海の向こうで孤独にピアノに励む日常

ピアノ再開! ピアノが大好きな主婦のピアノ日記

レッスン記 ♪ アクセント= 強く弾くでは ないのでした&ペットのベートーベン  



あさってはレッスンなのに 前のレッスン記がまだでした。
かいつまんで アップしておきます。


ショパン ノクターン 1番

◉ アクセント > の弾き方

右がオクターブで始まる新しいテーマの所。 ppp のパッセージ
右のオクターブの アクセント記号の音、強調して
目立つように弾いてたら、

「ここのアクセントは音を大きくするのではなく、
バイオリンの弦が バイブレーションしてるような感じ

先生は、前にも よく弾き方をバイオリンにたとえて
(特に バッハのインベンション)
「弦をはじくように」とか 「震えるように」とかで
弾き方を指導してくれたのですが、ショパンでは
初めてでした。
アクセント = 強調と思ってたので また一つ勉強になりました。

◉ 右のオクターブ 「メロディが聞こえてませんよ~」
と、弾いている側で
先生に 私の小指を抑えられてしまいました。

◉ 左 アルペシオ ソロ 2小節続く箇所。

繰り返されるパッセージ をおんなじように弾かない。
クレッシェンド → デクレッシェンド 又は反対でもいいけど、
おんなじように弾いたら 聞いてる人はつまらないですと言われる。

◉ 最後の第一テーマに戻る所 → 「練習不足ですね。」ですって・・・

「片手練習やってきて。」 片手練習やったんだけどな〜


ショパンエチュード 25ー2

◉ 腕を使わないで もっと 指だけで弾く

◉ 打鍵する指の所に 手首を持っていく
↑ これ 大事ですよね。

◉ タッチ

この曲は 下まで打鍵しなくていい。でもかすらない。
よく聞きながら ゆっくり 練習して、
ちょうどよい打鍵のバランスを見つける。

シューマンはこの曲を初めて聴いた時、
「まるで夢の中にいるようだ」と言ったそう。
「カチッ」とはっきりした音ではなく、
ベールのかかったような 丸い音を目指します!


バッハ シンフォニア 4番

えっと・・・なんだったけ・・
そうそう 声部が聞こえてない所指摘される

◉ 3小節目 右手 → ソプラノとアルト おんなじ風にに弾いてて 2声部に聞こえない。

☆ 音量だけでなく、音色も変えて弾く!

スケールは B♭ メイジャーでした。
コードを目をつぶって弾けるようにする!


♪♪♪ ところで・・・最近 うちに家族が 増えました。

この子  名前は、ベートーベンです。(なんか雰囲気が似てないですか?笑)
201706210415550e6.jpg

去年の夏 ここに引っ越してきた時、ガレージに住んでいました。
夏中いて、いつのまにかいなくなった。
それで1ヶ月ぐらい前、また戻って来たのでした。
たぶん、どこかで 冬眠してて、戻ってきてくれたのかな?

2017062104155492f.jpg
見えますか? 玄関先の 鉢植えの花の はっぱの中が お気に入りの場所。
だいだいここにずっといるベートーベン君です。 
ここは 虫が多いので 食料には困らないのかな〜?


Posted on 2017/06/21 Wed. 04:33 [edit]

category: レッスン

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 8

レッスン記録 ~ ショパンエチュード25ー2  

レッスン記録の最後は ショパンエチュード25ー2。


前回 練習過程の 耳痛~な音源をさらしてから
今日で2週間ぐらい経ってますが
なんだかあまり上達してないような・・・

あの音源アップの前に一生懸命練習して
ちょっと燃え尽きたのかな~

録音してちょっと安心したからかな~
あまり練習してません。

レッスンでは 一番最後に弾いたので
時間切れみたいになって、
余り細かい注意を貰えなかったからかなとも
思えます。

注意された点は :

◯ 右の3 連符の1音1音を全部同じ強さで弾かない!
早くなると余計にうるさく聞こえる

♪ 早く弾く → 音外さないようにと気合が入る

→ それに比例して手首 腕にも力が入る

→ ハノンのように1音1音 全部同じ音

という図式になったようです(//∇//)

拍 表拍 裏拍を考えて 弾かないといけませんです。


◯ 指が回ってない所はリズム練習する

これは帰って来てからやってみました。
ちょっとやっただけで すごく効果ありと感じました。
こんなに効果あるなら、
なぜ 最初の方からこれやらなかったんだろう( ̄∀ ̄)

でも、これも たかが2~3回やったぐらいでは
次の日には また前の弾き方に戻ってたので
定着するまでは 何回もやらないとダメですね。


・・・・ということで 早く 第2弾の練習過程を
録音したいと思ってるのに 余り練習してなくて
上達がなく 音源アップは
まだしばらくかかるかなあ

最後のレッスンからほぼ2週間が経とうとしてるので
レッスンも予約しないといけないけど
E♭のスケール 一回も弾いてないしな~
ちょっと怠け気味です



Posted on 2017/05/19 Fri. 07:40 [edit]

category: レッスン

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 4

レッスン記録 ~ ショパンノクターン編  


前回の レッスン記録の続きです。

次に弾いたのが ショパンノクターン op9ー1。
♭ が 5つの B ♭マイナー。
とても甘美な右のメロディが左のアルペシオに
のって歌われてる。

今のところ、私にとって チャレンジングなところは :

◯ 各所に出てくる 右の装飾音符。

音符が 小さくて 見えないし、
どんどん増えて行く(≧∇≦)
左の伴奏とどう合わせる(~_~;)

最初に出てくる 11 小節目のところ。
気持ちが入るところよね〜と
音を強調目に 気持ちを込めたつもりで
弾いてたら、先生にからすぐストップかかる。

「ここは ショパンはなんと指示してますか?」

「 leggatishimo. 」 ~ もっともレガートにです。

「では バタバタ弾かないように」

先生がお手本を見せてくれたのですが 、指を上げないで
鍵盤の上を 「這うように」弾いてらした。


20170516064202763.jpg


◯ 中間の 右の オクターブと和音。

ここはもちろん ソプラノ音を浮き立たせて弾かないと
重い、ぼっ~っとした音になる。
だいたい4 指か5指 で弾くことになるので どうしても
太い親指に勝てない。
ここでバッハを頑張ってたら 綺麗に声部を弾き分けられるはず~
おまけに pppと来てるので おそるおそる弾くと 音がでないし。
オクターブ∥和音の ppp は嫌いです。


◯ 後半の 左の 伴奏のアルペシオ

急に音形が変化して 弾きにくいところです。
写真のところ、フレーズがアルペシオの最後の音の前で切れて、
最後の音から 新しいフレーズが始まる。
ここはフレーズの最初の音を響かせながら
でもアクセントは 拍上の音を出すようにとのことで
難しいなと思いました。


201705160642011a1.jpg


長くなったのでここまでにします。
次はショパンエチュード25ー2。
早く書かないと 次のレッスンが来てしまう(*゚∀゚*)

Posted on 2017/05/16 Tue. 07:05 [edit]

category: レッスン

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 0

Profile

Latest journals

Latest comments

ブログ村

カウンター

フリーエリア

リンク

カテゴリー

Monthly archive

全記事表示リンク

友達申請

Display RSS link.

Search form

メールフォーム


▲Page top