海の向こうで孤独にピアノに励む日常

ピアノ再開! ピアノが大好きな主婦のピアノ日記

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ダニールトリフォノフ君を間近で聴く!  

きょう(11/9)はレッスンの日だったのですがサボってしまいました〜

一応正当な理由はあるんですよ。
今大ブレークして世界中を飛び回っているあのダニールトリフォノフ君が
ラジオ局の公開放送でライブ演奏するイベントがあったのです。
ニューヨークでもすごい人気でらしく チケットは発売直後に完売になったらしい。
もちろん私も買えませんでした。

でも 私はど〜うしても行きたかったので チケット持ってないけど行ってきました!
余ってたり急に行けなくなってチケットを返す人もいるのでそれを狙ったのです。

もしダニール君をご存知ない方の為に書きますが 彼は5年前のショパンコンクールで3位、
その後、ルビンスタインコンクールとチャイコフスキーコンクールで一位を獲得。
ロシア出身で現在24歳。

私がダニール君の演奏を初めて聞いたのは3年前のカーネーギーホールでの
デビューリサイタルでした。
感想は一言でいうと、度肝を抜かれました!
ホールはほぼ満席で、 
”この大きいカーネーギホールを埋め尽くすこのダニールって子いったい何者?”

その時の私はレッスンもしてなくピアノからちょっと離れていて、
彼の名前さえ聞いた事なかったのです。
興味深々で待ってると、幕あいから出てきたのは ひょろっとした若い男の子。
顔も童顔で可愛い〜感じでおとなしそ〜な感じ。ペコっとおじぎする彼を見て
「え〜まだ子供じゃない〜!』と思ったのが第一印象でした。

でもピアノの前に座って弾きだしたとたん、がらっと人が変わったようでした。
そして彼の奏でる音、音楽性 集中力に取り込まれて
身動きも出来ないほどでした。 なんという弱音の美しさでしょう。
でもフォルテは地の底からで出てるような地響きするような深い音色です。
pppからfffのダイナミクスのレンジがすごい! 歌い方もなんとも言えない惹き付けられます。
しょっぱなから弾いてくれたリストのソナタロ短調は、 
ソナタといっても楽章に分かれてなく、30分ぐらい絶え間ない緊張が続きますが
彼の音楽への陶酔に引き込まれるように
私も30分間体が固まって、一動もできないくらい陶酔してしまいました。
とにかく彼は集中力がすごいんです。
それ以来彼のファンになってしまいました。

このスタジオは前にランランの公開演奏で行った事があるのですが
ほとんど段差がないステージはピアノが2台やっと入るくらいの
こじんまりとしたスタジオです。
ステージの周りを囲むようにぴったり椅子がなれべられてて
アーテイストと一体感が感じられるまるでサロンコンサートの雰囲気。

早めに行って、チケットの事を聞こうと開始一時間半前に会場に到着しました。
大きい通りに面してて。外から中が全部まる見えになってるスタジオ。
横を通ったとき、ダニール君らしき人が
ピアノに向かってるのを発見! リハーサルしてるようです。


daniil1.jpg

 ↑ あ、ダニール君だ! と通りからパチリ一枚!

それから急いで ラジオ局のロビーにはいります。
チケット持ってない事を告げると、
キャンセルでこれない人がいるかもしれないからと
ソファーで待ってるように指示されます。
こういうところって、アメリカって融通が利いていいんです。
しばらく待ってると年配の夫婦がやってきて、友達がこれなくなったから
チケットを譲ってくれるとのこと。 本当にラッキー\(^o^)/

30分前に開場になると、いちもくさんに 鍵盤が見える前列の席へと突進!
でも残念ながら 一番いい席はプレス用にリザーブされてました。
しょうがないので、第二候補にしてた 背中の方の鍵盤が見える
最前列の席を無事確保します。

うん、なかなかいい席。
私の席からダニール君が座る位置まではわずか1メートル半ぐらい、
息づかいも聞こえそうな位置です。

プログラムは:

 ♪ ラフマニノフ 二台のピアノのための組曲 no.2  師匠でもあるセルゲイババヤン氏と演奏。
 ♪ インタビュー 
 ♪ Rachmaniana (ダニール君自作自演)

わ〜! 早く 始まらないかな〜 と わくわく、ドキドキ。


、、、長くなるので次回にづづきますね〜。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
関連記事

Posted on 2015/11/10 Tue. 21:15 [edit]

category: コンサート

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

Profile

Latest journals

Latest comments

ブログ村

カウンター

フリーエリア

リンク

カテゴリー

Monthly archive

全記事表示リンク

友達申請

Display RSS link.

Search form

メールフォーム


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。