海の向こうで孤独にピアノに励む日常

ピアノ再開! ピアノが大好きな主婦のピアノ日記

五嶋龍くんのミニコンサート♬  


五嶋みどりちゃんの弟で、バイオリニストとして有名な
五嶋龍くんが近くの教会に演奏に来てくれました。!

え〜こんなところに?!なんてちょっと半信半疑でした。なにせ、彼
カーネーギーホールとかでリサイタルをやるような有名人ですよ。

これは行かないと損!とお友達と繰り出しました。
席も前列を確保! 昔 小さい時にオーケストラと競演した時の
映像をテレビでみたことはありますが、大人になってからの演奏は
聞いたこともありません。彼が出てくるまでわくわくしながら待ちました。

photo 1
ピアノはもちろんスタインウエイ

そして、龍君登場! ピアニストも一緒です。
タキシード姿。とっても凛々しい!

photo 2

龍君のトークから始まります。日本語と英語の同時通訳を一人でやってくれてます。

意外だったのは、日本語がとっても流暢ということ。
日本人だから当たり前!と思われるかもしれませんが、
たしか龍君ずっとNY育ちなんですよね。
うちの子と比べたら失礼ですが、うちの子は日本語ができません。
聞き取りはなんとか出来ますが(命令形日本語だけ)ほとんど話せません。
育て方を間違えてしまいましたね。

話を戻して、弾く前に演奏曲目を英語と日本語で説明してくれます。

演奏をを始めた龍君は手を伸ばせば届くような位置です。
もちろん息づかいもはっきり聞こえてきます。
左手の指さばきもばっちり見えました。 
スレンダーでとってもきれいな指でした。

ベートーベンのバイオリンソナタでは、体をあまり動かすこともなく、シャキシャキと弾いてました。

次のチゴイネルワイゼンは激情的に、、額に汗がにじんでます。

次の2曲は恋💗の歌です。
グルックのメロデイはもの悲しくに (いつかピアノ編曲を弾いてみたい)
クライスラーのロズマリンはロマンティック💗

最後のカチャトリアンのダンスは軽快

龍君のバイオリンから発する音にはいろんな表情があって、とっても美しく、うっとりしました。
そして、それを間近で聞けて幸せなひとときでした。
龍君、ありがとう。

photo 3
サインに気軽に応じてくれました。

一緒にいらしてたお母様にもお会いして、お話してみたかったな〜

普段行くコンサートはほとんどピアノリサイタルでしたが、
これからはもっといろいろな楽器のコンサートにも
足を運んでみたいと思いました。
関連記事

Posted on 2015/04/10 Fri. 16:51 [edit]

category: コンサート

thread: バイオリン - janre: 音楽

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

Profile

Latest journals

ブログ村

Latest comments

カテゴリー

カウンター

フリーエリア

Monthly archive

全記事表示リンク

リンク

友達申請

Display RSS link.

Search form

メールフォーム


▲Page top