海の向こうで孤独にピアノに励む日常

ピアノ再開! ピアノが大好きな主婦のピアノ日記

”オペラを聴きなさい”  


さっきプリンストンから帰ってきたところです。

プリンストンと言えば あの有名大学 プリンストンがある町。

princeton.jpg
夜のプリンストンの街

プリンストンの街はヨーロッパの香りのする古くて重厚な建物が並ぶ
素敵な所。
大学が隣接してるダウンタウンは素敵なお店や、レストランがひしめいてて
歩いてるだけで楽しい ♪

通りには あちこちに バックパックしょって、歩いている学生の姿が。
一見、普通の学生に見えますが、プリンストンに通ってるんですよね。
すごいな。優秀なんだね〜なんて思いながら
車から眺めてました。

プリンストンに遠出したのは 内田光子さんのリサイタルに行くため。
リサイタルが催されるホールは、大学の一角にある。
小さいながらも、内田光子さんをはじめ有名な音楽家
もよく演奏しに来てくれるホールなんです。
5月にはランランがガラで演奏しますっていうポスターも発見!

モーツアルト弾きで有名な内田さん。
彼女が演奏、指揮するモーツアルトのピアノ協奏曲の演奏は何度見た事か。。。
って、YouTubeでですけど。。。
まだ生で聞いた事がなかった
その内田さんのリサイタル。
この日をとっても楽しみにしてました。

プログラムは バーグ、シューベルト、休憩、そして、モーツアルト、シューマンのソナタ。
(詳しくはプログラムの写真を見てくださいね。)

感想は 思ったより、とっても小さな音で弾いてらした。
とっても繊細な まあるくって、やさしい音。

そして、一番印象に残ったのは アンコールで弾かれた 
モーツアルトのk330の第二楽章。

美しい〜〜〜。こんな風に音を出すんだなって。

私が弾いたら、単調にただ音符を並べたような弾き方になってそうなところも
一音一音が意味をもってるような弾き方でした。

演奏も山場を終え、もうすぐ終わるって言うところで

ちょっとパプニング〜!

それは 最後にもう一度 第一テーマに戻るところの直前で起こりました。

ある観客が、”もうおしまいだ”
と思ったらしく、拍手を始めたのです。(o゚□゚)o≪≪≪ワアァァァァァァッ!!

第一テーマに入る前に 目を閉じて、
静寂の余韻を聞いてらした内田さん
ぱっと顔色が変わったかと思うと、客席の方を向き、にらむように
 “シ〜!!” と言って 一喝。 
それは一瞬の出来事でしたが、
はっきり言って、、、、怖かったです。(゚△゚;ノ)ノ

でもそのあと何も無かったかのように 最後まで弾かれた。

演奏が終わった後は、観客の反応が嬉しかったのか、にこにこして
何度もステージに出てこられて、ほっ 💦


mitsukouchida.jpg


IMG_2838.jpg

演奏のあとはサイン会。
わくわくして列に並びました。質問することを復唱しながら。
 
海外生活が長い内田さん

   “日本語わかるかしら”

とか あのパプニングのあとだったので、

 “質問なんかして、怒られるかな〜” なんて考えて とちょっとドキドキ。

私の番がきた。”演奏素晴らしかったです。一つ質問してもいいですか?”

   ”はい、どうぞ”

”私はモーツアルトを勉強してますが、(←偉そう!) 内田さんがモーツアルトを弾く上で
一番気をつけていることは何ですか?”

   ”ありません。” っときっぱり。

え〜 ない!?!? (;゜0゜)ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

答えたくないのかしらと思っていたら、

付け足してくれました

”ないです。でもね、自分の出す音をよく聴く事。それが一番。

そして、オペラを聞くことね。
オペラをいつも聴いてください。”

は〜 内田さんのあの美しいモーツアルトの調べは オペラから来てるのですね。

音楽的に弾くには自分で歌ってみるといいと言いますが、
プロのオペラ歌手のほうが全然いいですよね。

歌えとかオペラを聞けとか言う事はよく聞きますが、こうやって、
実際に素晴らしい演奏をする
プロの方からのアドバイスだと 説得力あります。


また一つ勉強になりました。

今週は ダニール君が弾く プロコフィエフのピアノ協奏曲のコンサートがあります。

楽しみです。


にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
関連記事

Posted on 2016/02/21 Sun. 14:50 [edit]

category: コンサート

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 4

コメント

No title

内田光子さんの演奏、いつか生で聴いてみたいと思っていたので、うらやましいです!
ハプニングのところ、読みながら私まで
ハラハラしちゃいました^^;

いつもサイン会で演奏者に質問されてるんですか?
とても緊張しそう・・・でも、本当に貴重な生のアドバイスですね!!
また楽しみにしています♪

URL | おくりん #-
2016/02/24 09:23 | edit

おくりんさんへ


おくりんさん、どうもです^^

おくりんさんも内田光子さんのピアノお好きなんですね。
私も初めてでしたのでうれしかったです。

内田さんはパプニングでは怖かったですけど、それ以外はとっても控えめで 
丁重な方だという印象でした。


> いつもサイン会で演奏者に質問されてるんですか?
> とても緊張しそう・・・でも、本当に貴重な生のアドバイスですね!!
> また楽しみにしています♪

アメリカのコンサートの後のサイン会っって、結構カジュアルなんです。
日本では有名ピアニストのサイン会となると、エイジェントの方々に
ガッ とガードされてて、話す機会なんて、ないですよね。
アメリカは一緒に写真とってくれたり、気軽にちょっと話もできたり。
質問するのは 緊張しますけどね〜

URL | ここまふぃん #-
2016/02/24 10:44 | edit

No title

お~ 世界の内田とお話しましたかっ!(興奮
すごいすごい

彼女のモーツァルトは、ほんと美しいよね。
そっかオペラか・・・ オペラは私の母の得意分野だわw
小さい頃から浴びるほど聴いたけど・・・どちらかというと
プッチーニが多かった気がする。

URL | ゆにくあ #-
2016/02/24 16:40 | edit

ゆにくあさんへ

> お~ 世界の内田とお話しましたかっ!(興奮
> すごいすごい

やはり、”世界”の内田!? 話し方から(きれいなブリティッシュイングリッシュを
話される) 聡明な女性という印象を受けました。


> そっかオペラか・・・ オペラは私の母の得意分野だわw
> 小さい頃から浴びるほど聴いたけど

内田女史の ”オペラを聞いてください”というアドバイスを
聞いたとき、ゆにくあさんを思い出したよ。
ゆにくあさんの音楽性のルーツはそこだね!
音楽の英才教育をしてくれたお母さんに感謝だね〜 ☆

URL | ここまふぃん #-
2016/02/25 17:46 | edit

コメントの投稿

Secret

Profile

Latest journals

Latest comments

ブログ村

カウンター

フリーエリア

リンク

カテゴリー

Monthly archive

全記事表示リンク

友達申請

Display RSS link.

Search form

メールフォーム


▲Page top