海の向こうで孤独にピアノに励む日常

ピアノ再開! ピアノが大好きな主婦のピアノ日記

2017のピアノ抱負 ①  


みなさま明けましておめでとうございます‼︎‼︎

今年もどうぞよろしくお願いします(^_−)−☆


・・と言ってもこちらはまだ大晦日です。今 旅行の帰りの車中でこれを書いてます。

フロリダではTーシャツ 短パンでも心地良い気候だったのに、今朝 北上して泊まったホテルを出る時 車が凍ってました。また冷凍庫の生活にに逆戻り、、、

車中は暇なので、ここで新年の抱負などを書き留めておきたいと思います。

♪♪♪♪♪♪♪♪

今年の前半はレッスンも練習も身が入って頑張りましたが、後半は 家探し・引越し諸々で、時間もエネルギーもすい取られ、特に 夏三ヶ月はレッスンも練習もゼロのあり様。

なぜピアノから遠ざかったか他の背景を考えてみると、時間がなかったのもそうですが、取り組んでる曲があんまり乗らない曲で練習する意欲がわかなかったという背景もあります。


そこで今年の抱負は〜 (^_^v)♪:


先生から勧められても自分の心に響かない曲は選ばない!

ピアノ曲はどれを聴いても素敵ですが やはり心に響く曲とそうでない曲はあります。
心に響く曲は 自分のガタガタな演奏でも その美しい音楽を自分で創造しているという喜びに満たされます。

人生は短いし、ピアノを弾ける時間も限られてる! これからは自分の感性にピーンと来る曲を基準に選曲したいと思います。



ツエルニーはしばらく(または半永久的に) 中止!


これは私にとっては大きな決断です。 今までツエルニーはピアノ学習の王道みたいな存在でしたし、大人になって始めた私の基礎を築くには必須!というこだわりがありました。

今40番の半分まできてますが はっきり言って苦痛です。(っていうかいつも愚痴を言ってるじゃないか〜)

音楽はつまらないし、同じような繰り返し多いし。
後半になると一曲も長くなり 譜読みにも時間が取られます。
インベンションが終わってシンフォニアになって時間を取られ、特にツェルニーにかけられる時間がありません。
ツエルニーは 弾いてもつまらないので練習しないし、レッスンの前日に一夜漬けというのがルーティン化してる今、続ける意味があるのか? というのが結論です。

それより、取り組んでる曲の中でできないところを取り出してもっと部分練習するという事でテクニック向上にあてたいと思います。


スケール/アルペジオ/コード の練習にもっと時間を費やす。

これもレッスン前に一夜漬けという事が多いのですが、ツエルニーのように譜読みに時間を取られる訳でもなく、やろうと思えばちょっとの合間を見つけて出来る事です。

楽譜もないロシア方式のスケールは、自分で考えてやるので 頭をかなり使います。頭を使うのはいい事ですよね(^_-)
この3つはピアノを弾くのに基本中の基本ですし 曲の調や手の位置などが自然にわかってくるとよく言われますよね。

少しづつですが最初に比べると 上達してると思うし、24調と長い道のりなのでこのまま 細く長く でも続けたいと思います。いつかスケールの達人になるのを夢見て・・# な〜んてね >_<



シンフォニアはこのまま続ける。


シンフォニアは短い曲ですが、いろんな要素が短縮されていて お得感ナンバーワン! (笑

私にとっては噛めば噛むほど味が出るスルメみたいな存在。
一音でも無駄にできない所が好き。 何回弾いても飽きないし、弾くたびに何か新しい発見があります。

ヘンレ番だと ほとんど注釈が無い分 自分で考えて ダイナミクスや曲想をつけられるのも面白いです。

それに なんといっても バッハの音楽は 「美しい」*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

…この一言につきます。


次回は選曲についてー

自分の能力と照らし合せて弾きたい曲の候補曲を書き出してみたいと思います。



みなさまよいお正月をお過ごし下さいね(^_−)−☆




Posted on 2016/12/31 Sat. 17:20 [edit]

category: 日常/練習

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 2

ピアノがなくてもできた練習  


寒〜い真冬の気候から 逃れるように今フロリダのネープルとういう所に来ています。

ここはまるで真夏のよう。 空が青い! 肌に触れる風も心地良い生温さ。
あちこちに茂っているヤシの木が南国情緒を増してる。

でもここに来るのは長い道のりでした。

うちからここまで1400マイル。 キロに変換すると 2200キロを車で来ました! 休み休みきたので家を出てから3日目にやっと到着!

夫が運転して 私はずっと助手席で座ってるだけだったのですが 長時間の車は
結構疲れるし、何もする事ないので退屈です。



「あーピアノの練習したいな。」と思っても
もちろん車にピアノはないし (当たり前)

この暇な時間を利用してできる事は.......


「そうだ 今取り組んでるシンフォニア3番の暗譜をしよう」

「暗譜」これは今の私にとって一番苦手な事。

つい5〜6年前までは 苦労もせず すぐ暗譜できたのに

今は何百回弾こうが 暗譜を試みようが

なかなか暗譜出来ないのです。

逃げ場のない車中は苦手な事をするいい機会!

とは言っても楽譜を持って来た訳でもなく、

スマホで楽譜をダウンロード。小さい画面で見にくい楽譜ですが、まずは右手から暗譜。

一生懸命楽譜とにらめっこして 音符を記憶する。
一通り覚えたら 目を閉じて 頭の中で記憶した場所を弾いてみる。
頭の中に鍵盤をイメージして手はエアプレイ。
わからないけど所があれば楽譜に戻って暗記して。
まるで学生時代に戻って試験勉強してるみたい。

頭の中だけで弾くのも限界を感じ
今度はスマホで「PIANO」という
ピアノが弾けるアプリを見つけて小さいピアノの鍵盤をダウンロードして弾いてみる。

小さい鍵盤なので 弾いてる指が他の鍵盤に触れたり、
画面も限られて 弾ける範囲も狭いので
キーボードの位置を移動させながらという困難な作業~_~;

それでも暗譜を頼りに弾いてる時は 暗譜が正しいかどうか音で確認出来るので ありがたい。
ここはなんかゲーム感覚。


頭に入ったと思っても結構抜けてる所があるんだな。


右が暗譜で一通り弾けるようになったら今度は左の暗譜。


やはり左は右より全然難しい。

何時間もピアノで練習してるはずなのに 左だけだと 旋律が新鮮に感じる所があって

「私って やはり練習で弾く時右の旋律しか聴いてないんだな」

という事が判明。


楽譜を何回も眺めてると 今まで 楽譜を見ながら弾く練習だけでは気づかなかった パターンとか 法則みたいなのを発見できて バッハの音楽って 論理的で数学的だなと実感。

なんとか片手づつの暗譜は完了!

「なんだ、その気になれば出来るじゃ〜ん」

とちょっと自己満足。

さすがにアプリの鍵盤では両手で弾くのは不可能なので
暗譜の成果はわかりません。

また何日かしたら 暗譜も抜けてるでしょうが、
家に帰って どこまで暗譜で弾けるかちょっとワクワクしてます。

ピアノがなくてもピアノの練習出来るんですよね〜


Posted on 2016/12/28 Wed. 22:27 [edit]

category: 日常/練習

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 0

レッスン記録 バタフライ奏法? 12/8  


久しぶりだった昨日のレッスンの記録です♪




シンフォニア3番



ゆっくりだと 通して弾けるようになったのに

いつものように 先生が横に ピタっとくっついて 

観察されてるので (言い訳!) だいぶ速く弾いてしまって、

音を外しまくりの演奏💦


「前よりよくなりましたけど、、、、」

「2声部づつ 練習しましたか? 声部が聞こえてないところあります」


「じゃあ、ここ弾いてみて。」といわれたところは


例の3の指を痛めた小節 (5)

20161210051349f0d.jpeg



右の 三度で和音を弾くところも難しいし、

離れた保持音のところも難しいところ。


先生がソプラノを弾いて私がアルトを弾く。

するとちゃんと2声に聞こえてくる。


「このラインを頭にいれて弾いてね』

といわれて弾いてみると、 『ちゃんと2声に聞こえましたよ』と先生。
 

  「ほらね、 頭でどう弾きたいかちゃんとわかれば

指は自然にそう弾くのです』


先生はいつも 「頭でわかってれば 指は自然に動く」


ようなことをを言われますが 頭で考えただけで弾けたら


みーんながピアニストになれるよね〜なんて考えたりして。



この曲はテーマがあちこちに移るのですが


「あなたがオーケストラの指揮者です。 

どこでどこの声部を浮き立たせるか頭で指揮をしてくださいね。」

また頭ですね。

また2声部づつ練習仕直しです~_~;



ツエルニー40ー17


保持音を浮き立たせる練習。

前回は譜読みの段階だったのですが

今回は弾き方の指導をうける。


  『保持音をベースとして、残りはワンモーションで弾きます。


      ほら、水泳であるわよね。こういう泳ぎ』


と言って、先生がジェスチャーしてるのは バタフライのモーション。


  『この保持音でドブンとおりたら、 最後の16分音符で上に上がります。


  逆に この最後の16分音符でどぼんとさがってたら


  次の音符にいけませんから〜』


     「はいやってみてください」


ゆっくり手首の動きに気をつけながら弾いてる横で


先生がバタフライの仕草をするので 笑いながら弾きました。


  「とにかく、正しい手の動きができるまで ゆっくり練習すること。


  それができたら、保持音が奏でる メロデーが流れるように弾く練習」




「はい、次はなんだったかしら』


本当はリストのコンソレーションなのですが、

この曲はゆっくりで平和すぎて (笑) 私に合わないので

先生には違う曲をやりたいと言ってありました。


それで 取り出した楽譜は、 モーツアルトのピアノ協奏曲20番

第一楽章のカンデンツア。

このカンデンツア大好きなんです。

いろいろバージョンはありますが 私が好きなのは

ベートーベン作曲のやつです。


短いし、弾けるかなと思って、

フリーのサイトからダウンロードしてこっそり譜読みしてましたが、

問題はフリーのって全然運指がない!‼︎


最後の方のユニゾンでの高速のスケールのところ。

左の運指がよくわからなくて

運指だけ先生に教えてもらいました。


「これ、面白いわね。いいんじゃない』

ということなので


練習をはじめたいと思います。



Gマイナーのスケール/アルペシオ/コード


間違えない速さでゆっくり練習。

あるペシオは2声を意識して弾く

*****

来週から 先生 カリブに旅行だそうで その後クリスマスに突入なので

次のレッスンは年明けてになるかもです。



Posted on 2016/12/09 Fri. 15:49 [edit]

category: レッスン

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 2

シンフォニア3番の練習経過  


おはようございます♪



今日の午後は久しぶりのレッスンで
朝からちょっと緊張してます。


レッスンの時間までの 家事 練習時間の配分を
シミレーションして レッスンに備えます。


問題のシンフォニア3番。

ゆっくりですが最後まで弾けるまでになりました。

練習方法で効果的だと思ったのは

スタッカートで弾くこと。



これって みなさんやってらっしゃる練習方法ですよね。

でも私ってほとんどやったことないんです。



気づいたんのですが

この曲って 手首をを柔軟にしないと弾けないということ。


「あたりまえ」って感じですが


今までは 曲の構成に気を取られて

手首がガチガチのまま弾いてました。


手首が固まってると パッセージは流れるように弾けない。


特に 途中で3指と5指で6度の和音があり16分音符を弾くパッセージ。


ガチガチの手首で弾きこなそうとして


指を無理に広げて 3指に痛みがでたり。


ひどくはないので 日常生活に支障はないのですが

気をつけないといけませんね。



とにかく「手首を柔軟」!!!!

というのがテクニック面での気をつけること。



テクニック以外では 各声部のラインを頭で歌いながら弾く。



集中力が入ります。

弾いてる時に 余念があると途端に崩れてしまう。



まだ能の処理能力が低いので ゆっくりしか弾けません。

練習で処理能力が上がったらスピードも出るのでしょうか?


難しいけど 少しづつ弾けるようになるのは楽しいです♪

Posted on 2016/12/08 Thu. 08:08 [edit]

category: バッハ

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 0

Profile

Latest journals

Latest comments

ブログ村

カウンター

フリーエリア

リンク

カテゴリー

Monthly archive

全記事表示リンク

友達申請

Display RSS link.

Search form

メールフォーム


▲Page top