海の向こうで孤独にピアノに励む日常

ピアノ再開! ピアノが大好きな主婦のピアノ日記

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

レッスン:アルペジオは指くぐりなしよ/調によって弾き方変える  

月曜日はレッスンでした。

スケール/コード/アルペジオ Cdur

まだC dur をひたすら練習してる私です (タラ〜)
いままで コードを弾く練習はしたことなかったのですが、
ここにきて、コード練習の大切さがわかりました。
コードを練習することによって、パッセージが弾きやすくなります。

  *3音のコード はねるように 躊躇しないでさっとつぎのコードにいけるように。
    みないで移動できるように 手を見ないで練習。

* 4音のコード 左手 4を使うべきところを3を使ってる時がある。
   運指は一貫性をもたせて、ちゃんとね。

  * アルペジオ コードをひいた手もポジションを覚えておいて、打鍵。
      指くぐりはさせないでスライドするように次のポジションへ!


インヴェンション8

    * テーマの最後の音をちゃんと弾くと新しい始まりがちゃんと聞こえるよ。

 8番は今回で終わりになりました。(ずいぶんおまけ)


インベンション 10

  先生 『あなたが弾くとマーチみたいね〜』 (笑)

冒頭の ら ら  ら ら  ら らところを
一音一音 どん、どん、どん、どん、どんと重〜く弾いていた。 

  → 三連符と三拍子を意識して弾く。

  * G dur なんだからもっと軽快にね〜

     調によって弾き方を変えるなんて知りませんでした。

  * 4 からの 同じ音系がづづくときは カラーを変えて!
     (8のときと同じですね)

   * 20からの長いトリルの弾き方
     私が弾いてたのと先生のもってるバージョンが違うらしいので
     来週までに調べておくそうです。

ツエルニー 10番

だいぶ左手の分散和音 手が疲れなくはなりましたが、よく音を外してしまいます。
音型が変わるところは 最短距離で移動できるように手のポジションを考える。 左手のスピードアップがなかなか進みません。はっきり言って、この曲嫌いです〜


モーツアルト ファンタジー

序章でとめられる。

   先生 『ここはどうしてそんな風に弾いてるの?』

   私 『そんな風って???』と答えに詰まってしまいました。

どうやらゆっくり弾きすぎてることをおっしゃてるようです。

次の アダジオと対比させないと行けないので もっとはやく弾くように。

  * 13 驚き。聞いている人がびっくりする

  * 16 またびっくりさせる

  * 34 下降スケール  右手Gから左手C間を空けないですぐ (緊張感をもたせる)

  * 41からのひきにくいところ → コードで音を覚える

  * 44 最後の三音ぐらいは つぎの45のイントロのつもりで

  * 51−52 違う側面から見ているような感じで違いをもたせて。

  * 55 ダイナミクスは p だけど 右手 A の音しっかり響かせて

  * 83 最後の四音は 87から始まるテーマの再現のイントロのつもりで。


また実りの多いレッスンでした。


♪♪♪
関連記事

Posted on 2015/10/15 Thu. 11:29 [edit]

category: レッスン

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 4

コメント

No title

>4音のコード 左手 4を使うべきところを3を使ってる

あ゛~~ これまさに私だww

イン弁8番、合格おめ! 早かったね~ 次は10番なんだね。さっそく聴いてみた・・・またまた軽やかなつま先で踊るような曲だ! 美しい~ そしてトリトリトリルぅ~w

モツソナのレッスン、細かいことはよくわからないけど、なんだか楽しそうだね。先生の指導が細かい方が嬉しいよね☆

URL | ゆにくあ #-
2015/10/15 17:49 | edit

ゆにくあさんへ


ゆにくあさん、ど〜もです^^

4音のコード ゆにくあさんも3を使ってる? 先生は4の方が自然でしょとおっしゃるんだけど、
私の指は自然だと3を使っちゃう。あまりにもしつこく3を使うから、
 ”ま、どっちでもいいけど、3か4か統一してね〜” と先生をちょっと投げやりモードe-350にさせてしまった💦
4のほうが手の構造上、いいんでしょうからね、直します!

> > イン弁8番、合格おめ! 

 ありがとう〜 まだ間違えながら弾いてたけど、ま、いいわねって感じでした。
 10番は前の先生のときやったけど、あのトリルがマスターしきれないまま終わってしまった。
 今回リベンジです。あ〜トリルが綺麗に弾けるようになりたい〜

先生もモーツアルトのこの曲 何回か勉強したそうで、なんか教えるのにも力が入ってらっしゃる。
弾いてると横でいろいろ弾く合図みたいなのが入って 最初はびっくりして止まったりしてましたが、
今は気にせずに弾いてます。


URL | ここまふぃん #-
2015/10/15 23:09 | edit

レッスンお疲れ様です^^

ここまふぃんさんの先生は、曲の表現をとても細かく見て下さるのですね。
調によって弾き方を変えるっていうのは、音質を変えるということなのかしら?
アルペジオをスライドさせる、は私もよく言われてます。
本当に実りの多いレッスンですね!

URL | amy #-
2015/10/16 01:12 | edit

Amy さんへ


amy さん こんにちわ♪

そうですね。先生は曲の表現にはちょっとうるさいです。 よく change color (音色を変えて) と言われます。


> 調によって弾き方を変えるっていうのは、音質を変えるということなのかしら?

そうなんでしょうかね。Gdurは 明るくて軽快な性質があるので 重くドスドス弾かないでということでした。

> アルペジオをスライドさせる、は私もよく言われてます。

やはりそうですか? 確かに速いアルペジオや音が離れたアルペジオでは指くぐりしてたら弾けませんね😆


URL | ここまふぃん #-
2015/10/16 21:53 | edit

コメントの投稿

Secret

Profile

Latest journals

Latest comments

ブログ村

カウンター

フリーエリア

リンク

カテゴリー

Monthly archive

全記事表示リンク

友達申請

Display RSS link.

Search form

メールフォーム


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。