海の向こうで孤独にピアノに励む日常

ピアノ再開! ピアノが大好きな主婦のピアノ日記

チョソンジンのN Y デビュー盛況に終わる  


レストランを出て、会場に着いた時は、もう7:30を過ぎていたのに
入り口には チケットと手にした人々の長蛇の列。
「あれ、8時開演じゃないの? 普通だったら もう 大部分が会場に入ってるはずよね~」
なんて話しながら 混雑した 入り口を抜ける。
チケットを 見せると 「5 stairs up!」 と言われ
はーはー言いながら 混雑した階段を5階ぐらい上がって
やっと自分の席についた💦
席はドレスサークルなのでずいぶんステージを見下ろす席。

IMG_4298.jpg>
高所恐怖症の私にはちょっと怖い場所

ホールを見渡すと、すでにほとんど満席。
席はソールドアウトという事。
さすが、ショパンコンクール一位獲得者! ニューヨークデビューということで
みんなまずは一見にしかずって感じで来たのかな。


一曲目は ベルグ (1885ー1935) のピアノソナタ1番

初めて聞く曲。というか 作曲家の事も無知のまま リサイタルに臨んでしまいました。
聴いた感じでは コンテンポラリーなのでつかみどころのない音楽。(私にとってはです)
後に プログラムを読んでみると ベルグは 「ウイーンモダニストでは一番のロマンチック (ロマン派)
勉強不足なので この和訳には自信がないのですが・・・
シェーエンベルグは彼の弟子で ベルグのことを「従来の 形式、ハーモニー、
メロディーなどにこだわらないで 彼のパーソナリティに基づいた作曲した」
と言ったそうです。

シューベルトのソナタ19番 D.958 C minor

死期が近い時に作曲されたというソナタでは最後の3目曲の一曲とだけあって
なんか ずしずしと 何かが迫ってくるような 曲。
でも シューベルトなので 重くはなく、歌手が語りかけるように歌ってるように感じた。

初めて聞いた曲なので チョさんの演奏と他のピアニストの演奏を
比べることはできなかったのですが
とてもリリカルに演奏されてると思いました。

そして、休憩の後は 私のお待ちかねの

ショパン 24のプレリュード op.28

正統なショパン弾きだなと感じました。
私も弾いた事のある雨だれは 第二テーマの暗いところも
思ったよりおとなしく弾いてたな~思えば、
最後のop.28-24 Dminor は 激しい、激しい!
最後の低音をを 「バーン」と弾くところは
イスの一番左端によって、座ってる位置から90度回転したような
(背中を観客席に向けるような)感じでフィニッシュ。
今にも椅子から落ちそう! とまではいきませんが、それまでほとんど
身体を動かすことなく 姿勢正しく弾いてたのでびっくりした。
ショパンが作曲したとは思えないほど 最初から最後まで激しいこの曲。
かっこいい! の一言に尽きます。
いつか弾いてみたいな〜 死ぬまでに弾けるかな? きっと無理でしょう。悲しい事に・・(ToT)/~~~

やはりショパンはいいな。

IMG_4300.jpg

アンコールは:

☆ ドビッシー 月の光
☆ ショパンバラード 1番
☆ バッハ フランス組曲5番からサラバンド

私の一番気に入ったのは バッハでした。
ほとんどペダルも使わずに弾かれてましたが、なんとレガートで音が響くこと。
ピアニシモの音が特に美しかった。

韓国人のピアニストとあって、観客はたぶん80パーセントぐらいは韓国の方みたいでした。
私の席の周りも韓国のおばちゃんだらけで、飛び交う言葉は韓国語。
たぶん 韓国からツアーでわざわざきたおばちゃんがたもいるだろうな。
あの韓国パワーは凄かったなと思いながら
家路につきました。



Posted on 2017/02/28 Tue. 11:10 [edit]

category: コンサート

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 4

Profile

Latest journals

Latest comments

ブログ村

カウンター

フリーエリア

リンク

カテゴリー

Monthly archive

全記事表示リンク

友達申請

Display RSS link.

Search form

メールフォーム


▲Page top