で 旋律を出せるようになってるかな?


これってバッハを頑張っている成果?


最近、進展がなく 行き詰まりを感じてだけに 嬉しかった。

でもこれは リラックスして弾いているおかげでもあると思う。

いろいろ考えて弾いたら、きっとまた弾けないんだろうな〜



さて、先週末の アメリカは感謝祭だったのでした。

うちでは、家族とお客さん 総勢14人分の食事の準備に大忙しでした。


20161129223448e20.jpeg
約10キロの七面鳥。 オーブンバックとやらに入れて焼くと、簡単です。

20161129223449f55.jpeg
首の肉と 肝はハーブや野菜で煮てスープにし グレービー用に。

20161129223447fdd.jpeg
いつものダイニングに 折りたたみのテーブルつけてテーブルセットアップ。

来客とこの準備に追われて、

先週は全然練習できなかったし、レッスンものびのびの状態です。






Posted on 2016/11/29 Tue. 15:46 [edit]

category: バッハ

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 4

インヴェンション*シンフォニアの共通点  


また更新が少し途絶えてしまいましたが近況です〜


今 シンフォニア3番に取り組んでいるのですが、

これが、 難しい!!

1番と2番から比べるとぐっとレベルが上がってるような気がします。


2週間ぐらい練習してますが、なかなかすらすら弾けない!!


特に2ページ目 (ヘンレ版です)



声部ごとに練習したり、2声だけ弾いたり、、、ここまではオッケー

でも3声を合わせると 崩れてしまって、

メロディーになる声部が浮かび上がってこないし、

指はこんがらがるし。 思わず鍵盤を ”ジャーン”とたたきたくなります。

(実際にはため息だけにとどめてますが)


インベンションとシンフォニアの共通点ていうのを発見。

私がいつも難しいと感じて、つまずく箇所ていうのが

だいたい 1ページ目の最後の段の章節から 

2ページ目の 上から2段目までの章節なのです。 

曲によって一段ぐらいずれることはあっても

だいたいそうです。

展開部で複雑になるとことですよね。


そしてその難所をすぎると、また最初の懐かしい?メロディーが

戻って来て、すこし弾きやすくなり、 最後の段でちょっと変化があり、


”もうすぐ終わり”と思って緊張して、とちるというのが私のパターン。



レッスンは月曜日に行ってきました。


スケールは B♭ 〜 運指が 1や5から始まらないスケールなので

ちょっとてこづりましたが、やっとおまけ合格。


コードのスケールは いつも同じことを注意されるのですがなかなかできません。

それは、 3音のコードを弾くのですが、 次のコードを弾く時、


弾く直前で、指で鍵盤を触ってコードの音がちゃんとあってるかどうか

確認してから弾くということ。


先生には 

『鍵盤を触ってから弾かないで、空間でそのコードにあう手の形を用意して、

’ドボーン” と一気に弾きなさい。』

と注意されるのですが、


なかなか空間でとっさに指が整えられなくて、


臆病者の私は つい鍵盤を触ってしまう。


『音が外れてもいいので バーンといきなさい』 といわれ、やってみたら


外しまくりでした 💦


先生が弾くのをみると、 手がまりのように バウンスしながら

正しい音をちゃんとつかんでます。


どうして、先生はあんなに早く、間違えないで弾けるのでしょう〜



ツエルニーは 17番。 分散和音なのですが 5や1で保持音を保ちながら

分散和音を弾く練習。 幸いなことにこれは2ページだけ ホッ

これは手首を柔らかくして 4音の分散和音を一つのモーションで弾くようにとのこと。

これって5や1の指でメロディーラインを出す練習なので


これを弾いたあと バッハを弾くとちょっと弾きやすくなったような。


コンソレーションは一通り最後まで弾きましたが、


実をいうと 譜読み状態のまま 持って行ったのです。


とってもきれいな曲なのですが、 あんまり起伏がなくて

弾いててつまらない (フランツごめんなさい!)


だから練習もゼロのまま 持っていきました。


はじめて弾くリストですが、私には合わないかな と思ってるところ。


逆にバッハは何時間弾いても飽きないのですが。



はやく 新しい曲に移りたいです。



Posted on 2016/11/18 Fri. 15:50 [edit]

category: 日常/練習

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 4

最近の進み具合  


ずいぶんご無沙汰しております。

また更新が滞ってしまいました。

私の場合、ブログ更新が滞るときって、いろいろピアノ以外で時間をとられて、

(物質的にも精神的にも) ピアノを集中して練習できてない時です。

弾いてても 頭は他のことを考えて 指を動かしてるってことが多い💦

みなさんってそんなことないですか?

なぜ集中してできなかったかということを書くと長くなるので

避けますが、一つ上げるとしたら 引っ越して 家で修理しないといけない所が

次から次へと出て来て、、、、

ネズミはでるわ、ヒーター(暖房)は壊れるやらで。

屋根も雨漏りしてて、 👀の飛び出るような お金が 

屋根の取り替えに飛んでいってしまいました。(涙)

それ以外にも子供のことでも心配なことがあって、

ピアノの前に座っても心はそこにあらずって感じでした。

まだいろいろなことが完全には 解決してませんが、

ピアノの前に座ったらピアノのことしか考えないように努力します。

あ、そういえば いつもブログを書くのに使っているマックさんも

最近調子が悪くって、一度 長〜いレッスン記録を書いたのに

『よし、これでオッケー』とセーブしようとしたら、『ぱっ』

と画面が消えてしまった💦という事件もありました。


せっかく時間と労力を使って書いたのがぱあになって、

もう一度書く気力も失ってしまいました。

途中でセーブしなかった私がばかでしたね〜

すみません、、、書かないといいながら、だらだらと愚痴をこぼしてしまいました。

(平謝り〜)

レッスンは2〜3週間に一回程度にいってます。

昨日はレッスンでした。 ハロウイーンだったので 

子供の生徒はみ〜んなお休み。

レッスン後に 普段は出来ない世間話を先生と出来ました。

先生はウクライナの出身ですが、 

ロシアの ニジニ・ノヴゴロドでピアノを勉強したこと。

先生の 先生の 先生は ネイガウスの弟子だったということ。

ベートーベンのソナタは嫌になるくらい弾かされたとか。



さて、私のピアノの進行具合ですが、

シンフォニアは1番、2番合格して、今週から3番。

苦しんだ ツエルニー40−16 は 先生にあきれられて 

『もう次にいっていいわよ』おまけ合格。

リストコンソレーションは シンフォニアとツエルニーに

時間を費やしてしまって、

一ページだけ譜読みして以来 全くというほど手をつけず💦 だったので

先生と一緒に譜読みしました。



練習曲に関して先生からのうれしい打診もありました。

ツエルニー40番のページをバラバラとめくってる先生。

『次はどうしますか? これ続けたい?』

『いや、好きではないですけど、一応最後まで終了したいとは思ってます』

『これって、つまらないでしょ。 他に違うのをやりますか?』

『、、違うのといいますと、、、?』


『ショパンの練習曲とか。 25−2とかどう? 大洋でもいいわよ

こちらの方が音楽的にも美しいし、ね、ツエルニーはつまらないわよね』

なんか、今日の先生、、、優しい! 😌


ショパンの練習曲を勧めてくれるなんて

嬉しかったけど、 

『考えさせてください。 弾きたいのはやまやまですが 私の実力ではまだまだ

だと思うので、もう少しツエルニーを頑張ってからにします』

やはり、難しすぎて、途中で放りだす自分の姿が目に浮かびますから。。。


でもツエルニーはやっぱりやだ〜〜〜〜〜〜








Posted on 2016/11/01 Tue. 17:31 [edit]

category: 日常/練習

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 8

Profile

Latest journals

ブログ村

Latest comments

カテゴリー

カウンター

フリーエリア

Monthly archive

全記事表示リンク

リンク

友達申請

Display RSS link.

Search form

メールフォーム


▲Page top