海の向こうで孤独にピアノに励む日常

ピアノ再開! ピアノが大好きな主婦のピアノ日記

一にもゆっくり 二にもゆっくり・・・・  


今日は一日中雨の降る中レッスンに行ってきました。
うちから 先生のお宅へは 車で3~4分なのでいいのですが、やはり雨は嫌ですね〜

今日のメニューは:

☆ Gマイナースケール・コード・アルペジオ
☆ バッハ シンフォニア3番
☆ ショパン エチュード 25ー2
☆ モーツァルト 466 一楽章カンデンツ

スケールは 「練習してないのでゆっくり弾きます」
と前置きして始める。
今年の抱負で 「ツエルニーやめる代わりに スケールを頑張る」
と公言したのは誰なんでしょうね〜
いつも スケールは後回しにして 曲の方を練習してしまうので
結局時間切れで 練習しないというジレンマが・・・

でも驚いた事に 先生からは「悪くないわね」のお言葉。
今日も家を出る寸前に 超スローで 一回づつ練習したのが良かったのかな。
やはり超スロー練習はいいという事ですね。

シンフォニア3番

この曲って明るくって ちょっとコミカルなイメージがあって、
どうしても 自分の能力よりいつもテンポを速く弾いてしまうので、
速くならないように気をつけてるのですが、また速く弾いてしまって・・
曲が進むにつれ まるで蟻地獄に蟻が落ちていく様に 崩れてしまった。

先生は 前回より 声部がはっきりしてきたけど まだ ぼやっとしてるところがありますとのこと。
もう一回 ゆっくり 弾きなおし。先生が横で私のたりない声部を弾いてくれました。
まあ、前よりは随分良くなったということで これは今週で終了。
合格には程遠いですが もうながくやってますし~
本当に苦労した曲でした〜 ジャンジャン♪


「次は何にしますか?」

私は 順番に 4番をと思っていたのですが、
急に 「エミールギレリスが弾く バッハのプレリュード Bマイナーって聴いたことある?」
と言いながら楽譜を持って来られます。
2ページでシンプルな楽譜。

楽譜を見て、
「え、これって ショパコン3位のケイトリウちゃんが、
リサイタルで最後にアンコールに弾いてくれた曲じゃない!」
って大興奮しました。

その時の記事はここ ケイトリウ
あの美しさは今でも忘れられません。いつか弾きたいと思っていた曲です。
なんでシンフォニア4番に入る前にこの曲を弾く事にしました。
楽譜上ではいたって簡単そうですが、美しく弾くには相当の指のコントロールがいりそうです。


これが 先生が好きなギレリスの演奏。



ショパン 25ー2

ゆっくり最後まで弾きました。
右の三連符のリズムが二連符にならない様に気をつけて練習したはずなのに
先生からは 「二連符になってるところがあります。」

「それがこの曲の難しいところです。」

私が右を弾いて 先生が左 そして その逆で練習。

誰がつけたかわかりませんが「蜂」という名前があるこの曲。
先生と一緒に弾いたら 蜂みたいに聞こえました。
右と左のリズムの違いが蜂に聞こえる鍵ですね。
左手に惑わされないで 右の三連符のリズムが崩れない様に練習し直しです。

他の注意は 1ページ目で A♭メイジャーに変わる部分は A♭メイジャーらしく弾く事。
4ページ目の (a tempo) に戻るところからフィナーレ。その前に息をして。

モーツァルト カンデンツア


最初の右がトリルの所。遠くから 雷が近ずいてくる様にダイナミクスを小節ごとに変えて。

途中の左手が8分音符の三連符の所で
先生 「ここは前と違うところはなんですか?」
「マイナーに転調してます」
「それもそうですが、この左の 三連符が動きを出してます。
Agitation (不安とか焦り ? かな) を感じて弾いてください。」
「あ、ここ ラフマニノフの鐘の中間部でも先生同じ事言ったな」
と思い出す。

最後のユニゾンの音階でだ〜っと降りて ば〜っと上がる所。
ここ Piu Presto なのに アレグレットぐらいにしか弾けないので
先生に特訓をお願いしたかったのですが、次の生徒さんがきてしまいおあずけ。
「ゆっくり練習することね」
「ゆっくり練習してるのですが速く弾けません」
「それは直ぐ速度を上げるからです。徐々にね。」

やはり 忍耐強く ゆっくり練習なのですね〜
一にもゆっくり、二にもゆっくり・・・・










関連記事

Posted on 2017/01/24 Tue. 19:01 [edit]

category: レッスン

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 4

コメント

ここまふぃんさん、どうもです^^
バッハ=シロティのプレリュードをされるのですね!
綺麗な曲ですよね~(#^.^#)楽しみ♪
25-2、「蜂」と呼ばれているのですか~初耳でした。
頑張って下さいね~

URL | amy #-
2017/01/26 05:57 | edit

amy さんへ


amy さん いつもコメントありがとうございます♪


> バッハ=シロティのプレリュードをされるのですね!
> 綺麗な曲ですよね~(#^.^#)楽しみ♪


そうですよね〜 でもこのギレリスが弾いているのは Silottiのをアレンジしてもっと難しくしたもの
だということが判明! でも楽譜をゲットしたので 譜読みして見ます。

> 25-2、「蜂」と呼ばれているのですか~初耳でした。
> 頑張って下さいね~

ありがとうございます。 だいたい名前がついてるのって ショパンがつけたものではないですが、
「蜂」というよりもっと優雅な名前は考えられなかったのかななんて思ったりしますが。

URL | ここまふぃん #-
2017/01/26 14:19 | edit

雨の中レッスンお疲れ様でした!

スケール、調にもよりますが苦手な調はホントに弾けない私です(´Д`;)
私の場合もとからチェルニーもハノンもやっていないので、せめてスケールとアルペジオは真面目に基礎練しなくてはと思うんですけど、ついつい後回しに、ねえ・・・
ここまふぃんさんは先生の評価も良かったようなので、スロー練習の効果もさる事ながらやっぱり実力あるんですね(☆∀☆)

ケイトリウさんの演奏、とても音が綺麗で聴いてると幸せな気持ちになるらしいですね、同じ教会の友人が生で聴いて惚れ込んでいました、私もいつか生ケイトさん聴いてみたい♥
>その時の記事はここ ケイトリウ
リンク先クリックしたらフジコ・へミングさんが出てきてびっくりしましたが そのずっと下にケイトさんいました!(笑)

URL | 私はタワシ #5eVrhZok
2017/01/29 19:00 | edit

タワシさんへ


タワシさんコメントありがとうございます。


> スケール、調にもよりますが苦手な調はホントに弾けない私です(´Д`;)
> 私の場合もとからチェルニーもハノンもやっていないので、せめてスケールとアルペジオは真面目に基礎練しなくてはと思うんですけど、ついつい後回しに、ねえ・・・

タワシさんもそうですか。やはり曲の方が楽しいですよね。
全然しないよりはいいので 進み方が超スローでもいいかと開き直ってます (笑


> ここまふぃんさんは先生の評価も良かったようなので、スロー練習の効果もさる事ながらやっぱり実力あるんですね(☆∀☆)

速く弾こうとしてフォームが崩れたまま弾いても先生にはすぐわかるのですね〜
>
> ケイトリウさんの演奏、とても音が綺麗で聴いてると幸せな気持ちになるらしいですね、同じ教会の友人が生で聴いて惚れ込んでいました、私もいつか生ケイトさん聴いてみたい♥
> >その時の記事はここ ケイトリウ
> リンク先クリックしたらフジコ・へミングさんが出てきてびっくりしましたが そのずっと下にケイトさんいました!(笑)

あっ、すみませ〜ん。フジコさんでしたか。でもちゃんとしたの方にあって良かった。
生演奏は CDやユーチューブでは聞けない音のニュアンスとかわかりますね。私もケイトちゃんのような音が出せるように目指します!

URL | ここまふぃん #-
2017/01/30 13:31 | edit

コメントの投稿

Secret

Profile

Latest journals

Latest comments

ブログ村

カウンター

フリーエリア

リンク

カテゴリー

Monthly archive

全記事表示リンク

友達申請

Display RSS link.

Search form

メールフォーム


▲Page top