海の向こうで孤独にピアノに励む日常

ピアノ再開! ピアノが大好きな主婦のピアノ日記

レッスン 1/28 先生のタイプ  



みなさんの先生は、レッスンで課題の曲を弾いてるとき、

1) だまって、じっくり演奏を聞いて、弾き終わったら、アドバイス。
   (弾きやすいようにちょっと離れて座ってる。

2) 演奏している最中に アーテキュレーションなどの指示がはいる。
   メロデイに合わせて歌ったりもする。

どちらのタイプですか?

さて、私の先生は
どっちかというと1)です。

でも〜、

静かに聞いてらっしゃるようにみえるのですが
ジェスチャーがすごいんです。

盛り上がるところなど手を上にやるよなポーズとか
何か言いたそうなのに、声を殺すかのように
”ウっ”みたいな息づかいとか、
息をためてるようすとかが、伝わってくるのです。
”ここぞ”という場所では身をのりだしたり、、、

しかも、ぴったり横に座らてるので、圧迫感があるし、
気迫が ビシビシと伝わってくるのです。

手もじ〜っと観察されてます。

だからインベンションのような 非常に集中力を要する曲だと
先生の無言の指示の方に意識が行ってしまったら最後、
集中力がとぎれて、だだ〜っと崩れてしまいます。
楽譜を追うのが必死で練習不足というのもありますが・゚・(つД`)・゚・。

先週のレッスンでインベンション2番が大崩壊したのは
このせいもあるのかな〜なんて自分で分析していたところです。

きょうは一週間半ぶりのレッスンに行ってきました。


*******

まずはホ短調のスケールから。
先生のスケールのやり方はちょっと変わってるんです。
2オクターブ両手で(ユニゾン)上がったあと、
コントラリーモーション(日本語でなんといいますか?)で2オクターブ
このセットを2回。休み無く続けて弾くのです。
旋律性短調の場合、コントラリーモーションだと のぼりの時は
ど#れ#とシャープを弾いてるとき、下りを弾いてる手は
ナチュラル (ど、れ)になるので、
速く弾くと間違ってます。

先生は、”左と右の弾いてる音をよく聞くこと”

と ”弾かないで頭の中で弾いてる鍵盤をイメージして。
  ほかの人か弾いてるのをみているような感じ”

とアドバイスをくれました。

コードは ミソシ、ソシミ、シミソなので
3拍子のように3オクターブを弾いたのですが、
両手で4オクターブを4拍子で弾くようにとのこと。
あ、そうでしたね〜 アルペジオもそうでしたから。。。


ツエルニーは8番から9番になりました。

これも スケールですが、8番は主に右のスケールとアルペジオ。
9番は左のスケールも入ってきます。
苦手なアルペジオがないところはちょっと楽かな。

どれみふぁそふぁみれ 🎶どれみふぁそふぁみれ〜〜〜〜♫ と永遠に続く
ハ長調のスケールからはじまるのですが、
どれみふぁそふぁみれ〜♪を弾くのってなんでこんなに難しいの〜

私の場合、打鍵が均一でない。音抜けたり、どーんとぶつけたり、転んだり。

また4ページもある長〜い曲です。でも速く弾けたら
乗れて楽しめそうな曲。

先生からの指示は、

1)塊で弾いて (いつも言われます〜💦)
2)小指でアクセントをつけるときは、指だけでしようとすると
  固くなるので、手首の力を借りて、向こうにつくような感じ

インベンション2番

先週の教訓で、直前に練習しないで 脳を休めていきました。
そして、先生の無言の指示にも気をそらさないようにして弾きました。

大崩壊はしませんでしたが、もうミスタッチ多し〜
何で私こんなにちゃんと弾けないんだろう〜

先生 “曲想はこれでいいです。 でも何カ所かマシンみたいに弾いてるところがありますね”

バーでいうと、18小節、21小節など
盛り上げようと弾いてるところです。
フォルテで弾こうとして、力が入りすぎてたみたいです。

“フォルテでもちゃんと音をきいて、いつも音楽になってないといけません”

ちゃんと弾こうとすると弾いてる音に意識がまわらない。
まだまだ修行が足りません。

右、左と音を聞き分けて、別々に表現しないといけないインベンション。
やっぱり難しいですね。

先生のアドバイスを念頭に入れて、もう一回弾きました。
“マシンのようだ”と言われたところは特に注意して
音を聞くようにして。
おまけの合格です。
”次は何番でもいいですよ。”
何番にしようかな〜? 

ラフマニノフ 鐘


譜読みが終わった大爆発の手前 (45小節)までひととおり
弾きました。

まだペダルなしでたどたどしく弾いてる状態ですが、

”この曲はペダルがないと曲想がでないので ペダルを入れて弾きましょう”

ということでベダルを見てもらう事になりました。

最初の4小節を弾いたところで早くもストップがかかります。


”踏み替えがちゃんとなってないので音が濁ってる”

”踏み替えるときちゃんと離してからまた踏んで”

私ペダル苦手なんです。今までペダルの踏み方なんて
ちゃんと教わってないし、ペダルを踏むような曲もあんまりやってないし。

両手で弾くだけでも大変なのに、足にも神経をまわすなんて〜

とりあえずは左のバスのところだけ弾いて、ペダルを踏む練習。

冒頭の出だし

 ♫ ら (踏む) そ (踏む) ど~ (踏む)

私はせっかちに、打鍵して、0.2秒後ぐらいに
踏んでたのを、1秒ぐらい待って!
ちゃんと音がつながっているのを聞いてから、踏み替えてということです。

ペダルってだいたい、“打鍵のすぐあと”というのが頭にあって、
打鍵して直後に踏んでたのですが、
あせって、すぐ踏まなくていいんですね。
ようは、音がつながってるかどうか、濁ってないかどうか
よく聞く事ですね〜

また実りの多いレッスンでした〜





にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

関連記事

Posted on 2016/01/28 Thu. 17:30 [edit]

category: レッスン

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 4

コメント

レッスンお疲れ様です^^

先生のタイプね^^私の先生は大体1)かな~。でも、2)のこともありますよ。最初に、途中で止めますと言われるけど。
ここまふぃんさんの先生はジェスチャーがすごいのね。
記事を読んでるとよくわかるわ~(一一")
いつもながら充実したレッスンですね!参考になります。
ペダルは難しいですよね~~。何度も同じことを教えてもらっているのに身につかないわ・・( ;∀;)そういえば、長い音の時は少し遅く踏むって教えてもらいましたよ。音をよく聞いて響きが一番きれいな時に踏むとか?
ペダルは耳で踏むんですよね・・

URL | amy #-
2016/01/28 18:45 | edit

No title

レッスンおつかれー

私の先生は・・・


膝に座ってきます。


うそです。


私の先生はね、私の座っている長椅子を右へ移動させてまで、自分も鍵盤の前&私の真隣に座るので、低音をたくさん使う曲だと、超邪魔ですww (言うと少し離れてくれるけど)
基本的には、まだレッスン入ったばっかりの頃は1)、しばらくレッスンが進んで曲想&まとめ段階だと2)かな。

contrary motionはピアノ用語わかんないけど、鏡合わせ的に逆方向へ移動することだよね?

イン弁合格おめでと~ やばいなー ここまふぃんさんのレッスン記読むと、なにげに焦るw 私も真面目にやらなくちゃ!

URL | ゆにくあ #-
2016/01/29 09:51 | edit

amyさんへ

amyさんこんにち(^^)

amyさんの先生は静かなタイプなのですね。

私の先生はジェスチャーもすごくてのしかかってくる感じです。
よく見ていただけるのはありがたいことなんですけどね、それで演奏が崩れると
『アレ 〜うちで弾いた時はちゃんと弾けたのに~」
ってことも度々。でもどんな状況でも集中できる能力をつけないといけませんね(≧∇≦)




> ( ;∀;)そういえば、長い音の時は少し遅く踏むって教えてもらいましたよ。音をよく聞いて響きが一番きれいな時に踏むとか?
> ペダルは耳で踏むんですよね・・

長い音の時は遅く踏む ~ 今回のレッスンで知ったことです。
知るのがおそいですね〜

URL | ここまふぃん #-
2016/01/29 17:17 | edit

ゆにくあさんへ


ゆにくあさん、どうもです〜

ゆにくあさんの先生もそんな感じした。
膝に座ってくるような勢い、、、わかるよ。
私の先生は右側に座るので、チェルニーとかの 高音域弾く時じゃまっっx
私の腕の動きと平行に先生の体も横に倒すんだよね〜

イン弁は納得のいく出来ではないんだけど 、次に進みますよ〜〜
今は完璧さより多くの曲をこなしす方が優先かな~
>
> やばいなー ここまふぃんさんのレッスン記読むと、なにげに焦るw 私も真面目にやらなくちゃ!

え〜そうなの? 私はゆにくあさんの練習記読んで焦るよ〜 もっと考えて真剣にやらなきゃ~って。


URL | ここまふぃん #-
2016/01/29 17:30 | edit

コメントの投稿

Secret

Profile

Latest journals

Latest comments

ブログ村

カウンター

フリーエリア

リンク

カテゴリー

Monthly archive

全記事表示リンク

友達申請

Display RSS link.

Search form

メールフォーム


▲Page top