海の向こうで孤独にピアノに励む日常

ピアノ再開! ピアノが大好きな主婦のピアノ日記

ピアノがなくてもできた練習  


寒〜い真冬の気候から 逃れるように今フロリダのネープルとういう所に来ています。

ここはまるで真夏のよう。 空が青い! 肌に触れる風も心地良い生温さ。
あちこちに茂っているヤシの木が南国情緒を増してる。

でもここに来るのは長い道のりでした。

うちからここまで1400マイル。 キロに変換すると 2200キロを車で来ました! 休み休みきたので家を出てから3日目にやっと到着!

夫が運転して 私はずっと助手席で座ってるだけだったのですが 長時間の車は
結構疲れるし、何もする事ないので退屈です。



「あーピアノの練習したいな。」と思っても
もちろん車にピアノはないし (当たり前)

この暇な時間を利用してできる事は.......


「そうだ 今取り組んでるシンフォニア3番の暗譜をしよう」

「暗譜」これは今の私にとって一番苦手な事。

つい5〜6年前までは 苦労もせず すぐ暗譜できたのに

今は何百回弾こうが 暗譜を試みようが

なかなか暗譜出来ないのです。

逃げ場のない車中は苦手な事をするいい機会!

とは言っても楽譜を持って来た訳でもなく、

スマホで楽譜をダウンロード。小さい画面で見にくい楽譜ですが、まずは右手から暗譜。

一生懸命楽譜とにらめっこして 音符を記憶する。
一通り覚えたら 目を閉じて 頭の中で記憶した場所を弾いてみる。
頭の中に鍵盤をイメージして手はエアプレイ。
わからないけど所があれば楽譜に戻って暗記して。
まるで学生時代に戻って試験勉強してるみたい。

頭の中だけで弾くのも限界を感じ
今度はスマホで「PIANO」という
ピアノが弾けるアプリを見つけて小さいピアノの鍵盤をダウンロードして弾いてみる。

小さい鍵盤なので 弾いてる指が他の鍵盤に触れたり、
画面も限られて 弾ける範囲も狭いので
キーボードの位置を移動させながらという困難な作業~_~;

それでも暗譜を頼りに弾いてる時は 暗譜が正しいかどうか音で確認出来るので ありがたい。
ここはなんかゲーム感覚。


頭に入ったと思っても結構抜けてる所があるんだな。


右が暗譜で一通り弾けるようになったら今度は左の暗譜。


やはり左は右より全然難しい。

何時間もピアノで練習してるはずなのに 左だけだと 旋律が新鮮に感じる所があって

「私って やはり練習で弾く時右の旋律しか聴いてないんだな」

という事が判明。


楽譜を何回も眺めてると 今まで 楽譜を見ながら弾く練習だけでは気づかなかった パターンとか 法則みたいなのを発見できて バッハの音楽って 論理的で数学的だなと実感。

なんとか片手づつの暗譜は完了!

「なんだ、その気になれば出来るじゃ〜ん」

とちょっと自己満足。

さすがにアプリの鍵盤では両手で弾くのは不可能なので
暗譜の成果はわかりません。

また何日かしたら 暗譜も抜けてるでしょうが、
家に帰って どこまで暗譜で弾けるかちょっとワクワクしてます。

ピアノがなくてもピアノの練習出来るんですよね〜


関連記事

Posted on 2016/12/28 Wed. 22:27 [edit]

category: 日常/練習

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

Profile

Latest journals

Latest comments

ブログ村

カウンター

フリーエリア

リンク

カテゴリー

Monthly archive

全記事表示リンク

友達申請

Display RSS link.

Search form

メールフォーム


▲Page top