海の向こうで孤独にピアノに励む日常

ピアノ再開! ピアノが大好きな主婦のピアノ日記

この方法で毎日練習を続けたら、、、  


・・・・プロより上手いトリルが弾けるようになるよ!


な~んて嬉しい事を提唱している方がいます。

みなさん この方のことご存知でしょうか?

名前は Josh Wright. ジョッシュ ライト
アメリカに住むピアニスト・ピアノ教師。
YouTubeのチャンネルで ピアノ演奏の
チュートリアルをたくさん 出してらっしゃいます。
それもご自身の実演で。

彼自身も前回の ショパンコンクール で ワルシャワの舞台に
立った経験もある優秀なピアニストです。

自分で発見した練習法や 他の人から伝授してもらった 目からウロコの練習法などを
実演してくれてます。

そして いつも最後には
「質問あれば Eメール下さい 可能な限り返信します」って。なんて親切!

♡ ピアノが上手
♡ 親切
♡ 丁寧
♡ イケメン

世の中にはこんな方もいらっしゃるんですね。


それで、その中のひとつの動画がこちら




「トリルって苦手な人は多いと思うけど 練習法を紹介するよ〜」

っていう主旨の動画です。

かくいう私も トリル大の苦手です (;д;)
いま取り組んでいるイタリア協奏曲にも
長〜いトリルが続くところがあるんですが
いろんな方法で練習してますが、いつになっても
均等にリズミカルに弾けなくて 四苦八苦してる所で

「これは一体どんな練習法!?」

なんて 鼻息荒く 見入りました。

ジョッシュさん 最初の方は 一般的な事で始まって。

☆ 指 2−3で弾く人が多いけど1−3のほうが弾きやすいよ。

** * 私も イタリア協奏曲の長いトリルで2−3を使っていたら 先生から
「なんで1−3を使わないの?」と言われてるけど 23で練習したので
なかなか変えられない (´・_・`)

途中

「いろんな運指があるけど 僕はやっぱり1−3が一番弾きやすいと思うんよね」

といって モーツアルトの545を弾いたり。

そして、ちょっと本題からはずれて 途中でショパンのエチュード
10−4を弾いたり。

(一体 いつ 本題に、、、とだんだん不安になってくる私)

そして、やっと

「この練習法はね。 毎日すると効果があるんだ。
実は ある女の子から習った 方法なんだけど。

彼女は それまで 聴いたどのプロのピアニストより
トリルを上手に弾くんだよ」

私「、、、ふんふん」

「彼女とはあるコンクールで出会ったんだけどね。
若いのにすばらしいピアニストなんだ。
コンクール中はホストファミリーのところに 
ホームステイだったんだけど
彼女とは たまたま 同じ家に滞在したんだ、、、
なぜかって、
ホストファミリーが 足りなかったから、、、」

私 「へ〜〜〜」

「その時 僕は若かった 17歳だったかな。 
コンクールは28歳までだったんだけど
彼女はたぶん 20代中頃だったかな」

私 「あ、そうなんだ」

「彼女とは毎晩 いろんな事を話したんだ。
ぼくは 第一ラウンドで落ちたんだけど、
彼女は最後まで残って・・たぶん残ったと思う・・」

私 「ジョッシュさん 残念だったわね。」

「それで毎晩 彼女が練習するのをを聴くことができた。
彼女は 本当に素晴らしいピアニストで・・・
たくさん質問もしたよ。
ぼくは高校生だったけど 彼女は大学院生だったからね」

・・というような具合で まだ 核心に触れてくれない。

そして、やっと本題に近づいてきます。

「特に 彼女のトリルは ハミングバードのようで 
とっても自然にやってて、魔法のようだった。」

「それで どういう風に練習したら そんな素晴らしいトリルが
弾けるかどうか聞いたんだよ。」

私 「ハミングハード!? 魔法!? は、はやく教えて!」


「この練習法はすごくいいと確信してるんだ。
彼女も言ってたんだけどね。
 ” この練習法で 彼女の友達のアンドレが練習しだしたら、
いつのまにか 彼女のトリルより上手くなってたって。
そのころ彼女はあまり練習しなかったから、、、” 」

も〜 ジョッシュさん、
アンドレなんて どうでもいいのよ〜〜 ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3


ってことで やっと デモストレーションが始まるのが 
7:43ぐらいから。


やり方は 2音のトリルから始めて、弾けるようになったら、
一音ずつ増やしていく方法。

大事な事は :

☆ 最初から高速で弾く パーフェクトに弾けるで音を増やさない。

☆ 指を鍵盤から完全に上げない。

☆ 鍵盤も一番上まで上がりきらないうちに 次の音を弾く。

、、、って感じでしょうか。


ところで ハミングバードのようって、一体どういうの?
と思って、動画探してみました。





なるほど、、、、 羽を 小刻みに 目に見えないくらいに
高速でスムーズに動かすんですね。
確かに私の トリルはガタゴトしていて、
スムースではない!!


ジョッシュさん おしゃべりが好きで 話が長いですが、
とても性格もいい方だとおもうんですよね。
ほかにもいろんな練習法とか たくさん 紹介してらして、
無料でこんなに親切に 教えてくれてありがたいですよね。






Posted on 2018/01/20 Sat. 07:06 [edit]

category: 日常/練習

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 6

やっぱりやる事になった2楽章  

先週 今年一回目のレッスンに行ってきました。
今回は 前のレッスンから二週間ちょっとしか
経ってなくて まずまずのスタートです。
最高気温でもマイナス10度ぐらいだった寒い〜日が
続いていて、

「寒いですね〜」と言いながらレッスン室に入ると、
「ロシアでは これが普通です」とタフな先生です。

スケール/アルペシオ/コードはCマイナー。
旋律的短調音階が逆行の時またひっかかってまた次回に持ち越し。
レッスン 一日前にしか練習しないので しょうがないか。。。


イタリア協奏曲一楽章


しつこく ゆっくり練習したせいか
前より弾きにくいところが 少し弾きやすくなって
テンポも上がったのはいいのですが、、、
この曲って 一回弾きだすと ダ~って息つく暇もなく
最後まで弾き切る感じで弾いてしまう。
私にとってテクニック的に難しくて
まだまだ肩や腕や背中に力が入って頑張って弾いてます!
ってのが、自分でもわかる。
もっと余裕を持って弾きたいところです。

注意された点は :

☆ テンポが 一定してない、、、

(メトロで練習したものの、メトロがないとテンポが崩れる〜
どして〜〜〜??)

☆ 装飾音符の弾き方

私 いつまでたっても 装飾音符苦手です。:


あとは音楽理論的にみて どの音を強調するかとか

(インターバルが大きいところは 意識をして弾くと音に現れるなど)

2楽章もみてきましたか? と先生。

前回のレッスンで 「2楽章はやらずに、ほかの曲をやりたい」
とほのめかしておきました。 きれいな曲ですが、
長いし、 細かい音符がいっぱいならんでて
よく見えない〜
ってことで フランス組曲のアルマンド3番をこっそり
練習しようと思ってたのですが、全然譜読みする余裕もなく。

「私この2楽章 すごく好きです。息がとまるほど、
美しい曲だと思わない?」 と先生。

私 「。。。。。。。」

「2楽章やりましょうよ。 次回にみてきてね」

、、、、という事で 2楽章もやる事になりました。


チャイコフスキー 10月


「秋の歌」とも呼ばれてるこの曲は 本当に物悲しいです。
この曲を練習する時は、メロドラマのヒロインになりきって弾きます。

「なんで あなた私の事捨てたのよ。こんなにも愛してるのに、、
きみがすべてだって言ってくれたじゃない 涙、、、」

「こうなることは、はじめからわかっていただろう。きみだって。」


なんて会話が聞こえてきそうな。

ほんとうは落ち葉がまうシーンを イメージしてチャイコフスキーさんは
作曲したそうですけどね。

練習した自分の弾けるテンポで弾いたら、

「今のじゃ grave みたいでした。
andante ぐらいのテンポがいいと思いますよ。」

と先生。

いつも レッスンで ちゃんと 弾けないのに速いテンポで弾くと


「どういう風に練習しましたか?」
 「 ゆっくり 片手ずつしましたか?」

という先生の攻撃にあうので あえて、ゆっくり弾いたのですが、

それじゃ遅すぎるという事でした。


注意点としては、

☆ ダイナミクスでクレッシェンド デクレッシェンドは 徐々に行う事

    私のは急激過ぎるとのこと。

p のフレーズの所も 最初は ある程度音を出しておかないと
フレーズの最後のところで p にならない
または ずっと 同じ p でつまらない、、、という事です。

テクニック的に難しいところは、ここ

20180116070936014.jpeg


23−24節の左で 和音を弾いたあと、10度はなれたバスの装飾音符を
5でひいて (素早い手の移動)そしてまた 和音。
この素早い移動でもたついて、ちゃんと和音に着地できなかったり、
5のバス音を 外したり、、、、

手の動きを観察しながら、どうやったら、素早く正確に移動できるか
が私の練習課題です!


また次のレッスンが開きすぎないように 頑張ります。




Posted on 2018/01/16 Tue. 07:18 [edit]

category: レッスン

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 4

Profile

Latest journals

Latest comments

ブログ村

カウンター

フリーエリア

リンク

カテゴリー

Monthly archive

全記事表示リンク

友達申請

Display RSS link.

Search form

メールフォーム


▲Page top