海の向こうで孤独にピアノに励む日常

ピアノ再開! ピアノが大好きな主婦のピアノ日記

レッスン記 ♪ アクセント= 強く弾くでは ないのでした&ペットのベートーベン  



あさってはレッスンなのに 前のレッスン記がまだでした。
かいつまんで アップしておきます。


ショパン ノクターン 1番

◉ アクセント > の弾き方

右がオクターブで始まる新しいテーマの所。 ppp のパッセージ
右のオクターブの アクセント記号の音、強調して
目立つように弾いてたら、

「ここのアクセントは音を大きくするのではなく、
バイオリンの弦が バイブレーションしてるような感じ

先生は、前にも よく弾き方をバイオリンにたとえて
(特に バッハのインベンション)
「弦をはじくように」とか 「震えるように」とかで
弾き方を指導してくれたのですが、ショパンでは
初めてでした。
アクセント = 強調と思ってたので また一つ勉強になりました。

◉ 右のオクターブ 「メロディが聞こえてませんよ~」
と、弾いている側で
先生に 私の小指を抑えられてしまいました。

◉ 左 アルペシオ ソロ 2小節続く箇所。

繰り返されるパッセージ をおんなじように弾かない。
クレッシェンド → デクレッシェンド 又は反対でもいいけど、
おんなじように弾いたら 聞いてる人はつまらないですと言われる。

◉ 最後の第一テーマに戻る所 → 「練習不足ですね。」ですって・・・

「片手練習やってきて。」 片手練習やったんだけどな〜


ショパンエチュード 25ー2

◉ 腕を使わないで もっと 指だけで弾く

◉ 打鍵する指の所に 手首を持っていく
↑ これ 大事ですよね。

◉ タッチ

この曲は 下まで打鍵しなくていい。でもかすらない。
よく聞きながら ゆっくり 練習して、
ちょうどよい打鍵のバランスを見つける。

シューマンはこの曲を初めて聴いた時、
「まるで夢の中にいるようだ」と言ったそう。
「カチッ」とはっきりした音ではなく、
ベールのかかったような 丸い音を目指します!


バッハ シンフォニア 4番

えっと・・・なんだったけ・・
そうそう 声部が聞こえてない所指摘される

◉ 3小節目 右手 → ソプラノとアルト おんなじ風にに弾いてて 2声部に聞こえない。

☆ 音量だけでなく、音色も変えて弾く!

スケールは B♭ メイジャーでした。
コードを目をつぶって弾けるようにする!


♪♪♪ ところで・・・最近 うちに家族が 増えました。

この子  名前は、ベートーベンです。(なんか雰囲気が似てないですか?笑)
201706210415550e6.jpg

去年の夏 ここに引っ越してきた時、ガレージに住んでいました。
夏中いて、いつのまにかいなくなった。
それで1ヶ月ぐらい前、また戻って来たのでした。
たぶん、どこかで 冬眠してて、戻ってきてくれたのかな?

2017062104155492f.jpg
見えますか? 玄関先の 鉢植えの花の はっぱの中が お気に入りの場所。
だいだいここにずっといるベートーベン君です。 
ここは 虫が多いので 食料には困らないのかな〜?


Posted on 2017/06/21 Wed. 04:33 [edit]

category: レッスン

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 8

緊急! ヴァンクライバーンのメダリスト3人が生出演  


ヴァンクライバーンコンクールの 結果が発表されてから まだ1週間も経ってないですが、
ニューヨークにあるクラッシック専門のラジオ局のスタジオで 3人のメダリストたちが
生出演して ライブストリームされるそうです。

時間は 今日 日本時間の 朝8時から。 インタビューを交えて3人が生演奏するそうです。

このコンクール 今回は 全然フォローしてなかったので 受賞者の名前を見てもわかりませんが、
早くわかってたら 見に行きたかった!
でも 気付いた時には チケットはソールドアウト でした。

このスタジオ 以前には ダニールトリフォノフ君、
(その時の記事はココ → ダニール )

そしてランランも 来局して、ライブ演奏を聴きに行きました。
小さいスタジオなので、手が届きそうな距離で 演奏が聴けて 嬉しかったのを覚えています。

この ライブストリームが日本で観れるかは 確認してないのですが、見れたらいいですね。
見れたら ライブではなくても リプレイを後から観れると思いますが・・・

Posted on 2017/06/17 Sat. 06:25 [edit]

category: コンサート

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 2

打鍵後の雑音って・・・・!?  


ずっとやらなきゃいけないと思っていた ピアノの調律、
先週 やっと 調律師さんに来てもらいました。

グランドピアノだと6ヶ月おきの調律が理想という事ですが、
多分 9ヶ月ぐらいは経ってる。
今まで、なかなか気に入った調律師に出会う事がなく、
いつも探して新しい人を頼むので どうしても間が空いてしまうのです。

今回は 友人に紹介してもらった 日本人の調律師。
当日 約束の時間きっかりにご登場。さすが日本人 ♡ ありがたいことです。

調律してもらうのってなんかウキウキ~。
調律し終わった時のあのクリアな音で弾くのが
気持ちいい! まるで 新しい洋服でも買ったような気分♪

2時間弱で調律は終わり、料金を払って、調律師さんが帰ったら
私のピアノタイム〜♪
蓋を開けて、練習中のシンフォニア4番を弾き始める。

すると何か違和感が・・・・
ちょうど 左手の 「ど」を弾いた後に 「カシャン」
という音が。 よく聞いてみると他のいくつかの鍵盤も
打鍵後に 「カシャン」という音が・・・・
耳を澄まして 音の方に耳を近ずけると、どうも内部の奥の方から聞こえてくる。

次の朝 その旨を電話で調律師に告げると すぐ来てくれました。

調律師さんがピアノを解剖! 鍵盤をピアノから出したところ。

20170614073722660.jpg

201706140737218dd.jpg


ホホ~ こんなになってるんだ。美しい~。なんか芸術だわ~
思わずまじまじとみて 今の内にと いつもは 手の届かない
鍵盤の奥に溜まってる誇りとか掃除したりして。
調律師さんは迷惑そうでしたが (笑


調べてもらった結果 その音の原因は アクションについてる 重りの鉛がついてる
ネジが緩くなっているのが原因。
それを一つづつ 締めないといけないそう。

ちょっとグーグルで調べてみると、アクションも木で出来てるので
湿度や気温の変化によって、膨張したり、収縮したりして その際に
鉛のついてるネジも緩くなったりするそう。
それでハンマーがすぐ降りて来て跳ね返ったり、降りるのが遅くなったりして 雑音が出る
・・・というような事が書いてありました。
雑音だけでなく これを放っておくと ハンマーのフェルトの部分が変形したりするそう。

「ど」だけでなく 他の低音の方の何音かも同じような状態。
なぜ今まで気遣ったのだろう?
調律の前は 音が響きすぎるので 蓋を閉めて、その上にん譜面台を置いて弾いていたので
気付かなかったのか・・・・
とにかく気付いてよかったです。

アクションの調整は どっちかというと メカニックの作業なので
知り合いの 専門家を紹介してくれるとのこと・・・・



ところで ベッドの足のアップデート。
注文 されたとか 発送されたとか 連絡も何もないので 電話してみると、
「工場に注文は入ってます。だから 4週間以内には 着くでしょう」
という返事。
注文したのは1週間半も前。
「それで もう発送はされてますか」
「ちょっとお待ちを・・・」
で 電話で待たされる事 5分。
「まだ発送されてないようですね」
・・・・ やっぱりね。
「また1週間後に電話してみてください」
だって。は~。日本だったら こんな待たされることも無いし
電話も向こうからするよね」
と思いながらも 怒ってもしょうがないので 「OK」
と言って電話切りました。
ベッドの上に寝れるのは一体いつになるのでしょう〜

Posted on 2017/06/14 Wed. 09:28 [edit]

category: ピアノ全般

thread: ピアノ - janre: 音楽

tb: --   cm: 2

Profile

Latest journals

Latest comments

ブログ村

カウンター

フリーエリア

リンク

カテゴリー

Monthly archive

全記事表示リンク

友達申請

Display RSS link.

Search form

メールフォーム


▲Page top