海の向こうで孤独にピアノに励む日常

ピアノ再開! ピアノが大好きな主婦のピアノ日記

練習は1日3時間 〜クライバーン予選でのテイファニープーン  



クライバーンピアノコンクールといえば 2009年に 我が日本人である 辻井伸行さんが見事優勝を果たして 世界的にも 脚光を浴びましたね。
今年もテキサス州のフォートワースという町で開催されます。
4年おきのコンクール、アメリカの大統領選の年と重なるように なってますね。(豆知識!)

5月の本選に控えて 地区予選というのが世界各地であったようで (残念ながら日本ではどうなんでしょう?)
ニューヨークでの予選をちょっと見てきました。

ニューヨークでは 5日間開催。プログラムを見ると 90%がアジア系の名前!
その中に YouTubeでみたことあるテイファニープーン ちゃんの名前も。
彼女、かなりの数の 動画をアップしてるので名前は知ってたのですが、
「才能がある子なんだな」ぐらいで 彼女の演奏じっくり聞いたことはなかった。
でも唯一の知っている名前だったので 「どんな演奏をするのかな」と楽しみに出かけました。

一緒に行ったのは、あるピアノのコンサートでナンパして(!) 友達になった韓国人Kちゃん。
「待ち合わせて 10:30に会場に到着。
会場は 「え〜 ここで弾くの~?」って感じの少しさびれた、とある大学の講堂。
狭いステージには スタインウェイのグランドがバ~ンと置いてある。フルコンサートグランドではないけど 一応長いグランドピアノ。

最初のコンテスタントが 弾き終わると 次は テファニーの演奏。
実は その前の インターミッションで 、トイレに行った時 、素敵なドレスを身にまとった彼女と遭遇。
「you look beautiful. Good luck❗️」と声をかけると「thank you」 と返してくれたものの、
かなり緊張してるのか ひきつった 顔つきでした。

ホールに戻ると さっきは 観客席も人がちらほらだったのに、
私がトイレに行っている間に 席がかなり埋め尽くされてます。
さすが YouTubeに色々アップしてるので ファンも多しかな?

第1曲は ショパンのノクターン 55ー2。

最初の1音で度肝抜かれました。魂が入った音でした。
弾き進めて行くうちにどんどん彼女の演奏に引き込まれます。
そしてすごい集中力と気迫で 自分の世界に入っての演奏。
さっきトイレの前で見たときは すごく緊張している面向きだったのに、もうそんな緊張は みじんも見れません。
そのあとのハイドンのソナタも素晴らしかったし、
最後に、弾いた リスト作曲の「モーツアルトのドンジョバンニの回想」
長い 超絶技巧の曲をドラマテイックに弾ききって、弾き終わったら 会場 から ブラボーの嵐が。
リストの曲ってやたら 音が多くて さもすると 爆音で どんなメロディだかわからないような演奏もありますが、彼女の演奏は はっきりと旋律が歌えて 聞き入りました。
全体的な構成力も素晴らしかった。

「こんなにすごい子だったなんて~」いうのが 感想。

ちなみにこんな曲。(6年前の演奏)



次のコンテスタントも この曲を弾きましたが 、観客の脚光を浴びたテイファニーの後でちょっとかわいそう。
でも 同じ曲なのに 弾く人がでこんなに変わるとは。
同じピアノで弾くのに 音色も全然違って聞こえました。

ところで、テイファニーの演奏の後で トイレに立ったKちゃん。
荷物置いたまま、次のセッッションが始まっても帰って来ません。
結局 最後の曲を弾き終わって 会場のドアが開くまで 帰って来ませんでした。

「どうしたの~?」って聞いたら、

「テファニーと彼女のお母さんにあって 話こんじゃった」と興奮気味のKちゃん。

要は、質問攻めにしてたわけですが (笑

香港に在住の テファニーちゃんの家族は 音楽家がいるわけでもなく ごく普通の 家族だそう。

「どうやって自分でピアノの才能があるのではないかと気づきましたか?」

との質問に、「ピアノを習う前から 指でいろんなところを押すのが 好きだった」という テファニーちゃん。家の中の家具から 物まで 指で押して感触を楽しんでたそう。

それで才能があると思ったというのは 面白いですね。

習い始めて 長い間、別にピアノに特別に集中するわけでもなく、普通の子供時代を送っていたいう彼女。
真剣にピアニストになりたいと考え始めたのは、人前で演奏すると、彼女の演奏を聞いた人達が みんな すごく感動してくれて、
「そんなに 喜んでくれるなら もっと人前で弾きたい」と思ったからだとか。

現在 ジュリアード音楽院に通う彼女。「練習は一日 何時間ぐらい?」との質問に
「ん~ だいたい3時間ぐらいです。」と。
1日7 〜 8 時間ぐらい練習してるかなと思ったので これも意外。
でもあのショパン先生だって 弟子たちに 「3時間以上練習してはいけません」って 言っていたそうなので ちゃんと集中して 効果的に練習すれば それで十分なのかもですね。

実際のテファニーちゃんの演奏を見て、聞いて、集中の仕方とか、鍵盤のタッチの仕方とか、手首や腕の使い方とか、音楽のクライマックスへの持って行きかたとか 色々勉強になりました。

予選の後は 韓国料理を食べに行って 楽しい1日でした。


私も いろんな 家の中の物を 指で押したら ピアノが上手になるかしら・・・・・(笑







関連記事

Posted on 2017/02/15 Wed. 21:09 [edit]

category: コンサート

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 3

コメント

またまたここまふぃんさんの勤勉さにびっくりです。そんな予選がある事すら知りません><
最近は世界のコンクールはほぼアジア人ですね。
特にこの国は。。。子供用の楽譜を見てもクラッシックの気配は当分出てきません。
音符を読めるようにしたいけど別にピアノの向上はそんなに求めてないって感じでしょうか。。。(職業にするのも難しいし?)

ティファニーちゃんも細腕でよく弾ききってますね。若さとまだまだ長い前途がうらやましいです。

やっぱりリストかっこいい。何か持ち曲にしたいですが短めでいい曲ご存知ないですか?愛の夢は聞くのはいいのですが私も弾くのはちょっと違うんですよねー。何がだろう?(笑)

次の選曲楽しみにしていますね。
バッハのインベンションもお疲れ様でした。レッスンブログも読ませていただいていたし感慨ひとしおです。とっても上手に弾けていて先生も教え甲斐があって嬉しいでしょうね。

URL | shiro #-
2017/02/16 18:45 | edit

Shiroさんへ



Shiroさん こんにちは。コメントありがとうございます。

またまたここまふぃんさんの勤勉さにびっくりです。そんな予選がある事すら知りません><

勤勉ではないですが 情報は早いです (笑 いや、たまたま 前に クライバーンコンクールいつか見に行きたいと思って メールアドを登録してたので 通知が来て知りました。
あと 無料だと 喜んで行きます。

> 特にこの国は。。。子供用の楽譜を見てもクラッシックの気配は当分出てきません。

やはりそうですか。Shiroさんは教える立場でもあるので ひとしおですね。

> 音符を読めるようにしたいけど別にピアノの向上はそんなに求めてないって感じでしょうか。。。(職業にするのも難しいし?)

どっちかというと スポーツできる方が 花があるし 大学にも有利という のが 実情ですよね。残念な事に。

> やっぱりリストかっこいい。何か持ち曲にしたいですが短めでいい曲ご存知ないですか?愛の夢は聞くのはいいのですが私も弾くのはちょっと違うんですよねー。何がだろう?(笑)

かっこ良くて 好きな曲はたくさんはありますよー スペイン狂想詩 ハンガリアンラプソディとか。
あと、リストのソナタ 3番目だったかな? 大好きです。でもどれも長い曲ですね。
モーツァルトの ave Bermuda corpus だったか? の編曲 そんなに長くなくて 綺麗ですけど いかがでしょう?

> バッハのインベンションもお疲れ様でした。レッスンブログも読ませていただいていたし感慨ひとしおです。とっても上手に弾けていて先生も教え甲斐があって嬉しいでしょうね。

え〜 Shiroさんにそんな褒めていただけるなんて 嬉しいですが さっき 自分で聞き直して こんな演奏良く出したもんだ〜と思ってたところです。ピアノって本当に難しいですね。




URL | ここまふぃん #-
2017/02/17 18:07 | edit

Shiro さん

Shiroさん 前のコメでタイポ発見。

* ave verum corpus です。もう iPad さん 勝手に 変換するんだから~ 困り者~

URL | ここまふぃん #-
2017/02/17 18:13 | edit

コメントの投稿

Secret

Profile

Latest journals

Latest comments

ブログ村

カウンター

フリーエリア

リンク

カテゴリー

Monthly archive

全記事表示リンク

友達申請

Display RSS link.

Search form

メールフォーム


▲Page top