海の向こうで孤独にピアノに励む日常

ピアノ再開! ピアノが大好きな主婦のピアノ日記

ツエルニーもやった!ショパンコン3位のケイト・リウ の弾くバッハの美しさに涙する  

『ツエルニーもやりました!』


前回のショパンコンクール で 見事3 位を獲得した ケイト リウちゃんのリサイタルが
あったので行ってきました。(3月13日)

会場は、マンハッタンの、5番街にある とある教会。
セントラルパークを臨んでたたずむ、この重厚な美しい造りの建物の中には
小さいながら音楽ホールがあって、 ステージにはスタインウエイの
フルコンが常設されてます。


ヤングアーテイストシリーズの一環で、若い有望なピアニストに演奏する機会を与える
無料のコンサート。 9月にこのシリーズの予定が組まれた時は、まだショパンコンクールの
前で、彼女も無名のピアニスト。

ショパンコンクールはウエブキャストでちょくちょく見てました。彼女のことは 最初のほうは
あまり気にもとめなかったのですが、確か、第三ラウンドぐらいで スケルツォか ソナタ3番を
弾いたときにその音楽性とエネルギーに圧倒されたことを覚えています。

だから、3位の発表以来、この日をとっても楽しみにして臨んだコンサートでした。


会場に到着して 鍵盤もペダルも見える席を確保。

プログラムは これ↓

Kateliu.jpg

前半は、モーツアルトソナタ k283、それに続いて、ブラームスのバラード4曲。
インターミッションをはさんで、後半は、 ショパンノクターン op62-1
ソナタ3番!



ウエブキャストでみるより、実際はずっと細身のケイトちゃんでしたが、

細い腕と上体から奏でられる音はとってもパワフル。モーツアルトはとっても繊細な音でした。

どれも素晴らしかったのですが、一番心に残ったのは

アンコールに弾いてくれた バッハの プレリュード ロ短調。

単純な旋律なんですが、この上ない美しさでした。

コンクール3位の賞の他、マズルカ賞も獲得した彼女ですが、

マズルカはプログラムには入ってなかったのはちょっと残念。



演奏が終わったあと、司会者と一緒に出て来て、質疑応答がありました。

質問の一つに、ショパンコンクールで3位で彼女の名前が呼ばれたときに、

”え、だれ?”みたいなびっくりした表情をしたのはなぜ?という質問に、


『多分 第一ラウンドで落ちると思ってたし、
ファイナルに残るなんて夢にも思ってませんでした。

だから 両親にも  ”来なくて、いいから。 もし、万が一 ファイナルに進んだら、

           飛行機のチケットとって、ドレスも一緒に持ってきてね” 』

と言ってあったそうです。 なんか可愛いですね。

IMG_2875.jpg


出てくる観客に 挨拶するため、ホールの出口でたたずんでいたケイトちゃんに

サインをもらい、そして、質問もしました。

『テクニックをつけるためには、どんな教材を使ったらいいでしょう?』

と聞くと、ちょっと戸惑ったような顔。

『そうですね〜 ショパンのエチュードかな〜? 私はとっても苦労しました』

『ショパンは難しいですよね。 ショパンの前は?』 

『モシュコフスキーの練習曲もやりましたね』

、、まだ食い下がる私。

『その前は? ツエルニーとかやりましたか?』

はい、ツエルニーもやりました

やった! と心の中で 喜ぶ。 

やはりショパンコン3位をとるようなケイトちゃんでも

ツエルニーから始めたんだ! と 

彼女のような才能のある人と比べるのも非現実的ですが、

今 ツエルニーに苦しめられている私の気休めにはなったかな〜


ショパンコンクールでのケイトちゃんの演奏 ソナタ第三番



アンコールのバッハプレリュード 
ケイトちゃんの演奏は見つからなかったので他の人の演奏ですが
ぜひ、聞いてください美しくて涙がでました!
(生のケイトちゃんの演奏は もっと美しかった)



関連記事

Posted on 2016/03/22 Tue. 00:47 [edit]

category: コンサート

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 10

コメント

No title

ここまふぃんさん こんにちは^^
コンサートルポ楽しく読みました♪
バッハプレリュード綺麗な曲ですね~生で聴くと本当に美しく感動するでしょうね~いいな~(#^.^#)
この曲のメロディどこかで聞いたことがあると思い少し調べてみたら、シロティという作曲家がバッハ平均律Ⅰプレリュードホ短調(10番)を編曲したものなんですね。
ロ短調の右手メロディはバッハ平均律原曲では左手なんですよ。
バッハの原曲は聴かれました?こちらと聞き比べても面白いですよ。

URL | amy #-
2016/03/22 18:20 | edit

amy さんへ



amy さん こんにちわ。コメントありがとうございます。

> この曲のメロディどこかで聞いたことがあると思い少し調べてみたら、シロティという作曲家がバッハ平均律Ⅰプレリュードホ短調(10番)を編曲したものなんですね。


さっそくユーチューブで平均律10番聞いてみました。確かに同じメロディですね。
編曲されたものなんて知りませんでした。

ロ短調の方、ネットで フリーの楽譜を見つけました。原曲より随分とシンプルに編曲してありますので、
私にも弾けそうな感じです。

どちらのバージョンも息をのむほどバージョンも美しいですね。やはりバッハ先生は偉大だ〜〜v-341

情報ありがとうございましたv-344


URL | ここまふぃん #-
2016/03/22 21:41 | edit

No title

ケイトリウさんのコンサート行ってきたんですね。うらやましい!私も彼女の弾くショパン、大好きです。あれが生で見れたなんてほんとうにうらやましい!!本当に細身で、でも指がながーくて素敵なピアニストですよね。私もいつか生ケイトリウさんのコンサートに行ってみたいです。

ツェルニー、みんなが通る道ですよね。私は今全然ツェルニー弾いていないので、ちょっと「ツェルニーやらないでいいのかな?」と罪悪感を感じてみたり(汗 

URL | Roberto #BcpIvcaA
2016/03/22 22:46 | edit

Robertoさんへ


Robertoさん も ケイトリウちゃんの ショパン好きなんですね。

私も コンクールの時、彼女を見つけて、YouTubeで見ていたので、生で彼女の演奏を聞くの
楽しみにしてたんですよ。彼女の演奏が detail にすごく凝っていると思いました。
インタービューとかから伺える人柄とか 控えめな普通の子って感じでした。


> ツェルニー、みんなが通る道ですよね。私は今全然ツェルニー弾いていないので、ちょっと「ツェルニーやらないでいいのかな?」と罪悪感を感じてみたり(汗 

Robertoさんの場合、 もう40番も終わられてるということなので、次に進まれたらどうでしょう〜。
ケイトちゃんがいう、モシュことか ショパンのエチュードとか。
でも練習曲って、時間をかなり費やすので、今のRobertoさんには大変かもね。(私もそうでしたから〜)

URL | ここまふぃん #-
2016/03/23 07:45 | edit

No title

こんばんは(#^.^#)。
このピアニストさんのショパコンの批評で
時々、うつろになり幽霊にでもなったかのように
なるというのが受けました(笑)。
3位だけあって素晴らしいです。

URL | 真由子 #-
2016/03/24 09:07 | edit

真由子さんへ


真由子さんこんにちわ♪

> このピアニストさんのショパコンの批評で
> 時々、うつろになり幽霊にでもなったかのように
> なるというのが受けました(笑)。

確かに 弾いてるとき陶酔しきった表情になるときありますね。
”幽霊のように” というのは ぴったりな指摘ですね。
笑っちゃいまいした。

> 3位だけあって素晴らしいです。

そうですね。 世界中大勢のすぐれたピアニストの中から
選ばれた3位ですものね。 素晴らしいです。

URL | ここまふぃん #-
2016/03/24 14:05 | edit

No title

さすがここまふぃんさん!今回もしっかり質問してきたんですね。コンサートで演奏家に質問する率 何割くらいですか?それもすべてここまふぃんさんのピアノへの情熱、少しでもヒントを得て進歩したいという向上心の表れですね。ほんとすごいなあ~感動します。

ケイトちゃん(笑)って 演奏中の、 自分の世界に浸りきっている表情が印象的ですね。動画ではあまりかざりっけがなく、天然ちゃんっぽい印象がありましたが、生演奏そんなに素敵なんですか?いつか生で聴いてみたいなあ~

URL | 私はタワシ #5eVrhZok
2016/03/27 07:48 | edit

タワシ様〜


タワシさんどうもです〜♫

> コンサートで演奏家に質問する率 何割くらいですか?

質問するようになったのは最近です。一応、質問できるような状況かを判断して。。。
サインをもらうときもわざわざ最後のほうに並んで、待ってる人を待たせないようにとか。
そして 質問するのは、私のお気に入りのアーティストだけです。
キーシンさまとは質問はしませんでしたが、世間話みたいなのはしました!


>それもすべてここまふぃんさんのピアノへの情熱、少しでもヒントを得て進歩したいという向上心の表れですね。ほんとすごいなあ~感動します。

そんな、感動してもらえるようなことではないですよ〜。 お気に入りのアーティストと直接話ができるのが
嬉しいだけです。

>
> ケイトちゃん(笑)って 演奏中の、 自分の世界に浸りきっている表情が印象的ですね。動画ではあまりかざりっけがなく、天然ちゃんっぽい印象がありましたが、生演奏そんなに素敵なんですか?いつか生で聴いてみたいなあ~

そうですね。お化粧っけもないし、”幽霊のような表情”っていうのがぴったりですね。
でもピアノ以外では、笑顔の可愛い、普通の女子でしたよ〜
生演奏は、録音で 拾えない微妙な音質などが 聞こえますし、”ここでは、あんな音を出すんだ” 
なんて、すごく勉強になります。

近かったら、タワシさんと一緒にコンサート行って、一緒に質問しましょう! (笑)

URL | ここまふぃん #-
2016/03/27 22:42 | edit

No title

ケイトさんのリサイタルに行ったのですね!!!うらやましい!!!
ケイトさん、アメリカのフロリダで行われるショパンコンに出てなかったので、全然注目してなかったのですよね。3位に入られてびっくりしましたが、(エリック・ルーが上位3位に入ると思っていました)彼女の演奏、すごく素敵!(ちなみにうちのピアノの先生の元教え子も3人フロリダショパコンに出場して、2人がセミ・ファイナルまで進んだのですが、残念でした。)

ここまふぃんさん、食い下がって質問を聞いたの、すごい! うちの子たちもやっぱりちゃんとチェルニーやっぱりやらせたいなぁっと思いました。エマは前にお願いしてやってもらったのですが、先生があんまり大事じゃないと思うものは後回し、でコンペ準備に忙しくなったら時間がない、という感じです。でもやっぱりきちんとやらせたい!

URL | まきこ #mQop/nM.
2016/03/29 12:11 | edit

まきこさんへ


まきこさん、こんばんわ。

まきこさんもケイトさんの演奏好きなんですね。

フロリダでショパコンあったなんで知りませんでした!
私も 最初のほうは、他のコンテスタントに注目してて、
彼女の演奏を聞いてなかったのですが、第三ラウンドで聞いて
びっくり! 素晴らしい! と感動したのを覚えてます。
エリック ルーが モーツアルトのピアノコンチェルトを弾く演奏会
も近郊であったのですが、 忙しくて行けませんでした。残念!


> (ちなみにうちのピアノの先生の元教え子も3人フロリダショパコンに出場して、2人がセミ・ファイナルまで進んだのですが、残念でした。)

わ〜それはすごい! いい先生を見つけられましたね。 お子さんもいつかはショパコン〜!と夢が開きますね。

>
> ここまふぃんさん、食い下がって質問を聞いたの、すごい! 
うちの子たちもやっぱりちゃんとチェルニーやっぱりやらせたいなぁっと思いました。エマは前にお願いしてやってもらったのですが、先生があんまり大事じゃないと思うものは後回し、でコンペ準備に忙しくなったら時間がない、という感じです。でもやっぱりきちんとやらせたい!

ツエルニーの必要性は 先生によっても違いますね。 私の場合 本を持っていたので、それをレッスンに持っていったら、
”じゃあ、やりましょう”って感じでしたよ。
今そのツエルニーに苦しめられていて、テクニックをつけたいのでやってますが、
弾いていて楽しい訳でもないし、時間も取られるし、 
”これって必要かな?” と思うこと多しなので、聞いてみたんですよ。
ケイトちゃんもやってたと聞いたら、ちょっと報われた気になりました。
先生もお子さんのことわかってらっしゃるだろうし きっと先生を信頼して、ついていけば
大丈夫ですよ。 時間も限りがありますしね。

URL | ここまふぃん #-
2016/03/29 23:19 | edit

コメントの投稿

Secret

Profile

Latest journals

Latest comments

ブログ村

カウンター

フリーエリア

リンク

カテゴリー

Monthly archive

全記事表示リンク

友達申請

Display RSS link.

Search form

メールフォーム


▲Page top