海の向こうで孤独にピアノに励む日常

ピアノ再開! ピアノが大好きな主婦のピアノ日記

一にもゆっくり 二にもゆっくり・・・・  


今日は一日中雨の降る中レッスンに行ってきました。
うちから 先生のお宅へは 車で3~4分なのでいいのですが、やはり雨は嫌ですね〜

今日のメニューは:

☆ Gマイナースケール・コード・アルペジオ
☆ バッハ シンフォニア3番
☆ ショパン エチュード 25ー2
☆ モーツァルト 466 一楽章カンデンツ

スケールは 「練習してないのでゆっくり弾きます」
と前置きして始める。
今年の抱負で 「ツエルニーやめる代わりに スケールを頑張る」
と公言したのは誰なんでしょうね〜
いつも スケールは後回しにして 曲の方を練習してしまうので
結局時間切れで 練習しないというジレンマが・・・

でも驚いた事に 先生からは「悪くないわね」のお言葉。
今日も家を出る寸前に 超スローで 一回づつ練習したのが良かったのかな。
やはり超スロー練習はいいという事ですね。

シンフォニア3番

この曲って明るくって ちょっとコミカルなイメージがあって、
どうしても 自分の能力よりいつもテンポを速く弾いてしまうので、
速くならないように気をつけてるのですが、また速く弾いてしまって・・
曲が進むにつれ まるで蟻地獄に蟻が落ちていく様に 崩れてしまった。

先生は 前回より 声部がはっきりしてきたけど まだ ぼやっとしてるところがありますとのこと。
もう一回 ゆっくり 弾きなおし。先生が横で私のたりない声部を弾いてくれました。
まあ、前よりは随分良くなったということで これは今週で終了。
合格には程遠いですが もうながくやってますし~
本当に苦労した曲でした〜 ジャンジャン♪


「次は何にしますか?」

私は 順番に 4番をと思っていたのですが、
急に 「エミールギレリスが弾く バッハのプレリュード Bマイナーって聴いたことある?」
と言いながら楽譜を持って来られます。
2ページでシンプルな楽譜。

楽譜を見て、
「え、これって ショパコン3位のケイトリウちゃんが、
リサイタルで最後にアンコールに弾いてくれた曲じゃない!」
って大興奮しました。

その時の記事はここ ケイトリウ
あの美しさは今でも忘れられません。いつか弾きたいと思っていた曲です。
なんでシンフォニア4番に入る前にこの曲を弾く事にしました。
楽譜上ではいたって簡単そうですが、美しく弾くには相当の指のコントロールがいりそうです。


これが 先生が好きなギレリスの演奏。



ショパン 25ー2

ゆっくり最後まで弾きました。
右の三連符のリズムが二連符にならない様に気をつけて練習したはずなのに
先生からは 「二連符になってるところがあります。」

「それがこの曲の難しいところです。」

私が右を弾いて 先生が左 そして その逆で練習。

誰がつけたかわかりませんが「蜂」という名前があるこの曲。
先生と一緒に弾いたら 蜂みたいに聞こえました。
右と左のリズムの違いが蜂に聞こえる鍵ですね。
左手に惑わされないで 右の三連符のリズムが崩れない様に練習し直しです。

他の注意は 1ページ目で A♭メイジャーに変わる部分は A♭メイジャーらしく弾く事。
4ページ目の (a tempo) に戻るところからフィナーレ。その前に息をして。

モーツァルト カンデンツア


最初の右がトリルの所。遠くから 雷が近ずいてくる様にダイナミクスを小節ごとに変えて。

途中の左手が8分音符の三連符の所で
先生 「ここは前と違うところはなんですか?」
「マイナーに転調してます」
「それもそうですが、この左の 三連符が動きを出してます。
Agitation (不安とか焦り ? かな) を感じて弾いてください。」
「あ、ここ ラフマニノフの鐘の中間部でも先生同じ事言ったな」
と思い出す。

最後のユニゾンの音階でだ〜っと降りて ば〜っと上がる所。
ここ Piu Presto なのに アレグレットぐらいにしか弾けないので
先生に特訓をお願いしたかったのですが、次の生徒さんがきてしまいおあずけ。
「ゆっくり練習することね」
「ゆっくり練習してるのですが速く弾けません」
「それは直ぐ速度を上げるからです。徐々にね。」

やはり 忍耐強く ゆっくり練習なのですね〜
一にもゆっくり、二にもゆっくり・・・・










Posted on 2017/01/24 Tue. 19:01 [edit]

category: レッスン

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 4

トロイメライ~ 練習動画  


きょう 自分のアイフォンの写真アルバムを見てたら、
トロイメライの練習を撮ってたのを発見。

そういえば 去年、いやもう 一昨年になりますが
練習してたな〜 クリスマスツリーが映ってたので12月か〜
違う日付で3回撮ってて、一番ましだったのをアップしました。

相変わらず間違ってますし、音が抜けてるところもあります。
そして 最後の一番大事で、「ここぞっ!」というところで 大幅にとっちってるし、、、、
(こけないでくださいね〜)
短い曲でさえも とちっとしまうのも私の個性ということで
大目にみてやってください。(。-_-。)
将来 いつかまた取り組んで、リベンジしたいと思ってます。
そのためにも記録アップ!
*途中 バックグランドでしゃかしゃかいってる音はワンコが





きれいな日の出の映像でしょう〜♡
娘が富士山を登山した時の貴重な一枚を借りました。

実際の映像というと、パジャマ姿で 髪もぼざぼさの私の後ろ姿でした。
自分の後ろ姿ってあまり見る機会がないけど
「こんなにがっしりしてたなんて〜」とダブルパンチです。
あまりにも醜いので(みなさまのお目目を痛めてはいけませんので)
この富士山の日の出の写真とすり替えました。

やり方がわからなくて、くじけそうになりましたが、
約 1時間程 悪戦苦闘した後、やっと完成💦した代物です。
(肩がこった〜)

ちなみに 過去のトロイメライのレッスン記事はこちらです;
トロイメライ初回
トロイメライ2回目
トロイメライ3回目

最近の練習 ☆

バッハ シンフォニア 3番

暗譜しました。でも暗譜だと超ゆっくりしか弾けない。 これはなぜ?
結局 楽譜を見ながら弾いてます。
やはり、最後の 21小節からが難関で スムーズに弾けてないので
部分練習。
自分では 声部のテーマをはっきり出してるつもりでも
録音して聴いてみたら、ぼや〜っとした音でした。
ため息〜


ショパン エチュード 25−2

1−2ページをゆっくり練習。
右手の3連符が2連符に聞こえないように
頭にアクセントをつけ気味で練習してます。
ゆっくりだといいのですが、ちょっとテンポを早めると指がもつれる。
まだまだゆっくり練習が必要。
暗譜はできたのですが、右手の運指まではちゃんと覚えてなくて
まだ楽譜をちょこちょこ見ながらの練習です。


モーツアルト ピアノ協奏曲20番 一楽章のカンデンツア

練習成果と手のフォームなどを確認するために 動画を撮影したのですが
聴いてみたら、ドタバタ演奏で しばらく落ち込みました。
右の分散和音の離れた音をもっと滑らかに メロディーラインをもっと出すのが課題。
最後の半音階のスケールも速いのですが ゆっくりでも間違えるので
先生に次のレッスンで特訓してもらおう。



来週のあたまにレッスンの予約をいれたので、
週末がんばって練習する(予定)です。

Posted on 2017/01/20 Fri. 17:07 [edit]

category: 練習動画

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 8

年初め! レッスン 溺れてるシンフォニア (1/10)  


今日1月10日は 今年の初レッスンでした。

前回の記事 頭の中の音楽を音にするの続編を先にと思ったのですが

レッスンの内容を忘れないうちに先に書き留めておきます。



「 a happy new year!」 と挨拶を交わした後、
  
 「カリブの休暇はどうでしたか」との私の問いかけに


  「もう、そりゃよかったわよ。 一日中 暖かい海水にに浸かって、
   海藻のように ユラユラしてたわ。」


 「海藻」って・・・・・

体型からすると海藻にはには程遠いんですけど・・・・(*☻-☻*)

な〜んて 口が裂けても言えません (笑


こちらは 極寒期突入で 毎朝 マイナス 12〜15度

ぐらいまで下がる日が続いてので、先生が 海藻になって

海水の浸かっている姿を想像しただけで、ちょっと身体が

温まったような気がしました。


さあレッスンの始まりです〜


今日見てもらったのは、

  ☆ Gマイナースケールetc
  ☆ シンフォニア3番
  ☆ モーツアルトピアノ協奏曲 20番
    一楽章 ベートーベンカンデンツ
  ☆ ショパン エチュード 25ー2


たくさんアドバイス頂きました。


シンフォニア

出だしをかなり速いテンポで弾き始めてしまって

後に行くにつれて、どんどん崩れてしまった💦

弾き終わって 「ふう〜」と ひと息つくと、

 「いいところもあったけど, 何箇所か

人が溺れているような弾き方でしたね。 

ここと、ここと、、、」


  「溺れているような弾き方」っていう表現が あまりにも的確で

ふきだしてしまいました。

注意点は;

○ 全体的に一生懸命感が出すぎてるから もっとエレガントに。

○ 右手の冒頭のテーマ 一つの声部の中にもう一つ声部がある感じ。
  会話のように 音色を変えて弾くようにと。

○ 練習の仕方として 全体をゆっくり、弱音で弾いて、
  各声部の横の流れを聴きながら練習する。


モーツアルト 

 ○ 冒頭のトリルは規則性を持って

 ○ 15〜17小節 の右の 和音の連打の弾き方。

   私は 馬車を引いてる馬の走るひづめの音をイメージして
   スタッカートに弾いていたのですが、
   先生は スタッカートにしないで バイオリンが小刻みに
   弓を動かして弾いてるイメージでと言われました。

 ○ 19~25小節 ソプラノとアルトのデユエットのようなところ。
  似たフレーズが2回繰り返されるので 同じように弾かないで 弾き方を変えて。

○ 後半の Piu Presto

16分音符から 8分音符の三連符に変わる少し前に少しスローダウンして、
三連符に準備する

 ○ 最後から 8〜6小節前

右が C#のトリル 左が連符で音階を上下するところ。
連符から普通の16分音符に変わったとき は特に
1音ずつはっきりと。

楽譜はこちらを使いました。

ちなみにこちらが、巨匠の内田女氏の演奏です。
カンデンツアは 2:20から始まります。





ショパン 25ー2

先生には 「ツエルニーはやめました。その代わり これを少し譜読みしました」

と言って楽譜を出したら
「あ、これね」 と先生嬉しそうな笑顔。(良かった〜)

1ページ目だけ譜読みしたので 片手づつ弾きました。

右手 : 三連符なのに 2 連符に弾きがちなので 三連符の頭にアクセントつけて練習する。

左手 : 4分音符の三連符 (こんな言い方ではないかもですが)
    2番目の音が隠れたメロディーになるので意識してメロディーラインをつくる。


スケール/アルペシオ/コード


いつも普通の 上昇下降するアルペジオと 階段のようなアルペジオ (これも正しい用語がわかりません(^^;;)

「指が鍵盤の前のほうで弾いてるけど 自然なポジションだと
鍵盤のだいぶ奥になりますよ。」と先生。

そのようにしたらだいぶ弾きやすくなりました。

コードは、 三和音を4オクターブスケールの様に弾くのですが

「チョップしてるみたいに 1和音ずつ弾かないで 下から上まで線をつないで。」

(じゃあ 上昇の時は クレッシェンドして、 下降はデクレッシェンドすればいいか)

なんて思って 最初を ppで始めたら、

「ダイナミクスを変えるというより intensity (強度) を変えるんです。
ほら、ゴムがぎゅっと引っ張られるみたいに。」

" intensity = 緊張度 " と訳した方が 的確でしょうか。

音階を 上昇するにつれて緊張度を高めて行く。

ただコードをジャブンジャブンと弾いただけじゃダメなのですね。
















Posted on 2017/01/10 Tue. 22:49 [edit]

category: レッスン

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 2

頭の中の音楽を音にする ① 耳編  



先生にはいつも

「頭でこう弾きたいとわかってれば弾ける」

とか


「あなたの頭が指揮者ですよ」(特にバッハのような多声の曲の時)


などとよく言われます。


私としては 「頭にはあるんだけど それが表現できないんですよ〜」


と反論したくもなります。


「頭でコントロールする」っていうことは、自分の出す音を

よく聴くことが前提となりますよね。


でも自分では自分の音をよく聴いているつもりでも

録音した演奏を聴いてみるとが〜〜んときてしまう。


録音の音は  自分が聴いていた音とは全然違う音だし、


ちゃんと弾こうとするあまり、

フレージングにかけた、拍子に合わせた機械的な演奏だったり。


だから 弾いている時の自分の耳はあてにならない! ということ


を前提にして演奏しないとですね。


どうしたら 演奏中に自分の演奏を客観的に聴けるのでしょう?


私の場合、演奏に一生懸命で余裕がない。


テクニックに気をとられて、


実際の音ではなく 頭にイメージしてる音を

幻聴してるのでしょう。


だとしたら 余裕が出るまで 辛抱強く 

ゆっくり練習を徹底させることが近道?


「楽に弾けるようになるまでテンポあげてはいけない」


これも先生にいつも言われてることです。


あと、客観的に聴くのに 一番手っ取り早いのは


自分の演奏を録音することですね。


普段は録音録画はあまりしないほうなんですが


録音を聴いて 悪いところを頭に入れてから


演奏するだけでも改善したりするので


これからは 面倒くさがらないで 録音を

ルーティンにいれたほうがいいですね。


あれ、 私の本当に言いたかった事を書く前に長くなってしまったので

(これは序章〜)


続編に続きます〜


(近況)

今週 頭にレッスンの予約入れました! (一ヶ月ぶり、、、?


練習中の曲:

♪ シンフォニア3番 (だんだん形になってきたような・・・・)

♪ モーツァルトピアノ協奏曲k466 一楽章のカンデンツ
  (簡単そうでどてごわい〜)

♪ Gマイナーのスケール/アルペジオ/コード
  

♪  こそ連: ツエルニーやめたのでこそ練でショパン エチュード 25ー2
 を少し譜読み








Posted on 2017/01/08 Sun. 15:45 [edit]

category: 日常/練習

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 6

2017のピアノ抱負 ② 候補曲☆  



新年おめでとうございます♪

さて、前回の ピアノ抱負の続編で自由曲編♪ です。



2017年に取り組んでみたい候補曲を考えてみました。

◯ ショパン ー アンダンテ スピアナート

この作品は 「グランドポロネーズブリアンテ」とセットで弾かれるオーケストラとの協奏曲ですが ソロとしても弾ける作品。ショパンコンクールでもよく演奏されてるようです。




⬆ 私の好きなダニール君の演奏 は音が透明で果てしなく美しい!


「アンダンテ〜」の方は、ゆっくりした 小川が流れてるような清らかで美しく、そして「ポロネーズ〜」の方は迫力あって躍動感があり 聴いてると元気を貰えるような曲。

ポロネーズのリズムが民族的ですごくかっこいい。

「アンダンテ〜」は曲を通して左がアルペジオを奏でて右がメロディ。
テンポもゆっくりだしこれはなんとか弾けそうって事で候補曲ナンバーワン!

でも残念ですが 「ポロネーズ」の方は和音や飛躍が多く リズムも複雑で今の私には手が届かない曲。

いつかはポロネーズも弾けるようになるのを夢見ながらアンダンテ
に取り組みたい。



◯ 他のショパン 曲 では 練習曲から 1〜 2曲。


25-1、25-2 あたりならゆっくりだと弾けそう。

ゆっくり弾いたら意味ない?
いいんです。完全な自己満足zでも。

ショパンの美しい旋律を自分なりに気持ちよく弾ければ。

一応練習曲なので テクニックの習得の練習になるしね。



◯ マズルカから一曲ぐらい。

マズルカは今まで弾いた事ないですが リズムや民族的なところが好き。

なぜか哀愁をただわせる旋律にも惹かれます。


◯ ショパン プレリュートから一曲

去年は 雨だれをやりました。 プレリュードは一曲も短くて取り組みやすいので
またどれか弾いてみたいと思います。


◯ ラフマニノフ プレリュード

「鐘」を去年トライしましたが 途中で投げ出してしまった曲。

原因は最後の盛り上がるところのコードと何オクターブにも及ぶ飛躍の嵐。コードは 両手に10指を使うような重音の嵐で 単に譜読みを拒否したという所もあり。

でもコード進行やハーモニーの理論学習わかっていればそんなに難しくないはずなんです。

リズム的には一定して複雑ではないので取り組みやすいかも。

コードの基礎練習で 少し和音が弾きやすくなった気がするのでもう一度挑戦したいと思います。

欲を言えば、プレリュードからもう一曲〜〜
実現率は10%ぐらい?

ラフマニノフは壮大でロマンチックな所が大好きなのです〜



◯ モーツァルト又はベートーベンのソナタから一曲

モーツァルトの音楽って美しいだけでなく ひょうきんで可愛くって無邪気でコロコロ表情も変わって 劇を観てるよう。弾いてて楽しくなります。

ベートーベンのように長くもなくてこじんまりとしたところも好き。

どのソナタにするか未定ですが選曲だけでもワクワクしそう〜

正直言うと、ベト様は私にとっては重い存在。

音楽的には優れていますが、一曲が長いし テクニック的にもレベルアップという感じ。

全楽章やるとしたら一年はかかりそう〜〜。

でもすごく勉強になりそうなので 一楽章だけでも取り組んでみたいな。

それにベト様はモツ様のような陽気さがなく、シリアス シリアス!ですので弾く時心構えが必要かな。

一番好きなのはテンペストですが技術的にも私には難しそうなのでやるとしたら初期のソナタが無難と思ってます。ソナチネに載ってる49-2も好きな作品。



とりあえずはこんな感じでしょうか。

ピアノ曲は膨大にありますのであれもこれもと手をつけたいのは山々ですが練習時間も集中力も限られていますので あまり欲ばらない事にします。


レッスンは先生と私の旅行の都合で 最後のレッスンからすでに3週間も過ぎてますが 年が明けて落ち着いたらレッスンを予約しなきゃな 。

Posted on 2017/01/02 Mon. 17:01 [edit]

category: 日常/練習

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 10

Profile

Latest journals

ブログ村

Latest comments

カテゴリー

カウンター

フリーエリア

Monthly archive

全記事表示リンク

リンク

友達申請

Display RSS link.

Search form

メールフォーム


▲Page top