海の向こうで孤独にピアノに励む日常

ピアノ再開! ピアノが大好きな主婦のピアノ日記

呼吸をとめてる?!ゆっくり練習でわかった事   


レッスンで先生から よく 『ゆっくり練習してる?』と聞かれます。

答えはいつも 『はい』なのですが、レッスンの度に聞かれるので
私のゆっくり練習の方法が間違ってるかなと最近思うようになって、
ゆっくり練習を見直してみることにしました。

ゆっくり練習って ただゆっくり音符を並べて行けばなって思ってるところもあって、
あまり深く考えないで練習してました。

でもゆっくり練習の目的って、実は音を弾くと言うよりは、
弾くときの体の使い方とか 手の位置とか次の音に移るときの準備とか
に注意しないといけないんですよね。

ちょうど新曲をもらって譜読みの段階なので、体に意識を集中して練習してみました。

わたしのゆっくりと思ってたものよりもっともっと遅く弾いてみるとわかりました。

ちょっと弾きにくいところではすぐ体が反応して腕が固くなるんです。
そして、もっと難所のパッセージの前で呼吸を止めちゃうんです。
腕のことは前から意識してましたが、無意識に呼吸を止めてるというのは
今まで自分でわかりませんでした。

息をとめるということは、体全体の筋肉が収縮して、固くなって、
弾きにくくなるのに!

それで、深く息をするように弾くと難所のパッセージが全然弾きやすいんです。

脳が ”あ〜難しいところが来るぞ〜” “間違えないように〜” 
と体に戦闘態勢に入る指示を出すんですね。
これって、まさに バブロフ の flight or fight (逃げるか戦うか)の原理じゃないか
と思いました。バブロフの犬みたいに 危険を感じたときに 戦うか、すぐ逃げられるように
身を守るための反応なんですよね。

ということはピアノ演奏の場合、危機に直面するとき、構えるのではなく、
逆に、意識して 呼吸を楽にし、体もリラックスすれば、やさしいところと同じように
弾けるとういことですよね。

それに気をつけて、超ゆっくり練習をしている今日この頃です。

明日はレッスン。ゆっくり練習で表面的には進みが遅いけど、
いい方向に行くといいな。




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村




関連記事

Posted on 2015/11/18 Wed. 16:14 [edit]

category: 日常/練習

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 12

コメント

わたしもちょうど昨日、インベンションを超ゆっくり片手で弾いていたら気づきがあり、ゆっくりってやっぱり速く弾けるようになってもやらなくちゃと改めて実感したところでした。
お互い頑張りましょうね〜(^o^)

URL | ねこぴあの #-
2015/11/18 18:11 | edit

No title

ここまふぃんさんこんにちは~
いつもながらここまふぃんさんの分析(?)面白いです(^^♪
呼吸を止めてるっていうのはわかります。
レッスンで時々言われます。
ピアノを弾くときの呼吸(手の呼吸も含めて)はすごく重要なことなんですよね。自分で気がつかれたとは!さすがです~
ダニール君の記事も楽しく読ませていただきました♪
いいな~近くで聴くことができたなんて。
次のコンサート記事も楽しみにしていますね!

URL | amy #-
2015/11/18 18:25 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2015/11/19 07:08 | edit

ねこぴあのさんへ



> わたしもちょうど昨日、インベンションを超ゆっくり片手で弾いていたら気づきがあり、ゆっくりってやっぱり速く弾けるようになってもやらなくちゃと改めて実感したところでした。

ねこぴあのさんもそうですか? 速く弾けるようになってもゆっくり練習って何か発見がありますね。
どんな気づきだったのでしょうか?こんど記事にしてくださいね〜 v-290

> お互い頑張りましょうね〜(^o^)

はい、頑張りましょう〜 地味連 連合会ですものね!


URL | ここまふぃん #-
2015/11/19 10:32 | edit

amyさんへ


> ここまふぃんさんこんにちは~

amyさん こんにちわ〜♪

> いつもながらここまふぃんさんの分析(?)面白いです(^^♪

バブロフのところでしょうか? なんかいつも何かに例えるのが癖で。。。


> 呼吸を止めてるっていうのはわかります。
> レッスンで時々言われます。
> ピアノを弾くときの呼吸(手の呼吸も含めて)はすごく重要なことなんですよね。自分で気がつかれたとは!さすがです~

呼吸を止めてるなんて自分でもびっくりしました。
意識してても 難所に来ると止めようとしてます。
わかっただけでも一歩前進です。

> ダニール君の記事も楽しく読ませていただきました♪
> いいな~近くで聴くことができたなんて。
> 次のコンサート記事も楽しみにしていますね!

 はい、あんた近くで見れるなんて とってもラッキーでした♡ 
コンサートは大ホールで席も手が見える席ではありませんが
大好きなラフマニノフの協奏曲なので楽しみにしてます。
記事楽しみにしててくださいね〜

URL | ここまふぃん #-
2015/11/19 10:39 | edit

鍵コメさんへ



再度ありがとうございます。
ブログにちゃんと行き着きましたよ。
でもYouTubeの演奏は 規制がかかってみれませんでしたけど。
(許可な無いと見れないと出てきます)
>
下部雑音の話興味あります。

リンクも教えてくださってありがとうございますね。

確かにロシアのピアニストの奏でる音って独特の音ですよね。
重力奏法に関係があるのですね。
調べてみる価値ありですね。


URL | ここまふぃん #-
2015/11/19 10:44 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2015/11/19 22:39 | edit

鍵コメさんへ


再びありがとうございます。

動画また見てみますね。パスワードもありがとうございます。

私の先生はウクライナ出身の女性です。
とっても音楽的な事を教えてくれて、とっても勉強になります。

URL | ここまふぃん #-
2015/11/20 00:32 | edit

ゆっくり練習は忍耐が必要ですねぇ

こんばんわー。

ゆっくり練習、私もしつこいほど言われます。

でも、どうしても我慢できずに速く弾いてしまっては
崩れて・・・を繰り返します(涙)

よく、「ゆっくり弾けたら、速くも弾ける」といいいますが、
私は今のところ成功例なしに近いです。
ゆっくり練習から、実際のテンポに持っていくための練習方法を
身につけていないのです。

ここまふぃんさんの練習方法、参考にさせてください☆

URL | pianolifeforever(ぴらふ) #qbIq4rIg
2015/11/21 08:57 | edit

ぴらふさんへ


こんばんは♪

“忍耐”本当にそうです。
私もぴらふさんと同じで 家の練習で我慢が足りなくすぐ速く弾きがちで
先生に見やぶられてしまったようです。

段階を踏んでのスピードアップが大切なのに
急に速く弾こうとするからだめなんですね。

少しづつ、少しづつ、が肝心ですね。
お互いに頑張りましょう〜

URL | ここまふぃん #-
2015/11/21 15:37 | edit

No title

ここまふぃんさん、またちょっとご無沙汰してました~(真面目に練習してたのよww ふふふ)

ゆっくり練習の分析、面白かった! 確かにそうだね、今まさにシューベルトがそういう感じで、速く(というか普通のテンポで)弾くと体が硬くなってるよw でもゆっくり弾くと、気分もゆったりするのか途端に力が抜けて安定する。。

やっぱり、自分で「そろそろ規定速度いけるんじゃないか」と思ってからも、しばらく我慢してゆっくり練習をしつこくするのが、結局は近道だなって。あのホロヴィッツですら、今にも止まりそうな遅~いテンポで練習するらしいね。

URL | ゆにくあ #-
2015/11/22 20:49 | edit

ゆにくあさんへ



> ここまふぃんさん、またちょっとご無沙汰してました~(真面目に練習してたのよww ふふふ)

ご無沙汰です〜 まじめに練習してたのね〜 没頭しているゆにくあさんが頭に
浮かぶわ〜


> やっぱり、自分で「そろそろ規定速度いけるんじゃないか」と思ってからも、しばらく我慢してゆっくり練習をしつこくするのが、結局は近道だなって。あのホロヴィッツですら、今にも止まりそうな遅~いテンポで練習するらしいね。

そうみたいね〜 段階を踏まないとね。ホロヴィッツもゆっくり練習するぐらいなんだから、いくら上達しても
ゆっくり練習は必要ってことね。そこのところ、来週またダニール君に聞いてみようかな〜 


URL | ここまふぃん #-
2015/11/23 08:50 | edit

コメントの投稿

Secret

Profile

Latest journals

Latest comments

ブログ村

カウンター

フリーエリア

リンク

カテゴリー

Monthly archive

全記事表示リンク

友達申請

Display RSS link.

Search form

メールフォーム


▲Page top