FC2ブログ

よく聞く事が上達の近道

ここまふぃん



今日はレッスンに行って来ました。

新先生との2回目のレッスン。
いろいろ悩みましたが 結局、新先生に習ってみることにしました。
これは私にとってあらゆる面でチャレンジです。
でも私の人生も残り少なくなってきてるし、
(というと 随分年寄りに聞こえてしまいますが〜 )
こんなチャンスはなかなかやってこない! やるっきゃない!と思い切りました。

持って行った曲は モツソナK333、ショパンワルツ 64-2、 幻想即興曲。

前回のレッスンでは主にモツソナを見てもらったので 今日は ワルツから始めたものの、あれ〜という間に ワルツだけですでに1時間半が経ってしまっていて (1時間のレッスンだったのに!)
モツソナにも、幻想即興曲にもたどり着けないほど 深く掘り下げたレッスンをしていただきました。

まず 最初に言われたのは 冒頭の第一テーマのセクションで「ペダル多すぎ!」
前回のレッスンでは 最初のテーマは 左で伴奏のワルツ感出すために ペダルを少なくと言われてたのに 「ペダルを踏んでない所がなかったね」と言われてしまいました。
その後で 「ワルツって何?」と質問を受ける。
「3拍子で ベースと和音が伴奏〜?」と苦し紛れに答える私。
そして 左の伴奏を ベースを左手で和音を右で弾かされる。「ワルツに聞こえるようにね」と言って弾いた先生のお手本は 私のより随分軽い 空気を含んだ弾き方。
「最初の1-2節は大事で ここで、聴いてる人に 「これはワルツだ」とわかるように弾けとの事。
そして右手のパッセージに引きずられる事なく 左の伴奏は 冷静にワルツのリズムを奏でるという事です。
私は引きづられて弾いてる意識はなかったのですが 右が動きがあるところ 3ー4章節目など
左が引きづられて重い「ズンちゃっちゃ」 になってるとの事。
「バッハと一緒だよ。右と左は independent (独立)!」
私の耳にはどうしても 右しか入って来ないので 要片手練習か!

そして セクションごとにどういうイメージでどういう風に弾くか頭に把握して弾くという事。
ここで先生のセクションごとの変化の付け方は ただ気まぐれにやってるのではなく 論理的な考察に従っての事。
セクションごとに 「ここからはどういう風に弾きたい?」という質問から始まり、「それはどうして?」と必ず説明を求められる。 その後で 「自分だったらこう弾く」そしてどうしてそのように弾くか 音楽的な論理の説明が続く。

この曲は テーマが3つあって その中の二つは何回か繰り返し出てくる。
私があさはかだったのは、後半の方の繰り返しを「前半と同じだから」とたかをくくって 練習しなかった事。

「繰り返しはただの繰り返しではなく 絶対同じには弾いてはいけない」と先生。

例えば 第1テーマが後半にもう一回出てきますが 、一回目はペダルほとんどなしで繊細にソフトに弾くが、
2回目は フィナーレに近いので ペダルを多く壮大に弾くと言うように。

他の繰り返しでも 先生が弾くのは ボリューム、テンポ、ペダル、ヴォイシングを巧みに変化させていて 同じパッセージなのにこんなに全く違った 曲みたいになるものかと感動。

目からウロコだったのは 第2テーマが2回目に出てくるところで ここは ソフトにゆっくり ペダルなしで入って、徐々に テンポ、ボリューム ペダル使用を増やして行こうという事になったのですが、
弾いてると 「ちょっと待って、そんないっぺんにやるのではなく ひとつひとつずつ!」と言われてしまった。

ひとつずつというのは まず 徐々にテンポを上げ、それからボリュームを上げ最後にペダルの量を増やす。それによってクライマックスに持っていく間の変化を出すと言うことです。そんなこと今まで一度も考えた事なかったので ほんとウロコでした〜

このほかにも細部に至って覚えきれないほどのアドバイスをもらいました。

最後に先生が言われた言葉。

「If you listen more, you will progress rapidly」
(もっと聞けば 早く上達する)
レッスン中 先生の口から 何度も出てくる 「よく聞いて」と言う言葉。

「速く弾かなくてもいいから よく聞いて。 速く弾くよりも よく聞くことが大事だよ」と付け加えられました。


20200226141135126.jpeg
関連記事
Posted byここまふぃん

Comments 8

There are no comments yet.
ね~み♪

ここまふぃんさんどうもです。
新しい先生に習われることになったのですね(#^^#)
実際にご活躍中のピアニストさんということで、実力もバッチリ、ノウハウもバッチリですね!
「よく聴くことが大事」
という言葉も大きなヒントと言うか、実感がこもる言葉ですね。
これからのレッスンも楽しみですね~(#^^#)

  • 2020/02/26 (Wed) 06:51
  • REPLY
ここまふぃん
ここまふぃん
ね~みさんへ


ね~みさん どうもです。コメントありがとうございます^^

> 「よく聴くことが大事」
> という言葉も大きなヒントと言うか、実感がこもる言葉ですね。

自分では聞いてるつもりでも聞いてないのですよね~
ちゃんと 1音1音聞き取れるような速さで練習するようにとの事です。
テクニック的に弾けるようになると ついつい突っ走って 耳がついて行けてないことが
わかりました。
> これからのレッスンも楽しみですね~(#^^#)
はい 練習も楽しくなりました^^

  • 2020/02/26 (Wed) 14:48
  • REPLY
ねこぴあの

え~~!びっくりしました。新しい先生なのですね。これからは2人の先生に習うのですか?それとも先生を替えるのかな?
よく聴く事、すごく大事なことなのに、ついつい弾くことに意識がいきがち、ハッとしました。
今日本は大変なことになっていますが、そちらは新型コロナのほうは大丈夫ですか?
ピアノは家でできるから、本当によかったですよね^^



  • 2020/03/01 (Sun) 04:29
  • REPLY
ここまふぃん
ここまふぃん
ねこぴあのさんへ

ねこぴあのさんコメントどうもです~^^

そうなんです。悩みましたが 新しい先生に習うことにしました。
掛け持ちは私には無理なので 前の先生には お礼を言って 事情があってやめますと伝えました。

> よく聴く事、すごく大事なことなのに、ついつい弾くことに意識がいきがち、ハッとしました。
そうなんですよね。ついついテンポの事や テクニック的に弾くことに一生懸命で
自分の音を聞いてないこと多しでした。

こちらはまだごく普通の生活です。誰一人としてマスクもしてないし。
日本の広がり 早く 収まる事を祈ってます。

> ピアノは家でできるから、本当によかったですよね^^

本当にそうです。練習時間が増えていいかもですね。

  • 2020/03/01 (Sun) 20:43
  • REPLY
NekoUshi

こんにちは~~

なんと!新しい先生に替えられるという急展開があったのですね!!
ここまふぃんさんのチャレンジ精神が素敵です(*´▽`*)
今までも充実したレッスンだったと思いますけれど、また別の方向の素晴らしい世界が開けてくると思います。

> If you listen more, you will progress rapidly

頭では分かってても、ふと気づくと実践できてなかったりしますもんね。
耳が痛いです(>_<)

新しい先生のレッスン、楽しみですね!
読ませていただく側としても、レッスン記を読む楽しみが高まります~~

ここまふぃん
ここまふぃん
Nekoushiさんへ

Nekoushiさん コメントありがとうございます^^

> なんと!新しい先生に替えられるという急展開があったのですね!!
> ここまふぃんさんのチャレンジ精神が素敵です(*´▽`*)

いえいえ なかなか上達しないので藁をも掴むという心境で、、、
そしてこんなチャンスを逃したくないという一心で 決断しました。

> > If you listen more, you will progress rapidly
> > 頭では分かってても、ふと気づくと実践できてなかったりしますもんね。
> 耳が痛いです(>_<)
まさにその通りです。 いい言葉ですが すぐ忘れて練習しないように
紙に書いて壁に貼っておこうかな~

> 読ませていただく側としても、レッスン記を読む楽しみが高まります~~

はい 前のようにレッスンが開きすぎないように頑張りたいと思います。

  • 2020/03/04 (Wed) 11:35
  • REPLY
私はタワシ

今、じゃない前(!)の先生に習いつつ、体験レッスンを受けた先生に時々不定期で見てもらうのかなあと思っていましたが、完全に先生を替えたのですね。
怒涛の展開に驚きつつも、ここまふぃんさんのピアノに対する熱い思いと、思い立ったらすぐ実践に移す行動力に感動しています。
前の先生もすばらしいいかただったと思いますが、正直、モツソナレッスン打ち切り(?)の件などでちょっと限界もあるのかなあと感じていました。
新しい先生のレッスン、読むだけでも大いに得るところがある感じです。これからがとても楽しみです!

ここまふぃん
ここまふぃん
タワシさんへ


タワシさんコメントありがとうございます^^

> 怒涛の展開に驚きつつも、ここまふぃんさんのピアノに対する熱い思いと、思い立ったらすぐ実践に移す行動力に感動しています。

“怒涛の展開”(笑 に驚かれたんですね。実は自分自信でも驚いています (笑
体験レッスンを受けて 「今私には 新しい風が必要だ」と 感じたのがきかっけです。
今の先生の方の 音楽に対してや、教える事に対しての パッションをビシビシと感じて
ちょっと自身でもマンネリ化してきた 曲に新しい命を吹き込んでくれた気がして
直感的に 「この人だ!」と思いました。

> 新しい先生のレッスン、読むだけでも大いに得るところがある感じです。これからがとても楽しみです!

はい私も 期待に応えられるように頑張りたいと思います。

  • 2020/03/05 (Thu) 13:56
  • REPLY