海の向こうで孤独にピアノに励む日常

ピアノ再開! ピアノが大好きな主婦のピアノ日記

長いブレークの後のレッスンは、、、(8/29)  



最後のレッスンから3ヶ月近くもあいた後のレッスンに行くのは

わくわく、うれしい、でもちょっと緊張。

(まるで久しぶりに恋人にでも会いに行くような心境♡)


久しぶりのレッスンは先生の指摘満載のレッスンでありました。

****


笑顔で迎えてくれた先生とハッグで挨拶。

「さて、何をやってたかしら〜?」

先生ツエルニーのことも忘れてらっしゃる!? と一瞬どうしようかと

思ったが、 正直に ツエルニーの15番を広げる。

弾き終わると “待ってました〜”とばかりに先生の注意が


まず、左手。右手の半音階に注意が行って、左手をだらしなく弾いてるとのこと。

この曲の場合、もってエネルギーを持って。

音は大きくなくても、音の質は大切に、生き生きと。


『左手は右手の指揮者よ、ちょっと頭から弾いてみて」

と弾きだす横で また先生が左手に合わせて指揮をしてる。


2ページ目で左が半音階になって、右手が伴奏にかわるところはも同じ。

さて、半音階の弾き方ですが、いつも言われてますが、16分音符の4つを一塊と考えて弾く。


上って行くところはターゲットの音に向かってクレッシェンド。

2ページ目の 左手の半音階は手が固めないで 手首のローテーション弾く。

最後まで行かずに、、、また持ち越しです。  『はい次は?』 



シンフォニア1番 はミスタッチをしながらも最後まで弾く。と、

『待ってました」とばかりに 指摘が入る。


『この曲は何声ですか?』

 「3声です。』

そうですよね。では3人が歌ってるようにね。

あなたの弾き方だと、2声にしか聞こえないところがあります。

「例えばね」

先生がある箇所を「あなたはこういう風に弾きました」と

と先生が私のまねをして弾きます。


それは19章節めで、右が一番上の声部が四分音符と8分音符の中間声部を弾くところ。

「全部おんなじ音量で弾いてるから一つの声部にしか聞こえないでしょ。」

確かに。

3声の旋律をよく聞いて。
どのボイスが大事か考えて弾く。

練習方法としては 2声づつ弾いてみる。

   上声部と中間声部。
   上声部 と バスの声部
   中間とバス

というようなバリエーションで練習する。

最後の一言 「テクニックがどうこうというより、難しいですよ。 自分の耳でいつもよく聞くことが大事です」


ショパン雨だれは最後まで弾くと

また待ってましたと言わんばかりに 「いろいろありますけどまず簡単なことからね」


と最初の ファの弾き方から指導が始まる。色はグレーにならないように 明るく。


「こういう風な音です」 と先生。 私がまねしてみるが 先生のような音はでない。

 
「指だけで弾こうとすると硬く響かないので 腕を使って響かせます」


こういう時先生はよく、私の手の甲に先生の指を押し付けて

「こういう風な感じです、わかる?」 

そのあとの A♭の二分音符は音が続くように十分に重みをもった音。(アクセントはつけない)


「でないと弱拍の4拍目のBがポコンと出てしまいます。」


先生の弾き方を見ていたら、親指をほとんど鍵盤に平行にして押さえるように弾いてらした。

19章節めの 『みふぁみふぁ〜』というところは

ここでは 「どこへ行くか迷っていいて、次の章節でテーマにもどって落ち着くところ。」

迷う表現は先生のお得意です。


次は 雨だれの大事な役を果たす左の8分音符の弾き方を注意される。


雨粒の8分音符は

「あなたは指を上げ下げしてバタバタして弾いてる。 

そうじゃなくて、この連打は鍵盤につけたままで指を鍵盤から離さないで 」

「ほら手首の上下運動で打鍵するんです。」


第二部の左手にメロディーがいくところ。


sotto voce との指示。  

上のメロディーを響かせる。 メロディーを弾く指に重みをかけて、下の音は軽く。

途中の右手のオクターブになるところは 左手は右手にかきけされないように もっと音を出して。


「とにかく片手練習することです」


そういえばこの曲 いきなり両手で練習してました。


左の片手だけ弾いたら、あらがはっきりとわかります。


時間がさしせまってきたので、先生にスケールを全く練習してないことを告げる。

「じゃあ 片手で1オクターブ弾いてみてください。

ニ短調です。 ナチュラル、ハーモニー、メロディッくの三種類。


ちょっと迷いながら弾いてると 「ちょとあなたは音楽理論がわかってないみたいだから

ちょっと話します』 と簡単に 短調のスケールの作り方を教えてもらう。


「ダーって速く弾けるようになるより、まずは自分でどの調でも考えて弾けるようになるのが大事です』


ということでロシアン風スケールの弾き方は少しお休みして、2オクターブ弾いてくることとなりました。


いつのまにか一時間を超えてたレッスン。


やっぱり、レッスンに行くと学ぶことが多いです。


次レッスンは10日後です (*^_^*)

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
関連記事

Posted on 2016/09/01 Thu. 09:25 [edit]

category: レッスン

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 6

コメント

No title

久しぶりのレッスンはとても充実した内容の濃い時間だったのですね^^
3声の練習方法は私も同じようなことを言われました。
1声部ずつの練習、2声での練習、右手だけ・左手だけで弾く練習等・・全ての声部をよく聞くことはいつも言われます。同じですね~~(^^)/
時間がかかるけど効果ありますよ。頑張って下さいね~~٩( ''ω'' )و

URL | amy #-
2016/09/01 08:44 | edit

No title

レッスン記、おもしろかった!

先生あいかわらず、とてもとても丁寧に教えてくれるね! これだけの内容をきちんと覚えているここまふぃんさんもすごい☆ こうやって細かく書いてくれるから、もし自分が同じ曲を将来勉強する時が来たら、また戻って来て読み返そう!っていつも思うよ。笑

実際に「こんな風に」と先生が弾いてくれるのは、本当に参考になるよね。視覚的にも、音的にも、それから(ちょっと変な事言うけど)体のエネルギーの感じというか・・・そういうのは、真近でみて初めて伝わってくる気がします。。

先生にジャンプスタートしてもらえたね&またみんなで頑張りましょー

URL | ゆにくあ #-
2016/09/01 12:08 | edit

No title

レッスン、良かったですね!
得るものがたくさんあって充実されてますね~(^^)
先生の教え方がすごく具体的でわかりやすいなって思います。
自分の弾き方と先生の弾き方の違いを実演してくれるのも
嬉しいですね。

1つ前の記事のモツソナも聞かせていただきました。
音がキレイでとても丁寧な演奏ですね!
モツは難しいのに軽やかに弾かれていてすごいなって思いました。

次回のレッスンやレコも楽しみにしていますね!

URL | ね~み♪ #-
2016/09/01 23:35 | edit

amy さんへ


amy さん コメントどうもありがとう。


> 1声部ずつの練習、2声での練習、右手だけ・左手だけで弾く練習等・・全ての声部をよく聞くことはいつも言われます。同じですね~~(^^)/

> 時間がかかるけど効果ありますよ。頑張って下さいね~~٩( ''ω'' )و


amy さんはとっくにシンフォニアも 終わったんですよね。 やはりこの練習方法でやってこられたんですね。
 効果あるとなったら頑張ってやります!


URL | ここまふぃん #-
2016/09/02 09:49 | edit

ゆにくあさんへ



> 先生あいかわらず、とてもとても丁寧に教えてくれるね! これだけの内容をきちんと覚えているここまふぃんさんもすごい☆

忘れないように 先生がさっさと言うのをメモ帳とか楽譜に殴り書きしてます。でもあまりにも急いで書いて、
後で見てなんて書いたかわからないこと多々あり。



>こうやって細かく書いてくれるから、もし自分が同じ曲を将来勉強する時が来たら、また戻って来て読み返そう!っていつも思うよ。笑

よかった。 多分 人によって注意される点も違うと思うけど、お役に立てたらと思ってる。自分で後で見直すための
記録でもあるし。

>
> 実際に「こんな風に」と先生が弾いてくれるのは、本当に参考になるよね。視覚的にも、音的にも、それから(ちょっと変な事言うけど)体のエネルギーの感じというか・・・そういうのは、真近でみて初めて伝わってくる気がします。。

”体のエネルギー”っていうのは すごく感じます。なんせ、ぴたっっとくっついてくる先生なので。。とくに音楽が高揚するところでは 乗り出してくるし、、、、

>
> 先生にジャンプスタートしてもらえたね&またみんなで頑張りましょー


はい、ゆにくあさんのレッスンも楽しみに読んでるから。がんばろ〜!

URL | ここまふぃん #-
2016/09/02 09:57 | edit

ね〜みさんへ




> 得るものがたくさんあって充実されてますね~(^^)

自分でたけ弾いてると 悪い癖のまま練習したりするので、
やはりレッスンで見てもらうのは大切だなと痛感しました。

> 先生の教え方がすごく具体的でわかりやすいなって思います。
> 自分の弾き方と先生の弾き方の違いを実演してくれるのも
> 嬉しいですね。

たとえが多いし、実際に筋肉の動きとかわかるように 
デモしてくださるので、いいのですが、すぐには出来ないので
これも修行です。

>
> 1つ前の記事のモツソナも聞かせていただきました。
> 音がキレイでとても丁寧な演奏ですね!
> モツは難しいのに軽やかに弾かれていてすごいなって思いました。

わ〜 間違えだらけなので聞いていただいて、恐縮です。
コメントもありがとうございます。

>
> 次回のレッスンやレコも楽しみにしていますね!

私も ね〜みさんのレッスンや音源もいつもありがたく見させて頂いてます。


URL | ここまふぃん #-
2016/09/02 10:07 | edit

コメントの投稿

Secret

Profile

Latest journals

Latest comments

ブログ村

カウンター

フリーエリア

リンク

カテゴリー

Monthly archive

全記事表示リンク

友達申請

Display RSS link.

Search form

メールフォーム


▲Page top