海の向こうで孤独にピアノに励む日常

ピアノ再開! ピアノが大好きな主婦のピアノ日記

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ショパンが先生だったら・・・  


今、 練習曲 25ー2に取り組んでます。
(ツェルニーと違って 練習曲でも 練習が楽しいな〜 ! ← 独り言)

二年ほど前に ほぼ遊びで 25ー1 エオリアンハープに取り組んだ時は、
音域が広く飛躍がたくさんあるアルペジオに、手はひきつるし、
途中の右と左のリズムの違いにお互いにつられて 変なリズムになるしで、

頑張りましたが 自分の能力では無理と断念、あえなく退陣 ( ̄^ ̄)ゞ

そして、この25ー2は打って変わって 音域が狭〜い。

半音階的な音域をちょこちょこ行ったりきたりで 指がもつれる、もつれる・・・

「蜂」と名前がつけられてるこの曲、確かに右手は蜂がブンブン
飛んでるように聞こえます。
それでいて 左手は大きく飛ぶので 気をつけてないと手がひきつる・・
鍵は親指の脱力。
離れた音がに指だけで行こうとすると 親指にピーンと
力が入ってしまうので、注意、注意。


ところで、前から持っていた この本。

201702030454380b5.jpg


25ー2の 効果的な練習法はないかなと探していて、
「そう言えば!」と思って 本棚から引っ張り出してきました。
本を開けてみると 文のあちこちに マーカーがついてる。

 あら、 ちょっと読んだんじゃん。。。。 忘れてました。

この本、タイトルの通り、ショパンの弟子だった人たちが
ショパンがレッスンでよく言っていた事などを集めてある本。

残念ながら25ー2の 具体的な練習法はは書いてなかったのですが
一般的に そして特に ショパンのピアノ曲を弾くのに 心に留めておくと
ためになることが書いてありました。

まだ最初の方しか読んでないのですが、かいつまんでみなさんにシェアします。


まず、 ショパンが基本的なことで一番注意したのは

   「鍵盤は叩いちゃいけない!」

当たり前ですが これを一番注意してたそうです。

  「指は手の重みですとんと軽く落とすだけ」

  「打鍵のタッチはあくまで軽く」がモットーで

タッチによっていろんな音色をだす習得を重要視してたそう。

  「指先の神経を敏感にして 繊細なタッチで弾く」

だから 指先の感覚を無視してやるような 指の運動みたいな
機械的なエクササイズは 指先の感覚を麻痺させるので 敬遠してたそう。

力を入れない楽なタッチによって ピアニシモも フォルテも 出すようにと言っていた
ショパン先生自身は なんと ひとつの 鍵盤の打鍵で 20種類の音色を出せたそうです。
どういう風にすれば 20種類もの音色がだせるのでしょう〜 

あと脱力に関しては、

「手、腕だけではなく頭から 足先まで楽にして、体の動きは最小限に」

レッスンでは 生徒にが弾いてる横で「楽に、楽に」というのが口癖だったようです。

  「ゆっくり レガートで練習する」
これも生徒によく言っていたこと。
レッスンで 生徒が弾けないパッセージがあって つまずいていると、

  「こうです」
と とてもゆっくりと弾いて 見せてくれたそう。

手首の柔軟を習得するためにに スタッカートで練習するのも勧めてていたとか。

   「ハエが羽をこするように」    とか
   「バイオリンの弦をはじくように」

というような比喩を使ってたようです。

手を急いで上げてはいけないとも。(フレーズを弾いたあとかな?)

生徒が 速く上げてしまうと、

  「鍵盤でやけどしましたか」
と聞いていたそうです。

ショパンって結構 面白かったんですね。

一番目からウロコだったのが、

「手の支点は人差し指。手をパカっと広げた時に、親指と人差し指の間で半分に分かれる」

私 手の中心は 中指と思っていました。
何年もピアノやっていて、おばかさん〜なんて自分の頭をたたきたくなりますね。

本によるとショパン先生のレッスン料は 非常に高額だったそうです。
当時の 通貨でで20ゴールドフラン 。 
ショパンが生徒の家まで出張した場合は 30ゴールドフラン 。

現在の通貨に直すとどのくらいの価値があるかはわかりませんが
(わかるかた教えてください)
一般庶民には手が出せないような金額だったことは確かです。

リサイタルや作曲からの収入は少額だったので、
レッスン料が主な収入源だったらしいのです。 
ショパンも生きるためには しょうがなかったのですね。

でも ショパンと同じ時代に生きていて、高額でもレッスンを受けられる環境に
いたというのは 今から思えば 貴重なことですよね。
タイムマシンがあったら 一回でいいから ショパン先生に あって
この 25ー2の手ほどきを受けてみたいです。

欲を言えば、モーツァルトにも会って、モツソナを見てもらったらどんなにいいでしょう。
ショパンもモーツァルトも自作の曲をどういう風に 演奏したかも聴いてみたい!

そこで皆様に 質問です。
もしタイムマシンがあって、時代をさかのぼれるとしたら
どの作曲家に 逢いたいですか?

レッスン受けられるなら、どの曲をみてもらいたいですか?
作曲家だけじゃなく、歴代のピアニストでも構いません。

私は よくこういうことを妄想してしまうのですが、
こんなこと考えるのは私だけ?!

皆さんもこんなこと考えることがあるのかなって思って。


どんどん、どしどし、コメントお待ちしてますね〜。



Posted on 2017/02/02 Thu. 15:24 [edit]

category: ショパン

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 14

Profile

Latest journals

Latest comments

ブログ村

カウンター

フリーエリア

リンク

カテゴリー

Monthly archive

全記事表示リンク

友達申請

Display RSS link.

Search form

メールフォーム


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。